CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 小川紗良

小川紗良

小川紗良



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

小川 紗良(おがわ さら、1996年6月8日 - )は、日本の俳優・映画監督・文筆家。東京都出身。早稲田大学文化構想学部卒業。

来歴

都立高校生のときに雑誌「HR」の専属モデルになり芸能界へ。また同じ頃、高校行事のドキュメンタリーを撮ったことをきっかけに映像制作を始める。

俳優、映画監督、文筆家として活動している。

俳優として、初主演映画『イノセント15』 はテアトル新宿・アップリンク渋谷で異例のロングラン上映され、海外の映画祭にも出品された。また2018年公開の主演映画『聖なるもの』はプチョン国際ファンタスティック映画祭長編コンペティション部門で審査員特別賞を受賞した。

映画監督として、早稲田大学在学中につくった初の短編監督作『あさつゆ』、2作目『BEATOPIA』、3作目『最期の星』がゆうばり国際ファンタスティック映画祭にて3年連続で上映された。『最期の星』は第40回ぴあフィルムフェスティバル コンペティション部門 PFFアワード2018に入選 。早稲田大学で教鞭をとる是枝裕和監督の門下生でもあった。 大学卒業後に手がけた初の長編監督作『海辺の金魚』(2021年)は第22回 韓国・全州(チョンジュ)国際映画祭インターナショナルコンペティション部門など、海外の映画祭にも正式招待された。

文筆家として、映画監督作を自ら小説化した連作短編集『海辺の金魚』(2021年)をポプラ社より刊行した。 フォトエッセイ「猫にまたたび」(2021年12月1日)をblueprintより刊行。

2022年7月22日、自身のツイッター、インスタグラムにて一般男性との結婚を報告した。

人物

  • 趣味は映画・舞台鑑賞。高校時代はジャズ部でトランペットを担当。幼少期から絵本を書いたり、ピアノで曲を作るなどものづくりが好きであった。好きな作家はさくらももこ、江国香織、綿矢りさ。
  • ラジオ好きであり、オードリーやみちょぱ、神田伯山のラジオ番組を好んでいる。2020年10月、文化放送の特別番組『文化放送サタデープレミアム 小川紗良の夢みるラジオ』を担当、DJに初挑戦した。
  • 『タッチ』、『美少女戦士セーラームーン』、サンリオ、ハロー!プロジェクトなども好きである。
  • 大学の同期生に女優の井桁弘恵がいる。
  • 母親の故郷・鹿児島県阿久根市で映画撮影をしたのをきっかけにアクネ大使を務めている。
  • 小学5年生のときに描いたイワシなどの絵が、JR博多駅のタイル画アートになっている。
  • 保育士の資格を持っている。

出演作品

テレビドラマ

  • 地獄先生ぬ〜べ〜(2014年10月11日 - 12月13日、日本テレビ)- 古田真梨子 役
  • 連続テレビ小説(NHK)
    • まれ 第132話(2015年8月29日)- 金沢からきた客 役
    • まんぷく 第128話 - 第151話(2019年3月4日 - 3月30日) - 立花幸 役
  • 崖っぷちホテル! 第8話(2018年6月3日、日本テレビ) - マナヒラ王国 王女イレーネ 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。