お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

柿喰う客



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

柿喰う客(かきくうきゃく)は日本の劇団。2004年活動開始。2006年正式に劇団となる。

劇団

  • 中屋敷法仁の脚本・構成・演出の舞台を上演する演劇集団。
  • 「圧倒的なフィクション」を標榜する劇団。演劇の虚構性(現実の生活とは掛け離れた作りものとしての演劇性)を重視し、虚構性の高い発話法や演技法によって人間の存在や社会の荒廃を皮肉たっぷりに描き、観客から冷笑を誘うような舞台を生み出すことを特徴としている。虚構性の高い独特の演出法は、「反・現代口語演劇」の旗手として注目され、作風は"妄想エンターテイメント"とも呼ばれる。
  • 柿喰う客という劇団名は「100年続くように」と、ポリシーや思いを託さず響きや字面で決められた。
  • オリジナル作品に加え、シェイクスピアの改作や演劇集団キャラメルボックスとのコラボレーション、日韓国際共同制作、児童演劇、ミュージカルの創作などを上演する。
  • 劇団を商業的に売り出すというコンセプトで、「柿生(かきお)めこ」というマスコットキャラクターがいる。デザインは山下浩介。通称、「めこちゃん」。2007年「女体カーニバル」のフライヤー(宣伝用のチラシ)で初登場、観客アンケートで名前が決まった。シーズンや公演ごとに衣装をチェンジし、公式サイトやフライヤーに登場する。
  • 各公演の終了後は、5分間の休憩を経て約20分間の中屋敷法仁主催のアフタートークが催され、話の相手として出演者代表1名が日替わりで参加する。アフタートークの後半は、観客の質問に答える時間にあてられる。なお、アフタートーク中、中屋敷法仁はピンクパンサーのぬいぐるみ(18歳のころからの相棒)を抱えているのがポイント。
  • 通常、各公演作品ごとに「乱痴気公演」と呼ばれる、男女ならびに主役脇役の別なく配役をシャッフルして上演するスペシャルステージが1ステージある。シャッフルの方法は、くじで決めたり、役者の希望を聞いたり、代表の中屋敷法仁が勝手に決めたりといろいろである。十分な稽古時間がないまま強行されることが多く、不足部分は役者同志で考え、やりたいようにやる、緊張感の漂うハメを外したステージとなる。なお、乱痴気公演の配役は前もって観客に開示されない。
  • 公演作品

    舞台

    • 2004年6月 - 第1回公演「サバンナの掟」
    • 2005年2月 - 第2回公演「挿入ジェノサイド」
    • 2005年3月 - 第3回公演「口だけの女」
    • 2005年6月 - 第4回公演「多い日も安心」
    • 2005年7月 - 第5回公演「骨はダラスに埋めてくれ」
    • 2005年12月 - 企画公演「とりあえず、ナマで!」
    • 2006年2月 - 第6回公演「親兄弟にバレる」
    • 2006年5月 - 第7回公演「他人の不幸」

     

    取扱中の公演・チケット情報

    公演名
    公演期間
    会場
    チケット購入

    取扱中の公演
    一般販売

    <カンフェティ取扱チケット>
    全席指定(前売):4,800円
    ※初日割 6月20日(木)のみ:4,000円
    (税込)
    2019年6月20日 (木) 〜
    2019年6月30日 (日)
    赤坂レッドシアター

    取扱中の公演
    割引販売
    な!

    <理由あってなっトク価格!チケット>
    10名限定!4,800円(全席指定・税込)→ 【指定席引換券】4,100円さらに200Pゲット!
    2019年6月20日 (木) 〜
    2019年6月30日 (日)
    赤坂レッドシアター

    取扱中の公演
    直前割引
    な!

    <理由あってなっトク価格!チケット>
    好評に付き追加!前売:4,800円(全席指定・税込)→ 【指定席引換券】4,100円

    【指定席引換券】
    当日、開演の60分前より受付にて座席券とお引換えください。
    連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。
    2019年6月20日 (木) 〜
    2019年6月30日 (日)
    赤坂RED/THEATER