お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカード新規入会で一生分のチケットが当たる!

穂積隆信



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

穂積 隆信(ほづみ たかのぶ、本名;鈴木 隆信、1931年7月20日 - )は、日本の俳優及び声優。所属事務所はマウスプロモーション。静岡県伊豆の国市(旧:田方郡大仁町)出身。身長172cm、血液型はA型。静岡県立韮山高等学校卒業。

来歴・人物

父は折口信夫、北原白秋門下の歌人で国文学者・歌人でもあった穂積忠。兄の穂積忠彦は酒類評論家。忠彦は折口唯一の女弟子として知られる穂積生萩と、折口の媒酌で結婚した。

出生名は「穂積隆信」だが、1960年頃、親戚との養子縁組により「鈴木」に改姓。しかし芸能活動、著書などでは引き続き穂積姓を名乗る。前妻、娘も著書出版、メディアへの露出時には穂積を名乗っている。

1953年、俳優座養成所を卒業。

若い頃より脇役として各映画会社の作品に出演。

テレビ全盛期にはテレビドラマへも進出し、腰巾着的な役どころや悪役として活躍。

洋画吹き替えではイーライ・ウォラック、クリストファー・ロイドなどを担当した。

実の娘で後にタレントとなった由香里との家庭内での葛藤の記録をまとめたノンフィクション『積木くずし』シリーズ3部作(『積木くずし〜親と子の200日戦争』『続・積木くずし』『積木くずし崩壊 そして…』)の執筆でも話題を集め、連日、教育関連の講座・講演に多数出演した。これらの著書はテレビドラマ化・映画化もされ、そのヒットにより多額の印税を得るが、その反動や悪徳会計士により多額の負債を抱えた。

最初の妻・美千子は2001年にアパートで自殺し、娘も2003年に自宅で亡くなった。

1993年に再婚した妻の玲子と2人暮らしだが、2010年に彼女が脳梗塞で倒れて以降は穂積が介護をしている。

2012年発行の自著において、未だに多額の負債を背負っていることを明かした。

柳生博と共演が多く、柳生とは学園ドラマでの腰巾着コンビで人気を得た。

島倉千代子・佐藤オリエとは長らく家族ぐるみで交流しており、両人は娘とも接触が多々あり、『積木くずし』映像化の際には実名・本人役で出演している。

『ピラニア3D』の吹き替えで再びロイドの声を当て、ファンからは数多くのファンレターが送られた。

著作権上、放映もソフト化も不可能とされ、「幻のホラー映画」とされている『シェラ・デ・コブレの幽霊』で1回だけの放映時に吹き替えを担当した。

『十二人の怒れる男』では山内雅人と共に1957年版、1997年版の両方で吹き替えを担当した(役柄はそれぞれ別)。

出演作品(俳優)


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。