お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

facebok公式ページへ Twitter公式アカウントへ LINE公式アカウントへ
Confetti Streaming Theater 配信視聴チケット大好評発売中!遂にギフティング機能も追加!

PICKUP

桐生麻耶・舞美りら


キメ画像1

再生回数220万回超のウルトラヒットボカロ曲が舞台化!

ニコニコ動画×OSK日本歌劇団。奇跡のコラボレーションを目撃せよ!

90余年の歴史を誇り、宝塚歌劇団・松竹歌劇団(SKD)と並ぶ三大少女歌劇のひとつとして親しまれるOSK日本歌劇団。そして、ネット世代のニューエイジカルチャーとして知られるニコニコ動画。異色のコラボレーションで早くも話題沸騰なのが、OSK日本歌劇団による『カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜』だ。若者の心をとらえて離さないボカロ曲がミュージカルになったらどうなるのか…? 日本の少女歌劇を牽引してきた老舗劇団の驚きの挑戦に直撃した。


インタビュー写真

超高速の難曲に、OSK日本歌劇団が挑む!

――― 本作は、ニコニコ動画内の再生回数が220万回以上を記録した大ヒット曲『カンタレラ』、『パラジクロロベンゼン』『サンドリヨン』がモチーフとなっている。しかし、ボカロ曲と言えば、超高速・超変調が特徴。いわゆる壮大優美な歌劇の音楽とは一線を画している。OSK日本歌劇団が誇るスター・桐生麻耶も驚きを率直に語る。

桐生「最初に曲を聴いたときは、もう速すぎて。特に『パラジクロロベンゼン』は訳がわからなかった(笑)。あれはボーカロイドだから出せる声。でも、この曲のファンのみなさんはこのテンポで親しんでいらっしゃるのだから、私たちもそこに合わせていかないといけない。今はまだ生身の人間が歌ったらどうなるのか、まったく想像もつきません」

――― 娘役・舞美りらもボカロ曲独特の歌唱に衝撃を受けた。

舞美「先日、歌唱チェックで一部をアカペラで歌ったんですね。でも、先生から“もっと早く歌える?”って何度もオーダーをされてしまって(笑)。OSK史上にない速さの曲。これを全員で歌うとどうなるのか、とても楽しみです」

――― ボカロ曲は、機械ゆえにブレスのポイントも少ない。また畳みかけるようなテンポの速さが特徴だ。桐生らにとっては、これまで培ってきた歌唱テクニックや持ち味を敢えて手放し、新しい一面を見せる舞台となりそうだ。

舞美「歌詞も印象的なフレーズが多くて、人間の裏側に潜んだドロドロした部分をストレートに描いている。だから一層メロディもガツンと来るんですよね。それを単に歌うだけではなくて、私が演じるルクレツィアとしてお客様に届けなくちゃいけない。挑戦だけど、とてもワクワクしています」

桐生「今まで2回上演されていますが、敢えて過去のものは観ないようにしているんです。私たちの『カンタレラ』をつくっていければ」

インタビュー写真

少女歌劇だから再現できる妖しくも美しい世界観。

――― 舞台は、15世紀末のローマ。悪名高き法王の一族・ボルジア家の兄妹の道ならぬ愛が悲劇を招く。兄・チェーザレを桐生、妹・ルクレツィアを舞美が演じる。

桐生「チェーザレは冷酷残忍な男のイメージでしたが、台本を読んでみると意外にもナチュラルで温和な部分も描かれていました。人はみな両面を持っているもの。その中でどうインパクトを与えるか。今考えているのは、とにかくいい男でありたいということ。私の思ういい男は、どこか危ないと頭でわかっていながらも心が惹かれてしまうような男。人って、温和なものよりも危険な香りのするものに惹かれてしまうところってあるじゃないですか。特に今回は2時間半の長編。私もこれだけの尺のお芝居に挑戦するのは初めてです。お客様も、演じる私も、飽きないような役づくりをしなくちゃいけない。世の中が思うチェーザレ像と、演出の上島(雪夫)先生とつくるチェーザレがうまく噛み合えばいいなと思っています」

舞美「この時代は一見華やかに見えて、見えないところでドロドロした世界。その中にいながらも、純粋無垢で真っ白な少女を演じられたらと思っています。上島先生は“一見白く見える中に一点の毒がある”少女とおっしゃっていました。その言葉にハッとして。そんな少女がチェーザレと関わっていくうちに葛藤しながらも強い女性へと成長していく。その成長をお客様に見ていただけたらと思っています」

――― ニコニコミュージカルとして過去2回上演された人気作。それをOSK日本歌劇団が演じることで、どんな新たな魅力が加わるのだろうか。

舞美「『カンタレラ』は漫画化もされているのですが(氷栗優・作『カンタレラ』)、そういう意味では私たちが演じることで漫画から飛び出てきた人のように思っていただけるのではないでしょうか。特に女性が男役を演じることで、女性のお客様が“こういう人に抱きしめられたら”と思うような理想の男性像を見せられると思います」

桐生「あとはやっぱりOSKの魅力と言えばダンス。特に全員で群舞を踊るときの熱量は、私たちの大きな強みです。先日、『Crystal passion〜情熱の結晶〜』の東京公演を上島先生にご覧いただいたのですが、“これだけ踊れるなら踊らせないともったいない”とおっしゃっていただいて。“僕の振りは速いよ”と脅かされてしまい、今から恐ろしいのですが(笑)、上島先生もそれだけOSKならではというところを見せようと考えてくださっているので、しっかりお稽古してついていきたいと思います」

インタビュー写真

ニコニコ×OSKの文化交流が、未知なる感動を生み出す。

――― 本作の出演にあたって、生まれて初めてニコニコ動画を視聴したという桐生と舞美。エンターテイメントの第一線で活躍するふたりも、ネット世代の心を掴む楽曲の魅力を感じたようだ。

桐生「私の世代では、カセットテープをテレビに近づけて録音して聴いていた。そんなふうに今の若い方たちはボーカロイドに何か夢を託して楽しんでいるんだなと感じました。まだまだ未知の世界ですけど、稽古を通して、何がユーザーの心を虜にしているのかもっと知っていけたら」

舞美「初めてボーカロイドというものにふれてみて、私たちが子どもの頃に遊んだ着せ替え人形の未来形なのかなと思ったんです。自分の描く理想がボーカロイドとなって画面の中で動いて歌っている。そう考えると、その気持ちは私もすごく共感できますね」

インタビュー写真

――― ふたりが新しい扉を開いたように、ぜひ舞台を観たことがないというニコニコユーザーもこの機会に劇場に足を運んでみてほしい。ルネサンス後期の華やかな世界観は、OSK日本歌劇団の得意とするところ。豪華絢爛な舞台美術、繊細にしてゴージャスな衣裳で観る者を楽しませてくれるはずだ。

桐生「きっと好きな方は何千回何毎回聴いても飽きない楽曲だと思うんです。そんな方たちの脳内で描かれている『カンタレラ』に負けないようにとは考えていません。それよりも生身の人間だから出せる雰囲気で心に届けばいいのかな、と。“こんなのは『カンタレラ』じゃない!”とガッカリさせることはないように、だけど単なる真似でもない、ギリギリのところに挑戦していければ。前2作をご覧になった方も、“前に観たからいいや”ではなく、OSKと上島さんが組んだらどんな化学反応が起きるかをぜひ目撃しに来てほしいです」

舞美「こんなにも素敵な楽曲を、私たちが生で歌って踊ることで、一層素敵な形にしてお届けできればいいなって思います。どんなきっかけでもいいので、この作品を通して一人でも多くの方にOSKに興味を持っていただければ嬉しいですね」


(取材・文&撮影:横川良明)

キメ画像2

PROFILE

桐生 麻耶(きりゅう・あさや)のプロフィール画像

● 桐生 麻耶(きりゅう・あさや)
OSK日本歌劇団男役スター。175cmの長身、抜群のスタイルと共に、アクロバティックなレビューをこなすダンス力と、シリアスからコメディまで自在に演じ切る演技力で長年に渡ってOSK人気を支える。

舞美 りら(まいみ・りら)のプロフィール画像

● 舞美 りら(まいみ・りら)
2010年、大阪松竹座『レビュー春のおどり』で初舞台を踏む。14年、『開演ベルは殺しのあとに〜刑事X 華麗なる事件簿〜』『プリメール王国物語〜愛の奇蹟〜』で連続してヒロインを務めるなど、今、最も今後の活躍が期待される娘役のひとり。

● OSK日本歌劇団
1922年、松竹楽劇部として結成。先行して発足されていた宝塚少女歌劇団と並び、「歌の宝塚、ダンスのOSK」と称されるほどの人気で、大阪の伝統文化を牽引。12年には歴代トップスターをはじめとするOBOGから現役、研修生が松竹座に集結し、創立90周年記念『感謝の夕べ〜夢の絆〜』を開催。100周年に向けて、さらなる飛躍を誓った。

公演情報

「カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜 【東京公演】」のチラシ画像

OSK日本歌劇団
カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜 【東京公演】


2016年2月18日 (木) 〜2016年2月21日 (日)
銀座博品館劇場
HP:公演ホームページ

SS席:7,500円
S席:6,000円
A席:4,000円
(全席指定・税込)
※前売りのみのお取り扱いとなります。

詳細はこちら

「カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜 【東京公演】」のチラシ画像

OSK日本歌劇団
カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜 【東京公演】


2016年2月18日 (木) 〜2016年2月21日 (日)
銀座博品館劇場
HP:公演ホームページ

12名限定!SS席7,500円 → 6,000円さらに2,000Pゲット!(2/12 17時00分〜ポイントUP中!)

詳細はこちら

「カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜 【大阪公演】」のチラシ画像

OSK日本歌劇団
カンタレラ2016〜愛と裏切りの毒薬〜 【大阪公演】


2016年1月30日 (土) 〜2016年2月7日 (日)
ナレッジシアター
HP:公演ホームページ

SS席:7,500円+100Pゲット!(12/25 17時50分〜ポイントUP中!
S席:6,000円+100Pゲット!(12/25 17時50分〜ポイントUP中!
A席:4,000円
(全席指定・税込)
※前売りのみのお取り扱いとなります。

詳細はこちら