お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

林望



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

林 望(はやし のぞむ、1949年2月20日 - )は、日本の作家。かつては沢嶋 優(さわしま ゆう)のペンネームも使用していた。東京芸術大学 助教授を辞して以降、在野の日本文学者。

朝日新聞記者「林望」とは別人。

経歴

東京都墨田区に、後に情報化社会を予見(1969年)した著名な未来学者、林雄二郎の次男として生まれる。武蔵野市立第二中学校から東京都立戸山高等学校を経て、慶應義塾大学文学部国文学科卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。

専攻は日本書誌学・近世国文学である。慶應義塾大学斯道文庫の研究員を目指したがかなわず、その後、東京都世田谷区にある東横学園女子短期大学国文科に慶應義塾の縁故により採用が決まり、着任する。この頃の経緯は『書藪巡歴』に記されている。

1984年から1987年まで、ケンブリッジ大学とオックスフォード大学の双方で研究のためイギリスに滞在し、この間にケンブリッジ大学のピーター・コーニツキ(Peter Kornicki)との共著である『ケンブリッジ大学所蔵和漢古書総合目録』を完成。1992年度国際交流基金国際交流奨励賞を受賞した。編纂作業には、当時まだ非力だったコンピュータ(Macintosh)を工夫・活用したという。

イギリス滞在中の体験から、イギリスの食文化・イギリス人の食生活に関する随筆『イギリスはおいしい』(平凡社・文春文庫)を執筆して、東横学園女子短期大学助教授時代の1991年に作家デビューを果たし、同作で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。1993年『林望のイギリス観察辞典』(平凡社)で講談社エッセイ賞受賞。

その後、東京藝術大学助教授となったが、より自由な創作活動をめざして同大学を退職し、随筆・小説などを執筆している。自伝ふうの作品として『東京坊ちゃん』と『帰らぬ日遠い昔』がある。

著作リストで後述するように、「リンボウ先生」の綽名を書名で用いることがたびたびある。欧文ではRymbowと表記するが、これはフランス詩人のアルチュール・ランボー(Arthur Rimbaud)や、米右派・タカ派の代表的ラジオ・パーソナリティーとして有名なラッシュ・リンボー(Rush Limbaugh)や、カトリック教会で「辺獄」または「辺土」を表す英語のlimbo(ラテン語ではlimbus)との混同を避けたものと理解できる。

近年は東京・吉祥寺の事務所で『源氏物語』の現代語訳に取り組む。2013年、『謹訳 源氏物語』全10巻で毎日出版文化賞特別賞を受賞。

家族親族

  • 父 林雄二郎(未来学者、東京工業大学教授)
  • 伯父 林健太郎(歴史学者、東京大学総長、参議院議員一期)

系譜

  • 林氏 林家は江戸時代、代々徳川家に仕えた武家(静岡県士族であったという)
季樹┳健太郎  ┣雄二郎━望  ┗四郎

 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ席(会員限定特別割引席)設置公演>
正面席:8,000円
脇・中正面席:5,000円
1,000円割引!正面席:8,000円→カンフェティ席(正面席):7,000円
(全席指定・税込)
2019年10月5日 (土)
国立能楽堂

取扱中の公演
割引販売
な!

<理由あってなっトク価格!チケット>
12名限定!正面席8,000円 → 6,100円さらに100Pゲット!
2019年10月5日 (土)
国立能楽堂