お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
自動付帯キャンセル補償のカンフェティ安心チケット

清水ミチコ



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

清水 ミチコ(しみず ミチコ、1960年1月27日 - )は、日本のものまねタレント、ナレーター、女優、ラジオパーソナリティ、歌手、エッセイスト。ジャムハウス所属。

モノマネを得意とする。「隣人は芸のこやし」を座右の銘としている。

本名は坂田 美智子。旧姓、清水。岐阜県高山市出身。高山西高等学校、文教大学女子短期大学部家政科卒業。血液型B型。

愛称は「(清水の)ミッちゃん」「シミチコ」。

人物

マスコミから「ものまねの女王」と称され、ピアノの弾き語りモノマネ(声・歌・ピアノのタッチを真似る)・様々な芸能人の顔マネ・扮装などで知られる。モノマネを集めたCDや顔マネや溶け込みを載せた書籍も発売している)。

Steinway & Sonsのグランドピアノを自宅に所有しており、矢野顕子などのピアノ弾き語りの物真似では、歌だけでなくピアノ演奏の物真似も自らの手で行う。ピアノ演奏は独学で習得した。

『ちびまる子ちゃん』はアニメーションに山口百恵役で、2006年の実写ドラマ版にまる子の母さくらすみれ役で出演。

三谷幸喜の作品に複数回出演しており、公私ともに親交がある。

弟の清水イチロウは高山で喫茶店を経営するほか、細野晴臣をモノマネするファンで、細野のコンサートで姉の矢野顕子モノマネとデュエットした。

歌手や女優をものまねする事が多いため音楽や芝居に広く精通するがスポーツは疎く、野球は「ルールはもとより、役割(ポジション)も全くわからない」と語る。

略歴

実家は高山市内で喫茶店を経営しており、現在は弟が継いでいる。清水も継ぐためにパティシエを志し、何軒かの洋菓子店で修業していたが、その傍らでラジオ番組にネタを投稿しており、短大時代にラジオ番組に投稿したネタが採用されて自信をつける。当時は親からの帰郷指令をごまかしながらアルバイトで働いており、そのアルバイト先デリカテッセンの主人の知り合いが放送作家を募集していたことがきっかけで、1983年10月にラジオ番組『クニ河内のラジオギャグシャッフル』(RKB毎日放送)の構成兼出演者となる。

1986年にライブ活動を始めるとモノマネなどの芸が認められ、1987年にフジテレビの新人発掘番組『冗談画報』に出演したのちに『森田一義アワー 笑っていいとも!』に出演して知名度を上げる。ラジオ番組の台本・構成をともに手掛けていたディレクターの坂田幸臣(ゆきのぶ)とこの年に結婚して1988年に長女を出産した。

実際に会ったファンから「テレビで見るよりキレイですね。ブスキャラでやっていくことないですよ」と言われた。大久保佳代子から清水の家に多くのブスが集まるとの理由で「ブス村の村長」と呼ばれている。

吉本興業主催のピン芸コンクール『R-1ぐらんぷり』の審査員を6回務めている。


 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。