CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > IRCAM

IRCAM

IRCAM



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

IRCAM(イルカム、仏正式: Institut de Recherche et Coordination Acoustique/Musique)はフランスの、音響および音楽の探求と共同のための研究所。1970年より、ポンピドゥー・センターの関連組織としてジョルジュ・ポンピドゥーの指導の下ピエール・ブーレーズによって組織され、1977年に設立した。訳語としてフランス国立音響音楽研究所が当てられている。

概要

IRCAMは、今日、音楽制作と科学研究に特化した公的研究機関としては世界で最も大きな組織に数えられる。芸術の未来研究と科学技術のイノベーションが集約する唯一の場といえるこの研究所は、2006年よりフランク・マドレーネが所長の座についており、パリの演奏会シーズンを通じ、また音楽祭や、フランス国内外のツアーを通じて、制作、研究、伝播という3つの基本軸を展開している。

IRCAMは音楽制作の主要拠点であると共に、国際的な作曲家の創作活動やレジデンスの場でもあり、作曲家に対しては委嘱という手段によって、恵まれた出会いの機会を与えている。レジデント・アーティストのプロジェクトは数多く行われており、これらは、複数の分野(音楽、ダンス、映像、演劇、映画)に及ぶこともある。毎年行われている音楽祭アゴラでは、こうした創作活動を一般向けに紹介している。

IRCAMは音楽と音響の分野において、科学技術のイノベーションの最先端にいる研究センターである。IRCAMの研究は、幅広く国内外の大学や企業と共同して行われ、その範囲は音響学、信号処理、情報理論 (言語、リアルタイム、データベース、マンマシンインタフェース)、音楽学、音楽認知研究に及ぶ。これらの研究はメディアアート、造形、舞台芸術、産業界(文化産業、通信産業、情報産業、自動車産業、交通機関)にまで応用されている。

IRCAMは情報音楽の教育の場でもある。世界的な研究者や作曲家の協力によって作曲の研究課程や講習会が行われており、さらにパリ第6大学(UPMC)との共同による修士課程(音響学、信号処理、応用音楽情報理論)が開設されている。一般人向けのものとしては、教育省と各音楽院との綿密な共同によってインタラクティブな教育ソフトの開発が行われている。

2006年より、創作活動と技術研究、そしてそれらの伝播を同時に促進させるために、研究所全体の方針として芸術面に重点を置くこととなった。以下の一連の変革はそれによるものである。

  • 現在の美的価値観に合わせて、共同制作者らとシーズンのプログラムを変更する
  • 研究室から離れ、現在の音楽シーンおよび舞台芸術に集中する
  • 研究課程の増員と期間(2年間)の変更
  • 作品の伝播や作品の永続性を保証するための資料収集のあり方の改革
  • フランス内外におけるIRCAMの協力者の創出
  • 文化活動やジャーナルの制作、一般向けに新たな企画を立案

任務と構成

IRCAMの特質は「音楽現象について様々な科学的視点を受け入れ、連携を図ること」であり、物理、信号処理、情報理論、認知心理学、音楽学の観点から研究活動を行っている。研究領域は、フランス国立科学研究センター(CNRS)との協同研究における「音楽と音響の科学、工学」(STMS)に定義されている。

活動は以下の2つの任務から成っている。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。