お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカード新規入会で一生分のチケットが当たる!

鍵田真由美



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

鍵田 真由美(かぎた まゆみ、1965年8月25日 - )は日本のフラメンコ舞踊家、振付家。東京都生まれ。2004年、文化庁芸術祭大賞を受賞。

人物

6歳よりモダンダンスをはじめ、クラシックバレエ、ジャズダンスなど舞踊全般の研鑽を重ねる。日本女子体育短期大学・舞踊科在学中にフラメンコと出会い、佐藤桂子、山崎泰に師事。佐藤・山崎スペイン舞踊団員として、数多くの舞台を踏む。

1990年河上鈴子スペイン舞踊新人賞受賞。1991年、同舞踊団を退団しスペインに渡る。1992年、東京・方南町にスタジオARTE Y SOLERAを開設。

1993年アントニオ・エル・トレオを迎え、初の創作作品『AY, LEJANO...』を発表し、舞台デビュー。1998年には、能とコラボレートした『レモン哀歌〜智恵子の生涯〜』で文化庁芸術祭新人賞受賞。以降『マゼンタの森』『ブルーに染まる夢 〜邯鄲より想を得て』等、創作フラメンコ作品を次々に発表。2001年には、阿木燿子プロデュース・作詞、宇崎竜童音楽監修・作曲『FLAMENCO曽根崎心中』に主演して、芸術祭優秀賞を受賞。

2006年、Newsweek日本版の「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれている。

公私にわたるパートナー、佐藤浩希とともに「鍵田真由美・佐藤浩希フラメンコ舞踊団」、ARTE Y SOELRA(アルテ イ ソレラ)を主宰。

受賞歴

  • 1990年河上鈴子スペイン舞踊新人賞
  • 1996年ヨコハマ・コンペティション優秀賞
  • 1997年ヨコハマ・コンペティション最優秀賞・神奈川県知事賞
  • 1998年文化庁芸術祭新人賞(『レモン哀歌〜智恵子の生涯〜』に対して)
  • 1999年音楽舞踊新聞「ベストダンサー」
  • 2001年音楽舞踊新聞「ベストダンサー」
  • 2002年文化庁芸術祭優秀賞(『FLAMENCO曽根崎心中』に対して)
  • 2004年文化庁芸術祭大賞(『ARTE Y SOLERA 歓喜』に対して)
  • 2007年平成18年度財団法人松山バレエ団第17回顕彰「芸術奨励賞」

近年の海外公演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。