お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

古舘寛治



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

古舘 寛治(ふるたち かんじ、1968年〈昭和43年〉3月23日 - )は、日本の俳優。主な出演作に、テレビドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』『コウノドリ』や映画『淵に立つ』『宮本から君へ』 『罪の声』などがある。空(くう)所属。

略歴

大阪府堺市出身。大阪府立泉北高等学校在学時、クラブ活動で拳法部に所属。3年生の夏に交通事故に遭い、2か月以上の入院となり大学予備校に通う浪人となったため、“大学卒業まで5年かかると考えると、このモラトリアムな時間は無駄だ”と思い劇団オーディションを受け上京する。この時期にバックダンサーとして日本放送協会(NHK)テレビの歌番組『紅白歌合戦』、TBS系『ザ・ベストテン』に一度ずつ出演するも、思い描いたものとの違いを感じ約2年半で退所。

米国に渡り、6年半ニューヨークで演技を学び、日本に帰国後に青年団に入団。他の劇団も受けたものの演劇論で演出家と対立した結果とのちに当時のことを語っている。

沖田修一、山内ケンジ監督作品の常連俳優で、個性的な役柄を演じている。

2012年(平成24年)より山内の演出のパチンコ・コンコルドのCM(静岡県ローカル)にコンコルゲン(コンコルド人間の略)として出演(2016年は歌唱のみ)しており、静岡県内では一定の知名度を持っている。

2020年(令和2年)1月には滝藤賢一と企画した『コタキ兄弟と四苦八苦』がテレビ東京で自身主演でドラマ化し、ギャラクシー賞奨励賞を受賞。

人物

アルバイト労働せず芸能活動の収入のみ生活できるようになったのは40歳くらいから、という苦労人であり「食えるようになったら、いつ食えなくなるかという不安もある」と語る一方、Twitter上で政治的発言を続けることについては「仕事がなくなって、干されてもそれは仕方がないという気持ちでやっている」とも発言している。

米国で演技論を学んだこともあり、感情ではなく、プロセスから理屈をつけて芝居の動きを考えている。

主な出演作品

映画

2003年

  • サル(12月6日公開、葉山陽一郎監督) - 横尾高志 役

2004年


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。