お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

Kuro



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

TAMTAM(タムタム)は日本の東京を拠点に活動するバンド。

メンバー

  • Kuro(ボーカル、トランペット、シンセサイザー、作詞作曲担当
  • 高橋アフィ(ドラム、ビートプログラミング担当)
  • ユースケ(ギター担当)
  • 石垣陽菜(ベース担当)
  • 概要

    • 2008年12月、早稲田大学の音楽サークル・中南米研究会(レゲエ・スカ・カリプソ等ジャマイカやカリブの音楽を演奏)の先輩後輩で結成。当初のバンド名表記は"Tam Tam"(後に"TAMTAM"に変更)。
    • 2011年4月に配信されたototoyのコンピレーション「Play For Japan」に楽曲「Dry Ride」を提供。11月、自主制作盤"Come Dung Basie"をリリース。
    • 2012年5月、maoよりHAKASE-SUN(LITTLE TEMPO)をプロデューサーに迎えた初の全国流通作品"meteorite"をリリース。同年7月にフジロックフェスティバルの「ROOKIE A GO-GO」ステージに出演、観客投票で1位を獲得。
    • 2013年3月、maoよりミニアルバム"Polarize"をリリース。同年12月、音楽雑誌「ミュージック・マガジン」の特集「ベストアルバム2013」国内レゲエ部門で1位を獲得。
    • 2014年4月、スピードスターレコーズよりミニアルバム"For Bored Dancers"をリリースしメジャーデビュー。
    • 2014年9月、スピードスターレコーズよりフルアルバム"Strange Tomorrow"リリース。ベース小林が脱退。
    • 2016年9月、Pヴァインよりフルアルバム"NEWPOESY"をリリース、同年11月に渋谷TSUTAYA O-nestにてリリースライブを開催しソールドアウト。
    • 2017年6月、自主制作にて"EASYTRAVELERS mixtape"をカセットテープ+Bandcamp等の配信限定でリリース。発売前週に横浜赤レンガ倉庫内MotionBlueYokohamaにてワンマンライブを開催、同作を先行発売。同年10月のBandcamp weeklyに同作内の楽曲が選出される。
    • 2018年6月、Pヴァインよりフルアルバム"Modernluv"をリリース、同年7月に渋谷WWWにてリリースライブを開催。GOODMOODGOKU、入江陽ら録音参加メンバーらを迎え共演した。
    • 2019年5月、バンド初の海外公演となるカナダツアー3都市4公演を行う。同年7月にバンド2度目となるフジロックフェスティバル'19に出演を果たす。
    • 2019年9月、ヴォーカルKuroのソロデビュー作品"Just Saying Hi"をPヴァインよりリリース。
    • 2020年5月、Pヴァインよりフルアルバム"We Are the Sun"をリリース。リードトラック"Worksong! Feat.鎮座DOPENESS"ではラッパーの鎮座DOPENESSをフィーチャリング。同年7月にアナログ7インチ(A面Worksong Feat. 鎮座DOPENESS / Summer Ghosts)リリース。

    ディスコグラフィー


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。