お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

アナログスイッチ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

アナログスイッチは、入力された信号の状態に応じて回路のオン/オフの切り換えを行う電子部品の一つである。

応用としては、計数(カウンタ)回路、マルチプレクサ、デジタル-アナログ変換回路、CCDイメージセンサ、加算器のキャリー伝搬、等に用いられる。

一般的な構成としては、VDDに近い電圧での導通のためのPMOSと、VSSに近い電圧での導通のためのNMOSの、両方の極性のMOSFETを使う一種のCMOSによるもの(CMOSアナログスイッチ)がある。これは単独のパッケージに組み込んだ汎用ロジックICのシリーズ中の製品もある。これを特に指してトランスミッションゲート(en:Transmission gate)と呼ぶこともある。名前の通り任意の電圧・電流を通すアナログ素子と言えるが、ディジタル論理回路としては、制御入力に従って「ハイインピーダンスになるか、あるいは、双方向的に素通しする」という、トライステートゲートの特殊なものとも言え、これを利用する論理方式としてはpass transistor logic(en:Pass transistor logic)という語もある。

CMOSによる構成以外のものとしては、バイポーラトランジスタ、フォトカプラ、サイリスタ、ソリッドステートリレーなどによるものがある。