CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 立川らく次

立川らく次

立川らく次



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

立川 らく次(たてかわ らくじ、1976年12月30日 - )は、日本の落語家。落語立川流所属の真打。本名:間瀬 真一郎

来歴

神奈川県横浜市港南区出身。横浜市立港南台第一中学校、藤嶺学園藤沢高校を卒業後、玉川大学文学部芸術学科へ進学。大学時代には落語研究会に所属していた。

2000年3月、立川志らくに入門する。前座名、らく次。立川志らべとは同日入門である。

2007年7月、立川キウイ、立川談大、泉水亭錦魚、立川平林、立川吉幸、立川談奈、立川らく里、立川志らべと共に二ツ目に昇進。

2016年12月、真打昇進が決まり、2017年12月、真打に昇進した。

芸歴

  • 2000年3月 - 立川志らくに入門、前座名「らく次」。
  • 2007年7月 - 二ツ目昇進。
  • 2017年12月 - 真打昇進。

人物

宝塚歌劇のファンであり、宝塚歌劇を語る落語会も行う。

関西の宝塚ファンの落語家が集まるなりきり宝塚劇団「花詩歌タカラヅカ」に、関東の落語家として唯一「美南 みなと」の芸名で参加。

大学時代、芸術学科で油絵を専攻していたため、特技はイラストで、美術の教員免許を持っている。

メディア

テレビ出演

  • 「タカラヅカ・カフェブレーク」(TOKYO MX.テレビ)

出典

参考文献

  • 立川談志・落語立川流一門『談志が死んだ、立川流はだれが継ぐ』講談社、2003年、417P

外部リンク


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。