CLOSE

CLOSE

ジャンル別公演チケット

エリア別公演チケット

条件別公演チケット

HOME > x-BLADE

x-BLADE

x-BLADE



※本ページは、人物/団体の名前でWikipedia、Google画像、YouTube検索等を行い、
その結果を自動的に取得・表示しています。


 

Wikipedia

XBLADE』(クロスブレイド)は、イダタツヒコ(原作)、士貴智志(漫画)による日本の漫画作品。『月刊少年シリウス』(講談社)にて2007年1月号から2013年10月号まで連載。

イダの作品『BLADE』の続編にあたる。同作品の4年後の東京を舞台とするバトルアクションであり、メインキャラクターは同作とは異なるものの、重要登場人物の中には同作のキャラクターも含まれている。

あらすじ

4年前、東京上空から膨大な質量の「何か」が落下し、東京23区の半ばが壊滅した。その原因不明の未曽有の大災厄から唯一救出されたのが主人公・杜咲春海(以下、「ハル」という)である。大災厄から4年後、高校生のハルは偶然ある事件に巻き込まれたことから目醒めずの化性応身刀・真名を手にする。ハルが真名を手にしたことで真名は覚醒し、人の姿になってハルの前に現れる。やがて2人は、それぞれの目的のために生死をかけた激しい戦いの日々に身を置いていくことになる。

舞台設定

物語の舞台は、東京およびその近郊地域で進行する。4年前の東京大災厄により東京23区は壊滅状態にあるため、首都機能は茨城県の中心部に移転されている。新国会議事堂も茨城県に設置されている(形は実際のものと同じ)。茨城県土浦市が新都心となっている。

登場人物

主人公ら

杜咲 春海(もりさき はるみ)
この物語の主人公。(男女どちらにもとれる名前だが)男性。4年前の大災厄で「東京第十三区」から救出された唯一の人物。この大災厄により家族を失い、現在は一人暮らしをしている。高校生。周囲からは「ハル」と呼ばれている。額の傷は家族を失ったときにできたものである。
本来、化性応身刀は使い手のみにしか反応しないにもかかわらず、初めて真名を手にしたときに真名を覚醒させる。真名が覚醒したのは、原因はまだ明らかになっていないが、ハルの中に真名の使い手である空士朗がいるためである。ハルは「刀」から現れた少女・真名に一目惚れをする。
小学校までは幼馴染であるカズナリとともに御嶽伴成に剣道を習っていたが、ハルは途中で止めてしまっている。ただ、その後クリスに完膚なきまでに叩きのめされたことから、改めて御嶽伴成に師事し古流剣術(示現流)を習い始める。
非常に動体視力が良く、街のチンピラ程度の攻撃はスローモーションのように全部見えるとのこと。発射された銃弾自体は見えないものの、発射の瞬間と方向を見極めることで銃弾をかわしたことがある。
東京第十三区にいるときに起きた出来事に囚われており、真名と出会ったことで真名とともに東京第十三区に向かうことを決意する。
勉強はできない。バカである。
真名(まな)

 

取扱中の公演・チケット情報

現在取り扱い中の公演はありません。