CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 大谷麻衣

大谷麻衣

大谷麻衣



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

大谷 麻衣(おおたに まい、1989年4月17日- )は、日本の俳優。千葉県出身。アイトゥーオフィスに2018年9月-2020年10月まで所属。 2020年11月より俳優マネージメント事務所「月の羊」を設立。

来歴

1992年、3歳から20歳まで本格的にクラシック・バレエを習う。

2009年、本格的に芸能活動を開始。

2018年4月、三浦大輔監督作品、石田衣良原作の映画『娼年』で松坂桃李演じる主人公、領の初めての客、ヒロミを演じて注目を集める。

2018年同月、写真家・篠山紀信撮り下ろしによる初ヌードが、週刊現代に掲載される。

2018年7月4日、写真家・篠山紀信による写真集が小学館より発売。

人物

  • 趣味・特技に、クラシック・バレエ、英会話、料理となっている。ダンス全般が得意で、アクション経験もある。
  • 映画『娼年』の公開に際し、文化系マガジン・チェリーに掲載されたインタビューによると、「女優を始めて7年間くすぶってきた期間が長くて。この映画の前には、事務所にも入っていなかったので、オーディションを受けられたこと自体が奇跡のような感じなんです。だから『この役を掴めなきゃ、役者人生が終わるぞ』って気持ちで臨みました。オーディションが始まってから、決まるまでの1週間は、不安でどんどんゲッソリしていったようで、周りの俳優仲間に心配されました(笑)そんな中で最終オーディションで演技をしていたので、その場でヒロミ役の決定を言い渡されたときは、その場で泣いてしまいました。“誰かに選んでもらえた”という感覚が、この7年間をチャラにしても余りあるような歓喜の瞬間でした。三浦監督にも『これで売れてくださいね』と言っていただけて、『娼年』は私の役者人生どころか人生をも大きく変えてくれた作品です。」と本人が語っている 。

出演

映画

  • 鬼の子(2022年6月、三野龍一監督) -大友まどか 役
  • Arc アーク(2021年6月、石川慶監督) -エマのパートナー 役
  • まともじゃないのは君も一緒(2021年3月、前田弘二監督) -保坂真帆 役
  • 星の子(2020年10月、大森立嗣監督) -麻美先生
  • タロウのバカ(2019年9月、大森立嗣監督)自転車の女役
  • 向こうの家(2019年10月、西川達郎監督) - ヒロイン・向井瞳子 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。