CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > ディアマンテス

ディアマンテス

ディアマンテス



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

ディアマンテスDIAMANTES)は、日系ペルー三世のアルベルト城間を中心に1991年に結成されたラテンバンド。沖縄県を中心に活動している。

なお、diamante(s)とは、スペイン語でダイヤモンドを意味する。

概略

1989年からプロ活動を行っていたトリオ・ディアマンテスを基盤として、1991年に結成。コザのライヴハウスP'a Ti を中心にバンド活動を始める。1992年、『ガンバッテヤンド』がオリオンビールのCMソングとして沖縄でオンエアされると大きな話題となった。翌1993年7月3日、同曲を含んだ沖縄限定アルバム『OKINAWA LATINA』がリリースされるやいなや、爆発的なセールスを記録した。これを受けて9月23日、前作をミックスダウンしなおした『オキナワ・ラティーナ』で全国メジャーデビュー。以後、5thアルバムまでを定期的にメジャーレーベルよりリリースし続けた。

5thアルバムを最後に所属レコード会社をマーキュリー・ミュージックエンタテインメント(日本フォノグラム)から、M&Iに移籍。この間にメンバーの移動があり、2000年からは結成当初の3人体制で活動を続けている。

広義に分類してしまえば、メレンゲやグアヒラ、ルンバやボレロなど多彩なラテンのリズムをコンテンポラリーなバンド・スタイルで演奏するラテンポップスやラテンロックと呼ばれるジャンルになる。しかし、ペルーのムシカ・クリオージャ、コザ特有のアメリカン・ハードロック、沖縄、日本といった要素が混じり合った独特の音楽性を有しており、あえて『オキナワ・ラティーナ』を標榜、沖縄のポップスに多大な影響を与えた。

代表曲は『ガンバッテヤンド』(1993年)、『沖縄ミ・アモール』(1993年)、『勝利のうた』(1994年)、『アスタ・マーニャ〜明日への子守歌』(1994年)、『片手に三線を』(1995年)など。

メンバー

現メンバー

  • アルベルト城間(あるべると しろま、1966年6月13日 - ):アコースティック・ギター、ボーカル、パーカッション
    ペルー共和国リマ市出身。祖父母が沖縄本島出身の日系三世であり、日系ペルー人。愛称はベト。19歳の時、パン・アメリカン歌謡コンクールで優勝し、副賞の航空券で1986年12月5日に来日(本人はこの時は日本語を全く話せなかった)。東京でオーディションを受けるが結果は振るわず、親戚のいた沖縄に向かった。居酒屋でウエイターをしながら琉球太鼓など古典の芸事を学びながら音楽活動を続け、91年にはDIAMANTESを結成。以来、大半の作詞・作曲を行ってきた。2000年からはソロ活動も開始、6枚のアルバムを発売している。2007年にはジョージア州ローマ国際映画祭短編部門でグランプリを獲得した映画『Happy☆Pizza』に主演、2012年には絵画で2012年沖展に入選、陶芸の仲間功と二人展を開くなどミュージシャン以外の活動も見られた。影響を受けたミュージシャンはグロリア・エステファン。
    1991年、元メンバーの仲原リカと結婚。
  • トム仲宗根(とむ なかそね、1967年5月27日 - ):ベース
    沖縄県浦添市出身。DIAMANTESの原形を1988年にアルベルトがアマチュアバンド「ヒューマン・サウンド」に加入したときとすると、それ以前から「ヒューマン・サウンド」に参加していた最古参となる。ライヴではベースやウッドベース、コーラスを担当しているが、それ以外にも打ち込みやミックス関係は彼が行う。影響を受けたミュージシャンは忌野清志郎。

元メンバー

  • 仲原リカ(ボーカル、フルート)
    92年に脱退。トリオ・ディアマンテス時代からのメンバー。1991年、アルベルトと結婚。
  • ちあき(ボーカル、コーラス、ダンス)
    97年に脱退。現在はしゃかりのボーカル千秋として活躍。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。