お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

オープン3周年記念キャンペーン TicketsTodayを訪問して2,000カンフェティポイント獲得

しずる



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

しずるは、吉本興業東京本社(東京吉本、厳密には子会社のよしもとクリエイティブ・エージェンシー)所属のお笑いコンビ。

2003年10月結成(一度解散した為、2004年結成と書かれる事もある)。東京NSC9期生。

同期にハリセンボン、えんにち、ライスなどがいる。

メンバー

  • 村上純(むらかみ じゅん、1981年1月14日 - )
主にボケ担当(最近ではツッコミ)。立ち位置は向かって右。
東京都足立区中央本町出身。成蹊大学卒業。AB型。身長169cm、体重60kg。吉本男前ランキング2009年度10位、2010年度3位、2011年度6位。
  • 池田一真(いけだ かずま、1984年1月17日 - )
主にツッコミ担当(最近ではボケ)。立ち位置は向かって左。
埼玉県入間市出身。A型。身長172cm、体重59kg。

概要

  • 東京NSCでは同じクラスだった。入学当初、池田はクラスの中でも多くの笑いを獲るスター的存在で、数人からコンビ結成の話を持ち掛けられていた。
  • しずる結成以前、池田はゴールデンボンバーのメンバー鬼龍院翔とのコンビ「チョコサラミ」を組んでいた。
  • 結成時、池田は「童顔なんで年下だと思い込み、言うことを聞きそうだと思って」村上に声をかけたが、実際は村上の方が3歳年上である。
  • コンビ名の由来は、表参道にある定食屋の店名である。特別その店に縁があるわけではなく、言葉の響きで決めた。
  • NSC卒業後、2か月で解散。村上が池田を自宅に呼んで解散を切り出した。池田は衝撃を受けたが、コンビの維持を頼むことで自身の立場が弱くなることを嫌ったため、「オレもそう思ってたんだよ。都合よかった」と平静を装ってこれを受け入れた。村上は、「お互いプライドが高く譲らない。NSCのころからフラストレーションがあった」と当時の心境を語っている。
  • その後、池田はピン芸人として活動したが挫折。村上も兄とのコンビ「村上団地」を組んでM-1グランプリに出場したが敗退。結局半年後に池田から言いだして再結成した。村上は「1回解散してるからあとは2人で売れるしかない」と心に誓ったという。
  • 「キングオブコント」では決勝の常連組であり、過去に4回決勝進出を果たしている。なお、この記録はさらば青春の光(5回)に次いで2番目に多い大会記録となっている(2018年現在)。また、第1回(2008年度)大会から第11回大会(2018年度)までの全ての年において準決勝進出を果たしており、ジャルジャルと並んで準決勝進出回数の最多記録と最多連続出場記録を共に保持(継続)している。
  • 決勝では1本目で高得点を記録するも、2本目で苦戦して得点が伸びずに敗退してしまうケースが多い。初の決勝進出を果たした2009年度では1本目で820点を記録して全体3位で折り返し、2本目ではそれを上回る831点を記録するも、直後にネタを披露した東京03に953点という大差をつけられ敗退。2年連続の出場となった2010年度では1本目で898点を記録して全体2位で折り返すも、2本目は772点と点数を大きく下げてしまい、結局これが大きく影響して最終的には総合6位にまで沈んでしまった。2年振りの出場となった2012年度では1本目で自身初となる900点台(913点)を記録し、終盤まで1stステージ1位をキープしていたが、8番目にネタを披露したバイきんぐが967点という驚異的な高得点を記録したため、またもや全体2位で折り返す形となった。2本目では875点と1stステージの得点を上回れず、最終的には総合4位に終わってしまった。2016年度では実に4年振りとなる決勝進出を果たすが、1stステージ5位のかもめんたるに惜しくもあと1点差で敗れてしまい、上位5組に残る事が出来ずファイナルステージ進出を逃した。

エピソード

  • 同期のライスと仲が良い。東京NSC入学時の面接も同じグループで受け、入学後もクラスが一緒だった。村上はライスの関町、井下好井の好井、パンサーの向井ら、池田はライスの田所、ジューシーズの松橋らと特に仲が良い。
  • 二度3ヶ月間活動休止していた時期がある。一回目は2人の遅刻が相次いだため(2006年4月1日 -)、二回目は村上が寝坊で営業に出られなかった上、その事を事務所に報告しなかったため謹慎処分を受けている(2008年1月21日 - 4月11日)。謹慎期間中は東京シュール5等多くのライブ出演が見送られたが、製作側の都合もあり一部のライブやテレビ番組には出演していた。
  • 村上は酒癖が悪く、池田は酔っ払った村上をおんぶして帰ったり先輩に謝ったりで、いつも苦労している。

芸風

  • 主にコントを披露し、ネタは二人で作っているが、原案を村上が作ることが多い。
  • シュールやブラックなネタが特徴であり、東京シュール5の一員でもある。しかし舞台とは別にテレビで披露する際は、内容やオチが変更されている場合がある。
  • 池田原案のネタには金や銃が、村上原案のネタには恋愛や友情が出てくることが多い。

出演


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。