CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 時雨

時雨

時雨



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

時雨(しぐれ、じう)は、主に秋から冬にかけて起こる、一時的に降ったり止んだりする雨である。

時雨が降る天候に変わることを時雨れる(しぐれる)ともいう。

「時雨」は漢語としては元来、「ほどよいときに降る雨」を意味し、転じて教化を比喩する。

概要

北西季節風下、日本海上で発生した対流雲が次々と日本海沿岸に達すると時雨があり、雲が去るとまた晴れる。日本海沿岸を始め、日本海岸気候と太平洋側気候の境界域、たとえば京都盆地、長野県、岐阜県、福島県などでは風とともに時雨がやってくる。

気象学者の平野烈介によると、時雨は以下のような特徴をもつ。

  • 晩秋から初冬にかけて多い。
  • 日本の各地にみられる。
  • 朝、昼、夕といった特別の時刻はない。
  • 細雨ではないが、だからといって雨量は多くない。やや強い雨を伴い、雲足は速い。
  • 広い地域に一様に降るのではなく、密集した雲の団塊から降る。
  • 気温は低めである。

季語

俳句では冬の季語である。

方言

時雨を意味する方言には次のような例がある。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。