お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

麻尋えりか



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

麻尋 えりか(まひろ えりか、1984年10月1日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団星組の男役。

富山県出身。身長167cm。血液型B型。愛称は「えり」、「しゅん」。宝塚歌劇団時代の芸名は「麻尋 しゅん(まひろ・しゅん)」。

来歴

小学2年からモダンバレエを始める。中学時代に、同級生が貸してくれた宝塚のビデオと雑誌『歌劇』を見て宝塚を知る。その後、全国ツアーの『シトラスの風』を観劇して受験を決意し、中卒時に一発合格。

2000年、宝塚音楽学校入学。88期生。同期には桜乃彩音(元花組トップ娘役)などがいる。入学時の身長は、163cmだった。娘役志望だったが、167cmまで身長が伸び、劇団教師からのアドバイスもあり、男役になる。

2002年、宝塚歌劇団入団。星組「プラハの春」で初舞台。入団時の成績は48人中31番。同年5月21日、星組に配属される。

2003年、バウホール公演「恋天狗」に出演。同年7月、「王家に捧ぐ歌」新人公演では娘役アイーダを演じた。

2004年、同期の妃咲せあらとともにTAKARAZUKA SKY STAGEの第3期スカイフェアリーズとして1年間活動。

2006年、「ベルサイユのばら」新人公演ではオスカル役に抜擢。

2007年、「シークレット・ハンター」新人公演において初主演を果たした。

2008年、「ANNA KARENINA(アンナ・カレーニナ)」にてバウ公演初主演。同年、北日本新聞芸術選奨を受賞。

2009年、「新しい世界に挑戦したい」という気持ちから「My dear New Orleans/ア ビヤント」東京公演千秋楽(4月26日)で退団。同年7月からブルーミングエージェンシーに所属(のちに退社)。同時に現在の芸名で活動しはじめる。

2016年9月に入籍し、11月27日に挙式を行う。

人物

宝塚歌劇団時代の芸名「麻尋しゅん」には、「麻は1本では弱く見えるけれど、束ねることによって何にも負けない力を持つ」という意味が込められている。「見た目が男役らしくないので、力強いガッツリとした理想の男役の芸名に自分を近づけたいと、恩師や家族などにつけていただきました」とのこと。

元月組の夢羽美友と元花組の夢花らんは双子の妹である。


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:5,000円(税込)

【追加公演はこちら!】
2018年10月11日 (木) 〜
2018年10月15日 (月)
中野
ウエストエンドスタジオ
完売

取扱中の公演
抽選先行

<カンフェティ取扱チケット>
全席指定:5,000円(税込)
2018年10月12日 (金)
中野
ウエストエンドスタジオ
抽選受付終了