お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

エリア51



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

エリア51(英: Area 51)は、ネバダ州レイチェルに位置するアメリカ空軍ネリス試験訓練場内の一地区。ホーミー空港(英: Homey Airport)とも呼ばれる。

概要

2013年に米CIAが初めて公式に存在を認めた。アメリカ軍機密の航空機のテストを古くから行っていたとされ、近年では、特にステルス機の試験飛行を行っていると考えられている。また、「墜落したUFOが運び込まれているのではないか」、「ロズウェル事件と関係しているのではないか」さらに、「グレイと呼ばれる宇宙人が居るのではないか」とも疑われていたが、軍事機密解除を受け、元職員が録音下で証言を行い否定されている。

いずれにしても、何らかの機密事項が基地内に存在することから、基地の敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されており、これを無視して進み憲兵や衛兵に見つかった場合は不法侵入者として逮捕され、処罰の対象となる。特に不審な場合は警告無しに発砲される場合もある。周辺空域も飛行禁止空域となっており、近くの空域を利用するレッドフラッグ演習では参加機がごく僅かでもエリア51の空域に侵入してしまうとすぐに帰投が命じられ、ペナルティとして翌日の作戦に参加させられなくなることもある。

所在地

エリア51はラスベガスの北北西約200km、アメリカ合衆国ネバダ州リンカーン郡のおよそ60 sq. mi. / 155 km2(神奈川県川崎市ほど)の土地に設置されており、広大な(4687 sq. mi. / 12139 km2、新潟県に匹敵する)ネリス射撃場(Nellis Range Complex 略 NRC)の一部である。この地域はグルーム及び Papoose 山脈(それぞれ北部及び南部)並びに東の込み合った丘によって形作られた、広く大きいイミグラントバレーが形成されている。この2つの山脈の間にはざっと直径3マイル (5 km) はある乾燥したアルカリ性塩湖 (w:endorheic) 、グルーム乾燥湖(Groom Dry Lake:北緯37度14分25秒 西経115度49分7秒)が広がっている。巨大な空軍基地はこの湖(北緯37度14分6秒 西経115度48分40秒)の南西部角上に設置されており、2つのコンクリート製滑走路(うち1つは湖に突き出るように伸びている)および湖上に4つの未完成滑走路がある。

高解像度衛星写真はこの施設の複合滑走路レイアウト上にいくつかの光が放たれている。

滑走路は、主滑走路がそれぞれの端で1000 x 100 ft (304 x 30 m) のオーバーラン用と共に長さ11,980 x 200 ft (3651 x 61 m)の 、1990年代に建設されたコンクリート製滑走路14L/32Rと、2番目の滑走路として長さ5,420ft x 150ft (1,652m x 45m)、誘導路が2つある12/30との、2つの滑走路を運営、所有している。また、大変不可解な、3番目の古い滑走路は正確に6マイル (9656 m) 長あり、コンクリート製12,500 ft、アスファルト製11,080 ft から構成されていて、現在5560 ft 及び2540 ft はそれぞれ、北及び南端上のアスファルトが取り除かれている為、3番目の古い滑走路は6マイル長すべてが全体的に使用されない状態であるが、現在はコンクリート部分の6,600 ft (2011 m) 長は滑走路14R/32Lとして、使用されている模様である。その為、2つの双子滑走路を形成する、無舗装湖上の滑走路は長さ11,270 ft (3435 m) 並びに横幅100から170 ft (30 から52 m) の大きさである。

アメリカ合衆国エネルギー省の核兵器(原子爆弾、水素爆弾など)の多くのテスト場所となっている、ネバダ核実験場 (NTS) のユッカ平原地域 (Yucca Flats region) と境界線を共有している。ユッカ山核貯蔵施設はグルーム湖の南西おおよそ40マイル (64km) に置かれている。

名称 "Area 51" はNTSの古い地図(現在の地図に記載なし)に掲載されていると、多少物議をかもしているが、同じ名称の計画がネバダ・テスト場の別の場所で行われている。

この地域は北西のマーキュリー及びユッカ平原の西の両方の主要な舗装道路に加え、内部のNTS道路ネットワークに接続している。主要な湖から北東に、グルーム湖道路(幅広、未舗装状態)は込み入った丘を通過して至る所へ走っている。グルーム湖道路は元々グルーム流域内で鉱山のためにトラック道路として使用されていたが、その使命が終わって以来使用されている。

グルーム湖での活動

グルーム湖は通常の空軍基地でなく、最前線部隊は通常展開していない。むしろ新型飛行機向けの開発、テスト及び訓練段階の間に使用される。これまでに、U-2、SR-71、及びF-117など偵察機やステルス機の試験飛行を行っている。一般的にそれらの航空機は一旦通常空軍基地へ移動され航空機を運営するアメリカ空軍によって受け取られる。グルームはしかしながら冷戦時代以降において、イスラエル軍の鹵獲品としてや、時には盗品としてなど、いろいろな形で獲得した少数のソビエト製航空機の恒久的な分析及び訓練の本拠地として報

ソビエト軍及び情報機関のスパイ衛星は、当然のことながら冷戦の間グルーム湖地域の写真を撮っていたが、ソ連は基地についてささやかな事しか解明できていなかった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。