CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 人形劇団クラルテ

人形劇団クラルテ

人形劇団クラルテ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

人形劇団クラルテ(にんぎょうげきだんクラルテ)は日本の人形劇団。大阪市住之江区を拠点とする。日本において長い伝統をもつ現代人形劇団の一つ。住之江にあるアトリエでの定期公演や学校や園での公演、中規模ホールでの上演を行う。

現在、人形劇団クラルテは法人名「有限会社 人形劇団クラルテ」「一般社団法人 人形劇団クラルテ」の2法人で活動している。

加盟

日本児童・青少年演劇劇団協同組合

全国児童・青少年演劇協議会

NPO法人日本ウニマ(特定非営利活動法人 国際人形劇連盟日本センター)

一般社団法人全国専門人形劇団協議会(全人協)

大阪劇団協議会

上方人形劇人の会

沿革

1948年 大阪府寝屋川市香里園にて、発足。

1953年 解散、ここまで第一次クラルテとする。

1955年 再建。第二次クラルテとして、住之江区南加賀屋(現在の美術工房所在地)にて出発。

1958年 「黄色いこうの鳥」(演出=川尻泰司、美術=吉田清治)で、初めて大阪府・市文化祭奨励賞を受賞。

1973年 近松門左衛門作「女殺油地獄」を上演。以降、クラルテの近松シリーズとして継続して創作。

1982年 アトリエを竣工(現在の事務所所在地)。

1988年 創立40周年記念、国立文楽劇場にて「国性爺合戦」(通し狂言、脚色・演出=吉田清治)を上演。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。