お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

対象のクレジットカード決済でカンフェティのチケットを購入すると5%還元!

マヂカルラブリー



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

マヂカルラブリーは、吉本興業東京本社(東京吉本)所属のお笑いコンビ。クレオパトラ率いるコントユニット「劇団ムゲンダイ」に所属している。コンビ名を『マカル』ではなく『マカル』とした理由は「ネットで検索した時に上位に来そう」ということを期待してのことだと述べている。

メンバー

野田クリスタル(のだ クリスタル(本名:野田 光〈のだ ひかる〉 (1986-11-28) 1986年11月28日(33歳)

  • ボケ・ネタ作り担当。立ち位置左。血液型はA型。神奈川県横浜市南区出身。身長179.7cm。
  • 舞台での服装は、主にランニングシャツにデニムで裸足という出で立ちであった。デニムは破れたりして買い換えているが、初代デニムは2万円したらしい。また、ランニングシャツは父親の物と述べている。2011年以降はスーツを着用するようになった。
  • 趣味と特技は作詞・作曲、HIPHOP、演劇、バスケットボール、五目並べ、ゲームプログラミング。ただし作詞・作曲に関しては、本人自身は「企画でやっただけで決して特技ではない」と言っている。
  • 15歳の時に「セールスコント」というお笑いコンビで、『学校へ行こう!』のお笑いインターハイで優勝するなどの戦績をあげた。その後インターネットで知り合った相方と「役満」を結成し、2004年のM-1に3回戦まで進出。東京吉本の所属となるが、2005年9月相方の「先生になりたい」という一言で解散する。再び「アンビシャス」というコンビを組み活動するが、結成から2ヵ月後の初舞台の日に相方が失踪し解散。アンビシャス解散からマヂカルラブリーを結成するまではピン芸人で活動していた。当時は、オールバックにブリーフという出で立ちだった。
  • 上記のようにマヂカルラブリー以前にいくつかのコンビを経ているが、セールスコント時代はショートコント、役満時代は漫才、アンビシャス時代はコント、その後ピン活動となり、さまざまなスタイルの芸種を行っていた。
  • M-1グランプリ2009で3回戦に出場後「かなりウケたから受かった」と思い結果を見ずに帰って寝てしまった。翌朝結果を見ると落ちていたので、「お母さ〜ん、何か落ちてる〜」と言ってしまったらしい。
  • ピン芸も行っており、R-1ぐらんぷり2010では、ランニングシャツにブリーフという姿で、「にんげんっていいな」(『まんが日本昔ばなし』主題歌)を飛び跳ねながら歌ってブリッジにするという漫談を披露。R-1ぐらんぷり2020では特技であるプログラミングを生かした自作ゲーム実況ネタで決勝進出。
  • 2010年3月2日のAGE AGE LIVEにて、占い師に前世を見てもらった際「前世がない」と言われたと述べている。
  • 格闘ゲームが得意である。
  • 2010年5月26日のイシバシハザマのシチサンLIVEで、横浜で彼女と観覧車デートをしていたとばらされている。また同ライブにて、父親が毎週日曜日に2ちゃんねるのマヂカルラブリーについて書かれていることのコピーを机の上に置いていると述べている。
  • ビール二杯で吐いてしまうほどの下戸。ライブの企画でテキーラを飲まされた後記憶を失くし、気がつけば渋谷のヨドバシカメラを歩いていたことがある。
  • 2012年頃まではかなりの痩せ型の体型であったが、筋トレを始めたことにより現在はマッチョ体型になり、筋肉を生かした芸を行うこともある。また、毎日身体を追い込んだことにより身長が1cm伸びた。
  • ニコニコ動画にて、菅良太郎(パンサー)と橘実(エリートヤンキー)と共に、「かんみのだ」という生放送を不定期で行っていた。
  • 安達健太郎(元カナリア)がプロデュースするアイドルグループ、Adachildsに所属している。

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。