お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

龍田直樹



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

龍田 直樹(たつた なおき、1950年9月8日 - )は、日本の男性声優、ナレーター。和歌山県那賀郡岩出町(現:岩出市)出身。青二プロダクション所属。

旧芸名は竜田 直樹(読み同じ)。

略歴

明治大学卒業。

東京俳優学校第25期、俳協養成所第3期卒。東京俳優生活協同組合、アーツビジョンを経て、現在は青二プロダクション所属。

映画『男はつらいよ』のスチルを担当していたが、渥美清の演技に憧れ、役者を目指して養成所に入所。

マネージャーに「僕は映像作品は無理ですね〜」と探り入れたところ「アハハ!そうだね!!」と言われて声優に切り替えて声優としての活動を始める。

人物・特色

ナレーションや人間以外のキャラクターを多数こなしており、一つの作品内で動物役を兼役で演じることもしばしば。「『特定のマーガリン(ラーマソフト)じゃないと嫌だ』と身をよじる食パン」(ユニリーバ・ジャパンのマーガリン「ラーマソフト」のCM)など、動物でも生き物でもないものを演じることも多い。他にも「『擬音(効果音)を生音に近い形でやってくれ』とも言われたことがある」と語っている。アドリブにも定評がある。

『キテレツ大百科』においてブタゴリラ役を途中降板した大竹宏に変わりブタゴリラ役を引き継いだ。

1985年11月から12月にかけて肝付兼太の喉の手術に伴い『ドラえもん(テレビ朝日版第1期)』の骨川スネ夫役と『オバケのQ太郎』のハカセ役を代役で務めているが、『オバケのQ太郎』では、龍田はキザオ役をすでに演じていたので一人二役となった。

『くまのプーさん』では、富山敬の逝去に伴いラビット役を1995年10月放送分より引き継いでいる。

以前からウーロン役で出演していた『ドラゴンボール』シリーズ では、『ドラゴンボール超』にて八奈見乗児の休業に伴いナレーションと北の界王役の代役を務めている。

また、死去した松尾銀三や鈴木富子、梶哲也、田中和実、田の中勇、水鳥鐵夫、青野武、内海賢二、たてかべ和也から持ち役の一部を引き継いでいる。

音域はA - E。方言は大阪弁。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。