お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

アレクセイ・アルブーゾフ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

アレクセイ・ニコラエヴィチ・アルブーゾフ(ロシア語: Алексей Николаевич Арбузов, ラテン文字転写: Aleksei Nikolaevich Arbuzov、1908年5月26日(旧暦では5月13日) - 1986年4月20日)は、ソビエト連邦の劇作家。モスクワ出身。

1959年にモスクワのヴァフタンゴフ劇場で初演された二部構成からなる戯曲『イルクーツク物語(Иркутская история)』を著した。なお、来日経験もある。

生涯

1908年5月26日(旧暦:5月13日)、ソ連のモスクワに生まれるが1914年に家族ごとサンクトペテルブルクに移動した。

11歳の時に独立。14歳の頃にマリインスキー劇場で働き、劇団を転々として俳優や演出家を務めた。

1930年に処女作である戯曲『クラス(Класс)』を著す。

1939年に著された愛情につまずくもののめげずに逞しく生きる女性が主人公である『ターニャ(Таня)』で劇作家としての地位を確立。

1959年に戯曲『イルクーツク物語(Иркутская история)』を著す。

1980年にソビエト連邦国家賞を受賞。

その後も多数の劇作を作り、1986年4月20日にモスクワで亡くなり、クンスト墓地に埋葬された。

作品

  • 1930年、『クラス(Класс)』
  • 1935年、『Шестеро любимых
  • 1935年、『Дальняя дорога
  • 1939年、『ターニャ(Таня)』
  • 1940年、『夜明けの町(Город на заре)』
  • 1952年、『ヨーロッパ年代記(Европейская хроника)』

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。