CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > ウィリアム・バトラー・イェイツ

ウィリアム・バトラー・イェイツ

ウィリアム・バトラー・イェイツ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ウィリアム・バトラー・イェイツWilliam Butler Yeats、1865年6月13日 - 1939年1月28日)は、アイルランドの詩人・劇作家。幼少のころから親しんだアイルランドの妖精譚などを題材とする抒情詩で注目されたのち、民族演劇運動を通じてアイルランド文芸復興の担い手となった。モダニズム詩の世界に新境地を切りひらき、20世紀の英語文学において最も重要な詩人の一人とも評される。

1922年から6年間、アイルランド上院議員も務めた。1923年にはノーベル文学賞を受賞。日本では能の影響を受けて執筆した戯曲『鷹の井戸』や、初期の抒情詩「湖の島イニスフリー」などがとくに広く知られている。

来歴

幼年期から第1詩集まで

イェイツは1865年6月13日、アイルランドのダブリン県でイングランド植民者子孫の家に生まれた。父ジョン・バトラー・イェイツははじめ法律を学んで弁護士資格を取ったが、結婚後に画家となる決意を固め、イェイツが2歳のとき一家はロンドンへ移った。以後イェイツは幼少期をロンドンで過ごすが、一家はアイルランド港町スライゴの裕福な船主だった母方の祖父の家をたびたび訪れ、ここでイェイツが触れたアイルランドの習俗や妖精伝説は、後の詩作の重要な着想源となった。

1881年に一家はダブリン県へ戻る。イェイツは父親と同様に画家を志して地元の美術学校に入学するが、同時に創作を開始、ダブリン大学の同人誌に「彫像の島」(The Island of Statues)と題する牧歌劇の習作を連載している。このころ神秘主義に傾倒して友人と「ダブリン神秘哲学協会」を組織したほか、活動家ジョン・オリアリーらの知己を得てアイルランド独立運動に接した。またアイルランドの歴史・神話に深く惹きつけられて、これを題材とする物語を書き始めており、こうした民族自治・オカルティズム・アイルランドの伝統への関心といった要素は、初期イェイツの創作に大きな影響を及ぼすことになる。

イェイツは2年で絵の才能に見切りをつけて、22歳のとき美術学校を退学、1887年に一家は再びロンドンに出た。イェイツはそれまで書き継いでいた作品を第1詩集『アシーンの放浪』(The Wanderings of Oisin and Other Poems, 1889年)として刊行、その哀愁に満ちた優雅な表現と、当時ロンドンで馴染みの薄かったケルト伝説によってロンドン文芸界の注目を集めた。

アシーン(オシアン)はアイルランド伝説に登場する英雄の一人で、妖精に導かれて歓楽の国・恐怖の島・忘却の島などさまざまな土地をめぐったのちに故郷へ戻るが、そのときすでに300年の月日が経っていたことを知る。アシーンが妖精の戒めを破って大地に触れると、彼はただちに白髪の老人に姿を変える。イェイツの詩は、この物語を老いたアシーンがアイルランドで布教していた後の守護聖人パトリックに物語る構成を取っている。この間『アイルランド農民の妖精物語と民話集』(Fairy and Folk Tales of the Irish Peasantry, 1888年)を刊行するなど、この時期のイェイツはアイルランドの歴史・伝統への深い関心に彩られている。

モードとの出会い

1889年1月、イェイツは活動家モード・ゴンに出会う。モードはイギリス軍人の娘でありながらアイルランド農民の悲惨な暮らしに深く心を寄せ、過激なアイルランド独立闘争運動に身を投じていた。イェイツは彼女の美貌と活発な気性に魅せられ、出会ってまもなく彼女に求婚する。当時フランス人記者の恋人がいたモードはこれを断るが、その後もイェイツの恋情は失われることがなかった。イェイツは50歳すぎまで独身を続け、幾度か彼女に求婚を繰り返しながら、生涯を通してモードを詩想源とする作品を書き続けた。

1890年、耽美派詩人たちと語らって「詩人クラブ」(Rhymers' Club)を結成、酒場に集まって自作の朗読と批評を繰り返した。この集まりには同世代のアーネスト・ダウソン、アーサー・シモンズのほか、年長のオスカー・ワイルドも参加することがあった。イェイツはこの集まりを通じてフランス象徴派詩人たちの活動に触れることになったほか、この酒場で浸った芸術至上主義こそ自分の詩作の原点だったと後に振り返っている。

また1892年にはアイルランド出身の詩人たちと「アイルランド文芸協会」(The Irish Literary Society of London)を設立、ダブリンにも文芸団体を発足させて民族文学の発掘と普及に力を入れ始めた。

オカルティスムへの傾倒

このころ創作面では、イェイツの作品のうち最も広く知られる詩の一つ「イニスフリー湖の島」(The Lake Isle Of Innisfree)を含む詩集『キャスリーン伯爵夫人および諸伝説と抒情詩』(The Countess Kathleen and Various Legends and Lyrics, 1892年)などを発表するほか、オカルティズムへの傾倒を深め、当時のロンドンで人気を集めていた「神智学協会」や「黄金の夜明け教団」に加入して心霊学や神秘思想の研究に没頭している。このころ『ウィリアム・ブレイク著作集』を編纂したほか、マラルメなどフランス象徴主義文学への関心を深め、パリでヴェルレーヌと出会っている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。