CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 額田やえ子

額田やえ子

額田やえ子



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

額田 やえ子(ぬかだ やえこ 、1927年12月13日 - 2002年4月9日)は、東京出身の英語翻訳家、吹き替え字幕翻訳家。映画翻訳家協会会員。

父は劇作家・小説家の額田六福。本名・渡辺弥栄子。夫は英米文学翻訳家・渡辺栄一郎。

来歴

東京府青山師範学校附属小学校(現・東京学芸大学附属世田谷小学校)から立教女学院をへて1944年日本女子大学国語学科に入学、母の同期生だった茅野雅子に学び、敗戦後1948年に卒業。アテネ・フランセで英語を学び、高等科を卒業、1952年、南部圭之助の秘書としてスタア社に入り、映画雑誌『スタア』の編集に4年間携わり、1956年からテレビ映画の吹き替えの翻訳を始める。

『刑事コロンボ』など、テレビドラマ等の吹き替え(アテレコ)の翻訳や、小説の翻訳などで知られている。

人気を博した、コロンボの独特のしゃべり方や、「ウチのカミサン」等は、額田の独創によるものである。「かみさん」は、動物文学者の小林清之介が使っていたのを借用したものだという。

シェイクスピアなどの翻訳で知られる松岡和子は義理の従妹にあたり、松岡は額田の紹介で戯曲の翻訳を手がけるようになったという。

吹替の羽佐間道夫は額田の手がけた翻訳台本について、「とにかく語彙が豊富だし、安心して聞ける、いい間をだせる台本だった。そういうことができる翻訳家は少なくなりましたね。更に額田さんは『ここは羽佐間だから、もうちょっと単語を入れよう』、『ここは若山弦蔵だから、もうちょっと引っ張ろう』っていうことまで考えてアテ書きされてた方だから、やる方も楽だった」と振り返っており、配慮の行き届いた額田の職人芸に敬意を表している。(『とり・みきの映画吹替王』洋泉社・刊でのインタビューより)

1987年度の日本女性放送者懇談会賞を受賞した。

翻訳作品

書籍

  • ウィングス(アーサー・L.コピット、劇書房、1982年)
  • 奇跡の人(ウィリアム・ギブソン、劇書房、1984年・2003年)
  • わが町(ソーントン・ワイルダー、劇書房、1990年・2001年)
  • 十二人の怒れる男(レジナルド・ローズ、劇書房、1994年・1997年)

テレビドラマ

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。