お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

桜花昇ぼる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

桜花 昇ぼる(おうか のぼる、9月23日 - )は、日本の女優、講談師。旧芸名、桜花 昇(読み方は同じ)。別名、旭堂 南桜

奈良県斑鳩町出身。出身校は相愛高等学校。OSK日本歌劇団の元男役トップスター。四代目旭堂南陵門下の講談師・旭堂南桜の芸名を持つ。A型。

略歴

子供の頃からOSKの劇場があった地元のあやめ池遊園地で遊びOSKに慣れ親しんで育つ。舞台好きな母親からOSKへの入団を勧められる。

1991年、日本歌劇学校入学。66期生。

1993年、OSK日本歌劇団に入団。『ファンタジアランド』で初舞台。

男役スターとして期待される一方で、あやめ池のファミリーミュージカルによく出演していた。OSK解散後、再結成されたNewOSKのスターとして躍進を続ける。

2005年12月から2006年2月に大阪・名古屋・東京で上演された、真琴つばさ主演の『わが歌ブギウギ』に外部出演しOSKの存在感をアピールすると共に、退団を決意する男役スターという現役のスターには難解な役をこなした。(この作品はOSK出身の笠置シヅ子を題材にした作品で、桜花の役はOSKの往年のスター・アーサー美鈴がモデル)

2007年4月、『春のおどり』で退団した大貴誠の後を受け、「次期トップに内定」とマスコミで発表された。娘役スターの若木志帆・北原沙織、男役スターの高世麻央らと共に、再生途上のNewOSKを担う中心的存在となる。

2007年8月、IMPホールでの『真田幸村』、同年11月の京都南座公演『レビュー in KYOTO』で主演、実質トップスターとなる。翌2008年4月大阪松竹座『春のおどり』が、正式なトップ披露公演として上演された。

2008年7月京都南座公演より、芸名を「桜花昇」から「桜花昇ぼる」と改名。

2014年5月大阪松竹座公演『春のおどり』に続いて、OSK初の東京新橋演舞場公演となる8月の『夏のおどり』をもって退団。

2015年、『蝶子と吉治郎の家』でOSK退団後初舞台出演を果たす。

2015年2月、四代目旭堂南陵門下の講談師・旭堂南桜として、初高座に挑む。

主な舞台

近鉄OSK時代

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。