お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

瀬田さくら



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

瀬田 さくら(せた さくら、2002年2月2日 - )は、日本のアイドル、歌手、女優であり、女性アイドルグループばってん少女隊のメンバー。福岡県出身。スターダストプロモーション福岡営業所に所属。

略歴

  • 中学1年生の時に行ったイオンモールでイベントをやっていて、チラシをもらいに行ったらスカウトされたという。
  • 2015年6月、ばってん少女隊の結成メンバーとなる。
  • 2021年1月、舞台 劇団ズッキュン娘第15回公演「ハリケーン・マリア」に出演。
  • 人物

    愛称は「ちゃん瀬田」(ちゃんせた)。趣味は食べること、アニメ鑑賞、メイクを研究すること。特技はたくさん食べること、イラストを描くこと。チャームポイントは大きな耳。

    事務所に入った当初はアイドルに興味はなくアナウンサー志望であったが、F-girlsのメンバーとももいろクローバーZの「桃神祭」を見学したりするうちにアイドルのことが好きになっていった。ももクロのライブを見学した時のことを「まず人の多さも凄かったし、熱量も凄かったし、ステージに立っているももクロちゃんは遠くから見ても輝きが全然違っていて、『5人だけでこんなにたくさんの人を笑顔に出来るって凄いな』と思ったんです。だって、その5人のおかげで皆さんは『頑張ろう』と思えたりする訳じゃないですか。そのエネルギーは凄い。それからももクロちゃんが好きになったんです。」と振り返った。

    2018年7月16日のライブでソロ楽曲「さくら色ロマンス」を披露した。

    2018年7月28日のライブイベント「夏S 2018 ももクロトリビュート〜みんなで10周年をお祝いしちゃうぞ!〜」に、グループとしての出演のほか、耳に特徴があるメンバーからなるユニット「耳ーズ」の一員としても出演した。

    夏のエピソードとして、小学生の頃に仲のいい友達と夏休みに毎日のように近所のプールに通ったことを挙げた。プールまで自転車を漕いで、着いたらひたすら2時間泳ぎまくったという。

    2017年は「ダンスを大きく丁寧に、楽しく」という目標を立て、それからファンに「楽しかったよ」ってよく言われるようになった。私自身が楽しんでやっていると、お客さんも今まで以上に楽しんでくれることに気付いたと成長を振り返った。

    共演したDJやついいちろうは、「目力があって『待つ力』がある」「取材の場でじっと座っていても必ず自分のところに話が来るって、自信がある感じがする。」「あんまりしゃべらないけど、周りがだんだん気になってしまうタイプ」と評した。

    ばってん少女隊として

    キャッチフレーズは「九州食文化愛好会 会長」、九州の食べものがすごく大好き、かつ自分も食べるのが大好きという。2020年5月までは「ミラクルさくらんぼ」というキャッチフレーズであった。

    アルバム「ますとばい」の推し曲に「ますとばい!」を挙げ、「サビの歌詞で『僕らは挑む 何度でも挑む』など、この6人で前に進んでいこうという強い意志を感じる」とコメントした。

    シングル「MEGRRY GO ROUND」から、春乃きいなと「春のセーター」コンビを組んだ。

    シングル「BDM」の表題曲について「この曲は“歌う”というよりも魂をぶつけている感じに近いんです。」「特に台詞の箇所からは、私たちの決意を感じてもらえると思います!」とコメントした。


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。