CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 市村家橘

市村家橘

市村家橘



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

市村 家橘(いちむら かきつ)は歌舞伎役者の名跡の一つ。屋号は橘屋。定紋は根割り橘、替紋は渦巻。

解説

「家橘」は九代目市村羽左衛門の俳名に由来する。この九代目と十二代目羽左衛門は、それぞれ「家橘」を俳名としては使ったが、実際にこれを名跡として襲名することはなかった。

また先代の市村家橘は十七代目を称していたが、初代から三代目の市村家橘に該当する者はなく、また五代目の後が七代目に、十代目の後が十五代目に飛ぶなど、他の名跡とは一風異なった代数が振られているのが特徴的。したがって実際に「市村家橘」を襲名して名乗りに使ったのは、五代目、八代目、九代目、十代目、十五代目、十六代目、十七代目の7名のみである。

九代目市村家橘が、明治五年に市村座の経営権を手離さざるを得なくなったのを機に、市村座ゆかりの「市村」の姓を「坂東」に改めている。その養子の二代目坂東家橘のとき、市村宗家による市村座座元が一時的に復活したが、このとき「坂東」をまた「市村」に戻している。

市村家橘代々

  • (四代目 市村家橘)
    • 八代目市村羽左衛門の子、1724?82。
    • 市村満蔵 → 初代市村亀蔵 → 九代目市村羽左衛門(俳名:四代目家橘)
  • 五代目 市村家橘
    • 四代目の子、1748?99。
    • 市村七十郎 → 二代目市村亀蔵 → 十代目市村羽左衛門 → 五代目市村家橘
  • (七代目 市村家橘)
    • 五代目の養子・十一代目市村羽左衛門の次男、1812?51。
    • 市村豊松 → 市村亀之助 → 十二代目市村羽左衛門(俳名:七代目家橘)→ 五代目市村竹之丞
  • 八代目 市村家橘
    • 七代目の子、1844?1903。母は三代目尾上菊五郎の次女。
    • 二代目市村九郎右衛門(=初代尾上九朗右衛門)→ 十三代目市村羽左衛門 → 八代目市村家橘 → 五代目尾上菊五郎
  • 九代目 市村家橘
    • 八代目の弟、1847?93。
    • 三代目市村竹松 → 十四代目市村羽左衛門 → 九代目市村家橘 → 十四代目市村羽左衛門 → 九代目市村家橘 → 初代坂東家橘
  • 十代目 市村家橘
    • 九代目の養子、1874?1945。実父は明治政府の外交顧問をつとめたチャールズ・ルジャンドル、母は旧福井藩藩主松平慶永の庶子池田絲。
    • 坂東竹松 → 二代目坂東家橘 → 十代目市村家橘 → 十五代目市村羽左衛門
 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。