CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 吉田香織

吉田香織

吉田香織



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

吉田 香織(よしだ かおり、1981年8月4日 - )は、陸上競技長距離走・マラソン選手。

経歴

積水化学・資生堂所属時代

2000年埼玉県立川越女子高等学校卒業後、小出義雄の誘いで積水化学に入社。当時はぴょんぴょん跳ねて走るフォームから「牛若丸」という愛称で呼ばれていた。また、国際千葉駅伝や横浜国際女子駅伝などでは、日本代表の一員として出場した。

その後、小出や高橋尚子が積水化学を退社したことなどもあり、2003年、資生堂に移籍。2005年、チームメイトの嶋原清子が北海道マラソンに出場した際同行。そこで見た応援のすばらしさに念願の初マラソンを北海道と心に決めた。

翌2006年8月27日に行われた北海道マラソンは、吉田にとっての初マラソンであるとともに、2007年世界選手権代表選考を兼ねていた。気温30度を超す猛暑の中で中盤辺りから独走し、いきなりマラソン初優勝を果たし、同時に新人賞も受賞した。しかし、タイムがこの大会での内定条件となっていた2時間26分をオーバーしていたため内定は得られず、その後の選考レースで他の競技者が好タイムを収めたので、新聞紙上などでは選外との予想がなされた

吉田は2007年2月、世界選手権マラソン日本代表決定直前に行われた熊日30キロロードレースでアピールを試みて出場し、最後までその座を取るために執念をみせたが、やはり世界選手権開催時に近い気象条件においてタイムで他の選手より見劣りすると判断され、代表入りはならなかった(ちなみに熊日30キロロードレースは吉田が高校の時に国体に参加そして両親が仕事の関係で熊本に住んでいるなど、かなり縁が強い街であるとローカル紙の報道にあった)。

セカンドウィンドAC所属時代

心機一転を図るために2007年4月1日、前資生堂ランニングクラブ監督の川越学が設立したセカンドウィンドAC(SWAC)に移籍。

2007年9月9日に行われた北海道マラソンでは、前年優勝者の特別ゲストとして、小倉智昭らと共に所々でレース解説を担当(女子優勝者は同SWAC所属の加納由理)。なお北京オリンピックの女子マラソン代表は、2008年3月9日に行われる名古屋国際女子マラソンで代表選出を目指す、とその席で公言していた。

その名古屋国際女子マラソンの本番では、レース中盤まではスローペースの先頭集団についていたが、両足のマメが潰れ出血するアクシデントの影響により28km地点を過ぎてから脱落、当時の自己記録をマークをしたが12位に終わった。

2009年世界選手権代表選考を兼ねた、2008年8月31日に行われた北海道マラソンに出場。2年ぶりの優勝を目指して出走したが、レース前半で優勝した佐伯由香里(アルゼAC)らのペースについていけずに後退、中盤から徐々に追い上げたものの、結局3位に留まった。

2008年12月14日のホノルルマラソンは、招待選手として出場しペースメーカーをつとめた。そして同SWAC所属で優勝した嶋原清子に次いで2位のゴール。同マラソンでは初めて日本女子のワンツーフィニッシュを達成した。

2009年1月25日の大阪国際女子マラソンにも招待選手で出場したが、体調不良により5km地点を過ぎた後途中でリタイアとなった。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。