お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
シアティ エンタメファンのアプリ

PICKUP 

鍵田真由美・佐藤浩希・中島千絵


キメ画像1

『フラメンコ曽根崎心中』のARTE Y SOLERA舞踊団がおくる新作

ジャンルの垣根を越えた様々な音楽と踊りが融合された、まったく新しい次元のフラメンコ

代表作『フラメンコ曽根崎心中』など、常に新しいフラメンコの可能性に挑戦し続けている、鍵田真由美と佐藤浩希率いるARTE Y SOLERAフラメンコ舞踊団。新作『infinito〜無限〜』では、中島千絵を音楽監督に迎え、ヴォーカル、和楽器、洋楽器と踊りとのコラボレーションが魅力だ。しかし、単なるコラボレーションではない、深い共通のテーマがあった。


インタビュー写真

――― フラメンコのイメージといえば、ラテン的なリズムと明るさを持ったイメージを抱くが、その本質はまったく違ったものだという。

佐藤「フラメンコの本質は生と死を基本的な題材にしています。貧困にあえぐジプシーが状況を受け入れて、苦しさを乗り越えるというところからできた踊り。ラテンの持つ楽しく明るいイメージではなく、苦しみや怒りのようなものを抱えながら乗り越えていく、そんな死と向き合うギリギリを越えようとする情熱。それを表現することにフラメンコの一番の魅力を感じています。
 今回は“無限”というテーマですが、様々な関係が希薄になっているような世の中で、生命の強さとか永遠について考える機会になればいいなと思っています。」

インタビュー写真

――― 音楽では三味線や和太鼓などの和楽器にパーカッションやバイオリンなどの洋楽器、そして3人のヴォーカルを加え、まさに音楽の垣根を超えた共演となる。

鍵田「2012年『赤い蝋燭と人魚』のときに初めて中島さんとご一緒したのですが、佐藤が直感的に作っていくのに対して、それに臆することなくついて来てくれて、二人とも音を上げずに意見を出し合って創作していました。飲みながら色々と話したりね。そっちの方が多いかな(笑)。でも、そうやっていろいろな話をしていったことが、今回の創作で、必要以上のことを言わなくても分かり合える関係につながっている」

佐藤「とにかく音楽が素晴らしい!奄美大島民謡を歌う里アンナさんは彼女にしか出せない声だし、三味線や和太鼓など日本独特の音から洋楽器まで、すべてが一流のアーティストたちの手で作られていて、まさに本物の音楽。いつも音楽を聴かされるたびに、完成度が高すぎて絶望的な気分になります(笑)」

中島「ありがとうございます(笑)。テーマを聞いた時から“無限”ってどういうことだろうって頭の中で考えて、あとは佐藤さんからいただいたメモに書かれているキーワードについて考えています。いつも佐藤さんの頭の中を覗いている感じ。“無限”とは何か?“生きる”とはどういうことか?みたいな。だから私が創っているというより作品を紐解いているような感じです。もしかしてこういうことなのか!って、妄想したりしながら音を当てはめていくのはとても楽しいです」

インタビュー写真

――― 音楽と踊りの真のコラボレーション。それは一流のアーティスト達の表現が融合された今までにない世界だ。

佐藤「『曽根崎心中』でフラメンコの新しい形のひとつは示せたのかなと思います。今回はジャンルの垣根を越えた音楽舞踊劇とも呼べるまったく新しいフラメンコで、いや、もうフラメンコじゃないって言ってしまえるくらいかも」

鍵田「たしかに、お花をつけて踊るようないわゆる誰もが知っているフラメンコのナンバーはありません。でも、基本のリズムなどフラメンコの大事な部分がちゃんとあって、その大事なエッセンスを抽出して音楽や言葉を作っている。だから、踊っている側の感覚からすると、どんなに違う衣装を身にまとっても、音楽を聴いて地に立てば、より一層フラメンコを踊っているという感覚になります」

佐藤「そういう意味で、様々なジャンルの音楽と踊りが高いレベルで融合した新しい形を提示したいと思います。音楽ファンも楽しめるし、フラメンコ好きも楽しめる、一方でフラメンコの基本のエッセンスがちゃんとあるので、フラメンコ初心者にも来てほしい。自分は福祉の経験があるけど、そういった社会活動も芸術が果たす大きな役割だと思っています。それが今回のテーマにもつながっている」

中島「私は音楽ということからいうと、やはり和楽器と洋楽器と歌の融合が魅力です。演奏しているのが私達だとやっぱり日本人の音になる。日本人にしか出せない音楽を世界に向けたいですね」

鍵田「音と一体となるようにダンサーたちが必死に踊ります。皆で一体となった世界観を作るために。だから、お客さんも感動してくれるとかではなく、この世界に浸って一緒に参加しているような気持ちになってもらえたら嬉しい。そういう舞台になる予感がしています」


(取材・文&撮影:菅原康太)

キメ画像2

PROFILE

鍵田真由美(かぎた・まゆみ)のプロフィール画像

● 鍵田真由美(かぎた・まゆみ)
傑出した身体性と表現力で独自の世界を舞い描くフラメンコ舞踊家・振付家。1990年河上鈴子スペイン舞踊新人賞、1997年ヨコハマ・コンヘティション最優秀賞および神奈川県知事賞を受賞。1995年鍵田真由美フラメンコ舞踊団(現アルテ イ ソレラ)を結成。 2001年初演の「FLAMENCO曽根崎心中」で文化庁 芸術祭舞踊部門優秀賞を受賞、2004年「ARTE Y SOLERA 歓喜」で文化庁芸術祭大賞を受賞。2006年には Newsweek日本版の「世界が尊敬する日本人100」に選ばれた。本場スペインでも世界的なフェスティバル・デ・ヘレスに招かれるなと、国内外で多大な絶賛を受けている。

佐藤浩希(さとう・ひろき)のプロフィール画像

● 佐藤浩希(さとう・ひろき)
福祉での経験を活かし、優れた感性と自由な精神でフラメンコの新たな可能性を追求する舞踊家・振付家。1992 年より鍵田真由美に師事。1996 年河上鈴子スペイン舞踊新人賞および日本フラメンコ協会新人公演 特別奨励賞、1997 年ヨコハマ・コンペティション最優秀賞、神奈川県知事賞、2001 年文化庁芸術祭優秀賞、 2004 年文化庁芸術祭大賞など受賞多数。 「FLAMENCO 曽根崎心中」「愛こそすべて」「道成寺」等、オリシナリティ溢れる数々の作品を発表。今井翼ソロ公演のフラメンコ振付、NHKの「ニュー・イヤー・オペラコンサート」の振付など、多方面で才能を発揮している。

中島千絵(なかじま・ちえ)のプロフィール画像

● 中島千絵(なかじま・ちえ)
東京芸術大学音楽学部・作曲科卒業。
作曲家・シンガーソングライターとして楽曲制作、ライブ活動を行うほか舞台音楽の作曲なども手がける。2012年渡英。2年間のロンドン滞在中には、振付家や美術作家などとのコラボレーション作品を発表。パフォーマーとしての顔ももつ。

公演情報

「infinito 〜無限〜」のチラシ画像

アルテイソレラ
infinito 〜無限〜


2015年11月26日 (木) 〜2015年11月27日 (金)
日本橋公会堂
HP:公演ホームページ

13名限定!S席6,800円 → 5,500円さらに2,500Pゲット!(11/24 19時30分〜ポイントUP中!)

詳細はこちら

「infinito 〜無限〜」のチラシ画像

アルテイソレラ
infinito 〜無限〜


2015年11月26日 (木) 〜2015年11月27日 (金)
日本橋公会堂
HP:公演ホームページ

S席(前売):6,800円
A席(前売):5,000円(税込)

詳細はこちら