CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > サントリーホール

サントリーホール

サントリーホール



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

サントリーホール(Suntory Hall)は、東京都港区赤坂一丁目にあるコンサートホール。アークヒルズの一画に1986年10月12日に開館した。森ビルが所有し、公益財団法人サントリー芸術財団が運営する。

概要

東京初のクラシック音楽コンサート専用設計ホールである。多くの来日オーケストラや著名なソリストの東京圏に於ける公演が行われている。大ホールは舞台後方にも客席があるヴィンヤード型コンサートホールであるが、座席の配置上、本格的舞台装置や背景を必要とする伝統的なオペラやバレエは上演できない。クラシック専用設計であるが、他のジャンルの演奏会が開催される事もある。

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団を除くすべての在京プロ・オーケストラがここで定期演奏会を行う。

「ホール・オペラ」という独自のオペラ上演形態(本格的な舞台装置や照明は用いずに演奏する方式で、基本的には一般に「演奏会形式」と呼ばれている上演方式の一種)を生み出すなど、開館以来日本のクラシック音楽業界を牽引し続けているホールの一つである。

2007年4月2日から同8月31日まで改修工事のため休館し、2007年9月1日にリニューアルオープン。それに合わせ佐治信忠(サントリー代表取締役社長)に代わり佐治敬三の娘婿でチェリストの堤剛が館長に就任した。

施設

大ホール
客席数は2,006席(1階:858席、2階:1,148席)。クラシック音楽の演奏のためのコンサートホールとして設計された。舞台後ろにもP席と呼ばれる客席があり、客席全体が舞台を囲むような形(ヴィンヤード形式の中でもアリーナ形式と呼ばれる)となっている。これは、ホール建設にあたりドイツの同形式のコンサートホールを参考にしており、指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤンの助言も参考にされている。ホール形式(ヴィンヤード形式)の決定は、カラヤンの助言を受けた佐治敬三がその場で発した「ほな、そうしましょ」の一言で決まった。
4段手鍵盤とペダル鍵盤、ストップ数74、パイプ数5,898本を有する世界最大級のパイプオルガンはオーストリアの名門リーガー社製。設計当初、パイプオルガンを設置する計画はなかったが、カラヤンから「オルガンのないホールというのは、家具のない家のようなもの」とのアドバイスを受け、設置が決定した。なお、参考とされたベルリン・フィルハーモニーでは、オルガンの位置に失敗した経験から、ここでは現在の位置に設けられた。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。