お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

ジャン・裕一



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ジャン・裕一(ジャン・ゆういち、1970年7月8日 - )は、岐阜県高山市出身の日本の俳優。蟹座。身長173cm。2020年7月より、本名の中田裕一からジャン・裕一に改名。

来歴・人物

  • 岐阜県高山市出身
  • 岐阜県立吉城高等学校卒業
  • 趣味?: 海釣り、ドライブ、旅行、スキー、スノーボード、水泳
  • 特技?: 乗馬、居合術(八段)、殺陣、剣道、日本舞踊、ボクシング、クラシックバレエ、バーテンダー
  • 資格:日本地ビール協会認定 ビアテイスター・ジャッジクラス、伝統食研究会認定 伝承ビワ療法士、大日本兵法 新心流居合術 範士八段
  • 1970年、岐阜県高山市清見町出身。
    高校卒業後、大阪にある全国酒有連大学にて酒類に関する基礎知識を学ぶ。その後は静岡、東京で酒類流通業や外食産業の仕事に携わる。ニッカウヰスキー本社にある、直営パブレストランでの勤務当時、ジャパニーズウイスキーの生みの親である竹鶴政孝(マッサン)の、2代目マスターブレンダー竹鶴威(たけし)氏が、全国誌 BIG tomorrow(ビッグトゥモロウ)の取材を受けた際に、行きつけのBARのバーテンダーとして撮影に参加。竹鶴氏お気に入りのダブルの水割りをつくり、氏と共に紙面に掲載される。
    1993年帰郷、実家の中田酒店勤務。ビールのソムリエと呼ばれる社団法人日本地ビール協会認定ビアテイスター・ジャッジクラスの試験に合格。ビアテイスターとしてマップルマガジン飛騨高山版に2ページに渡り特集が組まれる。

    1998年、劇団無尽舎入団。
    2007年、当時所属していた高山青年会議所にて、創作演劇『明日への扉』を会議所メンバーと企画。児童、生徒ら50名を超える出演者を募り、2012年までに3期に渡り開催。1期1回限りの公演で来場者は毎回1000人に及ぶ。
    2011年、演劇プロデュースユニットの劇団太陽を旗揚げ。
    2014年、韓国済州島でのJEJU平和祭にて、一人芝居 『朝鮮通信使 李藝(リゲイ)』が招待を受ける。
    2018年、李藝の故郷、韓国蔚山(ウルサン)での、創作ミュージカル『李藝―その不滅の道』に特別出演。
    同年、飛騨の百姓一揆を演劇にした「二人芝居 ふぁいと!〜大原騒動〜」を製作。タウン誌の月刊さるぼぼで巻頭特集が組まれ、ケーブルテレビのHitnetTV!では1日2回(3時間)の放送が15日間に渡り行われる。

    出演

    映画


     

    取扱中の公演・チケット情報

    現在取り扱い中の公演はありません。