CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 秋乃ゆに

秋乃ゆに

秋乃ゆに



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

秋乃 ゆに(あきの ゆに、1993年9月29日 - )は、日本の女優。吉本興業所属。元ノーメイクスメンバー。

略歴

2015年3月、井口昇が手掛ける女優系アイドルグループ「ノーメイクス」のメンバーとして洪潤梨(ホン・ユニ)の名義でデビュー。

2016年、講談社・ミスiD2017オーディション「東佳苗審査員賞」受賞。

2017年12月、ノーメイクスの第2弾主演映画『ゴーストスクワッド』の公開をもって、グループを卒業。女優業との両立が困難になってきたためと説明される。

2018年5月1日、よしもとクリエイティブエージェンシー(のちに吉本興業)への所属、芸名変更を発表。秋生まれでアキ・カウリスマキが好きだからという意味で自ら名付け、以降は秋乃ゆに名義となる。

2019年、映画『エンボク』で当時25歳ながら主演の女子高生を演じ、バイオレンスシーンや濡れ場など体当たりで好演。

趣味は映画鑑賞、断捨離。特技は韓国語、痛みと孤独に耐えること、耐久玉ねぎ微塵切り、打楽器。

座右の銘は「雁が飛べば石亀も地団駄」。

出演

映画

  • キネマ純情(2016年3月12日、井口昇監督) - ヨシエ役
  • おまつり(2016年、横山翔一監督) - ゆり役
  • 神宿スワン(2016年6月、中山剛平監督) - 妖精の声役
  • THE END OF ANTHEM(ジエンドオブアンセム)(2017年、東佳苗監督)
  • スレイブメン(2017年3月10日、井口昇監督)- 芳恵 役
  • 全員死刑(2017年11月18日、小林勇貴監督) - 女子高生 役

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。