お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

エイベックスピクチャーズ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

エイベックス・ピクチャーズ株式会社(英: avex pictures inc.) は、日本の映像製作・販売、映画配給会社。エイベックスの連結子会社。

概要

2014年4月1日にエイベックス・エンタテインメントとエイベックス・マーケティングの映像パッケージ事業を会社分割・統合する形で設立した。

これにより、従来のavex mode、avex pictures、DIVE II entertainmentの各レーベルはエイベックス・エンタテインメントから当社に移管。発売元・販売元がエイベックス・マーケティングから当社に変更された。また、avex entertainmentレーベルはアイドル・特撮音楽を除きavex picturesレーベルに移管した。

初代社長に就任した竹内成和および取締役の勝股英夫は元アニプレックス代表取締役である。

2014年12月14日、『アニメJAM2014』と題して幕張メッセにて同社が製作に関与するテレビ東京系アニメのイベントが開催された。2015年以降も同様のイベントが開催されるが、同社以外の作品もラインナップされている。

2017年7月、コンピュータゲーム『マブラヴ』シリーズの知的所有権を保有する株式会社イクストルを子会社化した(2018年6月に株式会社anchorに商号変更)。同社との協業でソーシャルゲームを含む多角的なゲーム事業への進出を図るという。

2018年7月、グラフィニカとの合弁で、連結子会社となる制作会社FLAGSHIP LINEを設立。アニメだけでなく、ゲームやVRでの作品の企画開発や制作を通じてコンテンツを創出するという。

設立当初から作品の主題歌に他レーベルに所属するアーティストを起用する場合が多く、『トリニティセブン』ではランティス(バンダイナムコアーツ)所属のZAQ、『シュヴァルツェスマーケン』ではNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン所属のfripSide、『タブー・タトゥー』ではフライングドッグ所属のMay'nなどが主題歌を担当している。

レーベル

avex pictures
2004年10月に洋画を中心とした映像レーベルとして発足。2014年4月1日のエイベックス・ピクチャーズ株式会社設立後はアニメ・実写作品全般の映像レーベルおよびアニメ音楽レーベルとして使用されている。
DIVE II entertainment(ダイブトゥーエンタテインメント)
アニメ・声優系音楽レーベル。ロゴ表記は「DIVE II」。
2010年に、傘下企業(当時)のコンテンツ配信サービス企業・ドワンゴと提携して発足した。このため、一部アニメ作品(主題歌やキャスティングで関与していた『這いよれ! ニャル子さん』アニメシリーズなど)の音楽制作には本来の発売元ではなく、レーベル名のDIVE II entertainmentとしてクレジット表記することとなっている。

過去・臨時のレーベル

avex mode(エイベックス・モード)
2011年以降は『頭文字D』(Final Stageまで)と『ONE PIECE』(パンクハザード編まで)のみで使用。2014年夏ごろに消滅。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。