お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

山下透



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

山下 透(やました とおる、Tohru Yamashita、1959年3月6日 - )は、日本の作曲家、編曲家、ミュージカル演出家、歌手。ハードコアロックバンド爆弾ヤマシタのキーボード奏者。東京都世田谷区出身。

概要

『七人の刑事』、『大岡越前』、『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』、『パネルクイズ アタック25』等の昭和の人気テレビ番組のテーマ曲も数多く手がけた、モダン・ジャズの作曲家山下毅雄(愛称ヤマタケ)の次男。

子供の頃から父の作品作りに関わり、『冒険ガボテン島』、『悪魔くん』オープニング、『丸出だめ夫』、『名犬ラッシー』(フジテレビ版)等のテレビアニメ、ドラマの主題歌を父に成り代わって作曲。その後も『ルパン三世』(Blues Of The Third)などを手がけ、父のリスペクト・アルバムやリスペクト本の制作に係わっている。また、歌謡曲の作曲家としては松尾和美(恋人たちの島)、松山みのり(さすらいの唇(ロックサンバ))、平野レミ(セーラーカラーのとかげくん)、白龍光洋(現嘉島典俊。もう故郷は冬なりき)らにも作品を提供している。

「ロマンティックテクノロジーアート」をコンセプトに、瞬間芸術としての作曲活動、音楽制作を本職としているが、歌手、音楽演奏でも活動をしており、1981年のメジャーデビューアルバム『FAD!』ではハイトーンヴォーカルを遺憾なく披露。また、ハードコアロックバンド「爆弾ヤマシタ」を主体とした音楽演奏活動も続けている。

近年は、代表作Motion Rock Opera『Life pathfinder』、『チンチン電車と女学生』、『パーフェクトファミリー!?』などのミュージカル作品の創作や演出を主に手がけており、一方でダンスについても、北海道札幌市で毎年6月に開催されているYOSAKOIソーラン祭りの参加ダンスチーム「Gush」のために、1998年から2017年まで毎年オリジナルの自然賛歌をテーマとした楽曲を創作、歌唱し、演出も行った。

自ら主催するCD製作会社PaKaLoLo Records(パカロロレコーズ)では音楽プロデューサーとしてミュージシャンの発掘や作品の制作も行っている。このほかにも、ナレーター、文筆業などマルチな活動を続けている。

来歴

  • 1959年 - 作曲家山下毅雄の次男として生まれた。
    • 幼少期より父親の作曲に関わり、テレビアニメの主題歌を作曲していた。
  • 1981年 - ビクターインビテイションより『FAD!/FAD』でアルバムデビュー。複雑なコードを駆使した曲作りは「和製スティーリー・ダン」(Steely Dan)との評価を受ける。
  • 1985年 - 音楽制作集団「Romantic Techno Music」を主宰。
  • 1998年 - YOSAKOIソーラン祭りダンスチーム「Gush」を結成、2017年まで20年間連続参加した。
  • 1999年 - 音楽制作集団「Romantic Techno Music」のメンバーの才能の発表を兼ねてインディーズレーベルのPaKaLoLo Records(パカロロレコーズ)を設立。
  • 2001年 - 2005年まで、市民ミュージカル『パーフェクトファミリー!?』を日本各地21ヵ所で上演。
  • 2005年 - 2017年まで、劇団往来音楽劇『チンチン電車と女学生』(脚本:高橋知伽江、演出:鈴木健之亮)の音楽を担当。
  • 2008年 - 2016年まで、松高タケシとともにモーションロックオペラ『Life pathfinder』を定期的に上演。

爆弾ヤマシタ


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。