CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > 佐藤尚之

佐藤尚之

佐藤尚之



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

佐藤 尚之(さとう なおゆき、1961年6月1日 - )は、日本・東京都出身のコミュニケーション・ディレクター。ネット創生期から「さとなお」の名で個人サイトを運営。「株式会社ファンベースカンパニー」創業者(取締役会長)チーフファンベースディレクター。大阪芸術大学客員教授。復興庁復興推進参与。一般社団法人(元 公益社団法人)「助けあいジャパン」代表。

人物・来歴

個人サイト「www.さとなお.com」を、Yahoo!Japan(1996年)やGoogle(1998年)のサービス開始以前の1995年8月から運営し、5000万アクセス超えの人気サイトになる。1998年から「さとなお」名義で複数のエッセイ本を出版、2008年からは佐藤尚之名義で広告・コミュニケーション関連の著書を複数出版する。

2009年には当時の鳩山由紀夫首相に直接Twitter(ツイッター)の利用を勧め、翌年から首相がTwitter利用を開始するなど鳩山内閣ソーシャルメディア・プロジェクトを担当。2011年、ソーシャルメディアに対応した消費行動モデル概念『SIPS(シップス)』(共感 →確認 →参加 →共有・拡散)を電通「サトナオ・オープン・ラボ」より発表した。

26年勤務した電通から独立後は、コミュニケーション全体を設計する仕事を中心に、ファンを「企業やブランド、商品が大切にしている『価値』を支持している人」と定義し、機能やスペック訴求の広告コミュニケーションから、ファンや情緒価値をより大切にし、中長期的に売上や価値を高める「ファンベース」を提唱。広告コミュニケーションの枠を越えた「全体ソリューション」を構築するのを得意とし、共感→熱狂、愛着→無二、信頼→応援を「ファンベース」のアプローチを主軸に活動している。講演数は年間100本ベースでコミュニケーション関連の講演が多い。

経歴・履歴

東京都大田区生まれ。駒場東邦中学校・高等学校卒業。中高とラグビー部(ポジションはスクラムハーフ)に所属。1浪(駿台予備学校)し、早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業。

株式会社電通入社後、15年間、関西支社にてコピーライター、CMプランナー、ウェブ・ディレクターを経てコミュニケーション・デザイナーとしてキャンペーン全体を構築する仕事に従事。クリエイティブ局にウェブ部門を立ち上げる。スラムダンク1億冊キャンペーンでJIAA(インターネット広告推進協議会)グランプリ獲得。東日本大震災を機に公益社団法人(元、一般社団法人)「助けあいジャパン」の代表理事に就任。他に「くらしのある家プロジェクト」「MOJO」などの支援団体を立ち上げた。

2011年、株式会社ツナグ設立。2015年に株式会社4thを立ち上げ「コミュニケーションからコミュニティへ」と不特定多数から特定少数に移行していっているプランニングの流れを、コミュニティを自らが主催し体現している。4thとはfamilyという生活仲間、friendsという遊び仲間、workmatesという仕事仲間の次の「4番目の仲間」を意味する。2019年ファンベースカンパニー設立。

ブログやエッセイでは「さとなお」名義を使用し書評、バレエ評論なども雑誌などで執筆し、グルメサイト「ジバラン」の運営や、食べ歩き本を何冊も執筆し、著書に『ジバラン・フレンチレストラン・ガイド』『極楽おいしい二泊三日』『うまひゃひゃさぬきうどん』『沖縄上手な旅ごはん』などがある。

2018年、突然アニサキス・アレルギーになり、アナフィラキシーショックという重篤なアレルギー反応での入院をきっかけに、一般社団法人 アニサキスアレルギー協会を設立。

ひとりっ子。妻とは1994年に結婚し翌年に長女が誕生、一児の父。大学時代に早稲田ゴルフ会(WGS)を設立し初代部長に(ベストは72)。J-WAVE番組審議会委員。朝日広告賞審査員、佐治敬三賞審査員、雑誌広告大賞審査員担当。元YOSAKOIソーラン祭り審査員。花火師資格(煙火打揚従事者手帳)取得。美術検定1級。

年表

1900年代

  • 1985年4月 - 電通に入社。関西支社クリエイティブ局にてコピーライター、CMプランナー(約13年)などを担当した後、ウェブ部門を立ち上げる
  • 1995年8月 - 日本にまだ個人サイトが100くらいしかない時に、個人サイト「www.さとなお.com」(satonao.com)を開設し、本・音楽・映画・食・コラムなど8,000記事以上を執筆する
  • 1996年7月 - 素人参加型の自腹覆面レストラン評価サイト「ジバラン」を2006年まで10年間主催し著書も出版
  • 1999年4月 - 朝日新聞夕刊全国版「さとなおの自腹で満足!コラム連載(1年半)

2000年代


 

取扱中の公演・チケット情報

公演名
公演期間
会場
チケット購入

取扱中の公演
一般販売

<カンフェティ取扱チケット>
全席自由:4,000円(税込)

こちらのチケットは、
[WEB予約]のみ の受付です。
お電話でのご予約はいただけません。
2022年10月8日 (土) 〜
2022年10月9日 (日)
さいたま市産業文化センターホール