お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

鈴木康平



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

K-鈴木(ケー すずき、本名:鈴木 康平〈すずき こうへい〉、1994年1月21日 - )は、オリックス・バファローズに所属する千葉県鎌ケ谷市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。

経歴

プロ入り前

小学生時代に鎌ヶ谷ライオンズへ所属。6年時に主将を務めた。中学生時代には、陸上部で活動するかたわら、鎌ヶ谷シニアで野球を続けた。

千葉明徳高校への進学後は、2年時の春からベンチ入りを果たした。在学中の全国大会出場はなかった。卒業後に地元の国際武道大学へ進学。千葉県大学野球のリーグ戦で、通算16勝を挙げた。大学卒業後に日立製作所へ入社すると、入社1年目から日本選手権大会で登板。翌年に催された第88回都市対抗野球大会でも、チームの本大会出場に貢献した。

2017年のNPBドラフト会議で、オリックス・バファローズから2巡目で指名。契約金8,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)というで入団した。背番号は30

チームには名前が全く同じ読みの鈴木昂平(すずきこうへい)が在籍するため、入団の際には「K-鈴木」という名称で登録することを球団から打診された。"K"は名前のローマ字表記(Kohei)の頭文字に由来しているが、自身が「こだわっている」という三振の略称にも当たることから、この打診を快諾した。

オリックス時代

2018年には、春季キャンプを一軍で過ごしたが、公式戦の開幕を二軍で迎えた。5月19日の埼玉西武ライオンズ戦(ほっともっとフィールド神戸)の8回表に救援投手として一軍公式戦にデビュー。7月12日のフレッシュオールスターゲーム(弘前市はるか夢球場)では7回表に登板し、1イニングを無失点に抑えた。8月21日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(楽天生命パーク宮城)では一軍初先発も経験したが、一軍公式戦全体では4試合の登板で勝敗が付かず、防御率は8.59だった。ウエスタン・リーグの公式戦では、26試合の登板で3勝4敗(1完投)、防御率2.85をマーク。前半戦に救援、後半戦に先発で実戦経験を積み、通算投球イニング88回1/3でリーグ2位の79奪三振を記録した。シーズン終了後に参加したフェニックスリーグでは、10月19日の試合に先発すると、KBOのハンファ・イーグルス打線を相手に6回を無安打無失点、9奪三振と好投。秋季キャンプをはさんで参加した台湾でのアジアウインターリーグでも、NPBウエスタン・リーグ選抜チームの一員として、通算3試合の登板(2試合の先発)で防御率1.15を記録した。

2019年には、レギュラーシーズンを二軍でスタート。ウエスタン・リーグの公式戦では、開幕から5試合の登板で防御率0.77を記録し、福岡ソフトバンクホークスから被安打3の完封勝利を挙げるなど好調だったことから、4月下旬から先発要員として一軍に定着。シーズン初の一軍マウンドだった4月28日の対西武戦(京セラドーム大阪)と、5月11日の対楽天戦(ほっともっとフィールド神戸)では、先発で7回無失点と好投しながら救援陣が逆転を許すという不運に見舞われた。先発4試合目であった5月18日の対西武戦(京セラドーム大阪)で、一軍公式戦での初勝利をマーク。シーズン全体では、一軍公式戦19試合に全て先発登板し、4勝6敗、防御率4.31という成績を残した。4勝はすべてドーム球場(3勝を京セラドーム、1勝を福岡ヤフオク!ドームでのソフトバンク戦)だった。通算の投球イニングは102回1/3で、パシフィック・リーグの規定投球回(143回)に届かなかったものの、チームの投手では3番目に多かった。シーズン終了後の12月5日に、推定年俸2,200万円(前年から1,300万円増)という条件で契約を更改。更改後の記者会見では、鈴木昂平が戦力外通告を経て二軍野手コーチ補佐に転身する2020年以降も、K-鈴木という登録名の使用を続けることを発表した。

選手としての特徴

社会人時代は自己最速154km/hを記録した。

人物

2020年1月、神奈川県出身で国際武道大の後輩である1歳年下の一般女性と結婚した。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。