CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 桃月庵白酒

桃月庵白酒

桃月庵白酒



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

桃月庵 白酒(とうげつあん はくしゅ)は落語の名跡。当代は三代目を称する。当代以前に名乗った人物は2人ないし3人確認されている。

  • 初代桃月庵白酒 - 初代三遊亭圓生の兄
  • 二代目桃月庵白酒 - 後?五代目朝寝坊むらく

三代目 桃月庵 白酒(1968年12月26日 - )は落語協会に所属する落語家、同協会理事。本名?愛甲 尚人。鹿児島県鹿児島市出身。出囃子は「江戸」、紋は『裏梅』、『葉付き三ツ桃』。

経歴

1968年 肝属郡南大隅町(旧根占町)で生まれる。1987年3月に鹿児島県立鶴丸高等学校卒業。早稲田大学落語研究会に勧誘され入部した際、落語に興味を持つ。1992年4月に早稲田大学社会科学部中退、五街道雲助に弟子入り。前座名は「五街道はたご」。1992年6月に上野鈴本演芸場で初高座。

1995年6月に二ツ目に昇進して「喜助」に改名。

2005年9月に、三遊亭丈二、三遊亭金也、橘家圓十郎、林家すい平(後廃業)と共に真打に昇進、三代目桃月庵白酒を襲名する。

2021年1月、鈴本演芸場・新宿末広亭の二之席出演中の1月16日に発熱。新型コロナウイルスのPCR検査を受け、19日夜に陽性を確認、自宅療養の後回復。2月7日のソニーミュージックダイレクトによる生配信ライブ「白酒のキモチ〜コロナからの帰還編(仮)〜」で復帰した。

2022年7月、鈴本演芸場・浅草演芸ホール下席出演中に新型コロナウイルス濃厚接触者となったため26日以降出演を自粛、28日に陽性確認。自宅療養の後回復、8月10日のソニーミュージックダイレクトによる生配信ライブ「桃月庵白酒WEBラジオ第146回『白酒のキモチ〜裏を返すは男の矜持SP(仮)〜』」で復帰した。

芸歴

  • 1992年4月 - 五街道雲助に入門、前座名「はたご」。
  • 1995年6月 - 二ツ目昇進、「喜助」と改名。
  • 2005年9月 - 真打昇進、「三代目桃月庵白酒」を襲名。

役職

  • 2020年?落語協会理事に就任

得意ネタ

  • 「つる」
  • 「だくだく」
  • 「木乃伊取り」など

受賞歴

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。