お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケッツトゥデイ3周年

PICKUP

崖っぷちウォリアーズ


キメ画像1

熱くて、おバカで、ハートフル

シェアハウスを舞台に繰り広げられるラブシチュエーションコメディ

様々な人間ドラマを上演してきた劇団『崖っぷちウォリアーズ』。第5回目となる最新作はラブシチュエーションコメディに決定!団員の谷川功が初演出に挑戦することで気合いが入る本作では、脚本にWAHAHA本舗の我善導、総合監修スーパーアドバイザーに『TRICK』や『民王』などを手掛けた木村☺ひさしが参加で更に注目が集まる。まさに作品のスタートとも言える稽古初日に行われた爆笑インタビューをお届けする。


インタビュー写真

お客様に笑顔で帰って貰いたい

すがお「“熱くて おバカで ハートフル”というテーマは、谷川が劇団に所属した2016年に方向性として決めまして、今回で5回目になります。終わった後にお客様に笑顔で帰って貰いたいという想いが強くて、今回はコメディの作品を作ろうとはじまりました」

――― 毎公演、演出家、脚本家を変えた作品創りをされていらっしゃいますが、今回のスタッフ陣もまた最強な方々が揃いました。

谷川「そうですね!我さんには5回目の脚本を以前からお願いしていました。そこにすがおさんがシェアハウスのお話がやりたいと言う所から、この作品が生まれて」

すがお「こんな登場人物がいたら面白いとか、3人で組み立てて行った感じです」

木村「僕の作業はこれからですが(笑)本読みを見せていただいて、キャラをあて書きしたんじゃないかと思うくらいキャラが立っていました。僕はもう何も言わなくていいんじゃないかなって。あとは観た人が帰る時に忘れているようなくだらない事を足していけばいいのかな、心に残らない笑いを僕は担当できたらいいなと」(全員爆笑)

谷川「僕は木村監督作品の映像や舞台でご一緒させて頂いていて15年くらいのお付き合いになりますが、もう稽古が楽しみで」

木村「言い方は悪いですが、谷川さんが今更劇団員になると聞いて、どうしちゃったんだろうと」

谷川「(爆笑)」

木村「これだけキャリアを重ねてきた2人が劇団としてやるということは面白いと思って観ていたところに声をかけて頂いたので、時間が許す限り一緒にやってみたいと思いました」

すがお・谷川「ありがとうございます!」


――― 知り合いだからこそ、見守りつつ色々な試みも?

木村「今回演出をなさるので、敬語を使わないといけないのかなと」

谷川「いやいやいや!!そんなことはないです!!」


インタビュー写真

面白くできるんだったら何でもありだと思っている

――― 本作では谷川さんが初演出に挑戦するそうですね。

谷川「はい!長編は初めて演出させていただくので、自分が信頼している木村監督に助言を頂きたく来ていただいたという事です」

木村「初めはびっくりしました」

すがお「谷川が演出をやりたいと言い出したすぐに、やっぱり不安なんで木村さん呼びますって。ええ?まず来てくれるの?て驚きました」

谷川「不安って言うと、マイナスイメージがついちゃうから!(笑)初演出なんで保険みたいな?自分が持っているもの全てをかけて演出したいと思っていますが、もっと面白くできるんだったら俺は何でもありだと思っているんです。自分ひとりでやるこだわりはなく、良くなるなら何でも受け入れたいという考えですね」

木村「それを採用するかどうかは谷川先生次第ですね」(全員爆笑)

谷川「いやいやいや!!(恐縮)」

――― この作品はどんなお話になりそうですか?

すがお「シェアハウスが舞台になっていまして、主演の櫻井さん演じるヒサコは、失踪した恋人を待ちシェアハウスに住み続けている健気な女性です。そんな純情なヒサコに対して、色々仕掛けようとする同居人たちがいて、彼女の幸せを願う者、利用しようと仕掛ける者、真実を知る者など、彼女を中心に個性的な人間が集うラブコメディです」

――― 櫻井さんは初主演ですね。

櫻井「はい、舞台2作目にして主演をさせていただきます。1作目の舞台は劇場も狭く声を張らない静かな作品でしたが、今回はコメディでキャストも多くガヤガヤしている舞台は初めてなので、とても緊張しています。しかも主演をやらせていただきます。周りに負けないようにしっかり自分を出していきたいです」

谷川「とても美しいヒロインです!櫻井さんの役どころとしては、周りに賑やかなキャラでワチャワチャさせて、その中で周りが振り回そうとしても振り回されない、筋の通った芯のある軸の存在でいてもらえたらなと思っています」

櫻井「動じない性格で、ヒサコさんは誰にでも好かれるような優しい雰囲気を持ったシェアハウス一番の華の存在でいようと思っています」

谷川「泥の中にいる蓮のようなイメージ?」

すがお「俺、ひまわりのイメージだった」

櫻井「基本的には穏やかであろうと思っています。座長という立場で不安はありますが」

すがお「ベテランの役者さんもいらっしゃり、みんながいるのでサポートは大丈夫です!」

谷川「とても信頼している方々に出演していただているので、みんなで盛り上げていけたら」


インタビュー写真

僕がシェアハウスにいたら毎晩リビングで飲み会を開いて怒られそう

――― とても個性的な13人のキャストがいらっしゃいますが、稽古をしていて気になった方はいらっしゃいますか?

谷川「もちろん以前から共演している方や杉本美保さん、大見遥さんはもともと面白いのはわかっていて、そこはもう安心しています。菅原貴志さんはコメディ担当で普通のセリフも面白いです」

すがお「西山康平くんはチャラい男役が合っていて面白いと思う。新たにご出演していただく方で言えば、山地まりさんが演じるキャラは面白いですね!」

谷川「はじめから挑戦してくださっていて、どんどん進化しそうです!」

――― シェアハウスは最近話題になっていますが、どなたか経験されていたりします?

すがお「女性限定でしたけど、取材に行かせていただきました」

谷川「見学して生活のお話しを色々聞いて参考にさせていただきました。一番感じたのは、シェアハウスに住んでいる方々の空気が、普通の家とは全く違っていましたね。色々なシェアハウスがあるので、この作品に落とし込んでいけたら。実際にシェアハウスに住んでいる方が観に来ても納得できるような作品にしたいですね」

――― 櫻井さんはシェアハウスにどんなイメージを持っていますか?

櫻井「シェアハウスでは生活した事はありませんが、仲はいいけれど家にいる時はずっと気を遣っているイメージがありました。でも台本を読んで家族に近い関係だなぁと。そういう家族みたいな雰囲気も出していけたらと思いました」

木村「僕は全く経験がないですね。僕がシェアハウスにいたら毎晩リビングで飲み会を開いて怒られるんだろうな」(全員爆笑)

谷川「仲間内で借りるのと、知らない人が集まっているシェアハウスは全然違うと思うんです。このお話では職業はバラバラな方々が住んでいる設定なので色んな個性が集まる場所として考えています」

すがお「色々クセのある住人がいたりします」

谷川「調べたら、女性限定はあっても男性限定はないみたいで。平気な人は男女で共存できるそうです」


インタビュー写真

公演チラシは結婚を意識したものになっている。女心を男性がどう描くのか?

すがお「実際そういう女性側の心情がストーリーにも含まれていまして、もちろん妄想も入っていますが(笑)、女性キャストも多いので意見をもらって、よりよくできたらいいですよね」

谷川「女性に演じていただくので、僕が指示するというよりは、その人から出てくるものを大切にしていけたらいい感じになるのかな」

――― 櫻井さん的には男性の妄想がいっぱい知れそうですね。

櫻井「そうでうすね、なるほど…と(ニヤリ)」

谷川「ええ!違ったら言ってね!」(全員爆笑)

――― 木村さん的な見どころは?

木村「劇中集まっている人たちで、小学生的に言うとお楽しみ会をやろうというシチュエーションがあり、その中でバツイチの人が2人いて、『バツイチあるある漫才』をするシーンがあるのですが、僕もバツイチなので、そこは僕のネタを提供したいなと思っています」

すがお・谷川「え!バツイチなんですか!?言っても大丈夫ですか!?」

木村「大丈夫。いまここに出ている人たちの設定で僕が協力できる一番はそこですね!」(全員爆笑)

谷川「木村さんのバツイチあるあるが聞ける!」

――― リップサービスありがとうございます!そして日替わりゲストの方々も素敵なメンバーが揃っています。

谷川「本当に大好きな方にお願いして出演していただきます!二○周年(祝)さんはバンドなのでライブをしていただいたり、色々考えていますので楽しみにしていてください」

すがお「本当にお客様に楽しんでいただくことを最優先に考えてやっていきたいですね」

――― では最後にメッセージをお願いいたします。

すがお「いつもそうですが、崖っぷちウォリアーズの中で今回を一番面白くしたいと思っています。作品作りでは谷川が演出し、木村監督からアドバイスをいただいて、もっと面白いものをと稽古で考えながら作品を作りますので、是非劇場まで足を運んでください!待っています」

谷川「作る過程では全力で命をかけてやっていきたいと思っています。バカなことをやってるなって思ってくれれたらうれしいです。気負わずにいらしてくだされば何も考えずに楽しめると思います」

櫻井「このキャストでしかできないことを全力で楽しくやっていきたいと思うので、観に来ていただいた方にはそれを感じてもらって、笑顔で帰っていただけたらいいなと思いますので、是非観にきて欲しいです」

木村「シェアハウスに集まっている人たちは、たぶんみんな何かしら足りない人達が集まっていて、おのおのみんな足りないから物事が進んでいくみたいな、そんな感じなのかなと思っています。そんな素晴らし舞台を谷川さんが演出してくれるのではないかと。それをみんなで楽しんでもらえたらと思います」

谷川「下げたのに上がった!(苦笑)」


(取材・文&撮影:谷中理音)


キメ画像2

PROFILE

櫻井麻七(さくらい・まな)のプロフィール画像

● 櫻井麻七(さくらい・まな)
1992年9月15日生まれ、山口県出身。ドラマ、舞台で活躍中。代表作として、『電脳戦士ライオット』ヒロイン西条楓役、舞台『骨風』など。舞台では本作で初の主演を務める。

谷川功(たにかわ・こう)のプロフィール画像

● 谷川功(たにかわ・こう)
1982年7月6日生まれ、愛知県出身。2002年に堤幸彦監督映画に抜擢され活動の拠点を東京へ移し、以降は多数の映画やドラマ、CM、舞台などで幅広く活躍中。2015年より劇団崖っぷちウォリアーズへ入団。2016年には、同劇団にて脚本家デビュー。2017年、ワハハ本舗の我善導、崖っぷちウォリアーズのすがおゆうじと共に新ユニット「Wa×Ta×Su」を結成。

すがおゆうじのプロフィール画像

● すがおゆうじ
1980年 3月 19日生まれ、神奈川県出身。2009年から解散まで東京セレソンデラックスに在籍。ドラマや舞台を中心に活躍中。2013年に劇団「崖っぷちウォリアーズ」を旗揚げ。2017年にワハハ本舗の我善導、谷川功と共に新ユニット「Wa×Ta×Su」を結成。代表作に、NHK大河ドラマ『平清盛』などがある。

木村☺ひさし(きむら・ひさし)のプロフィール画像

● 木村☺ひさし(きむら・ひさし)
東京都出身。数々の名作ドラマ、有名映画で演出、監督を務める。代表作として『TRICK』シリーズ、ドラマ『民王』、『金田一少年の事件』シリーズ、ドラマ『A LIFE〜愛しき人〜』、ドラマ「99.9season2」、ドラマ「警部補矢部謙三」、劇場版『ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL』など、多数の話題作に関わる。

公演情報

「『ゼッタイ、幸せになってやる!』」のチラシ画像

崖っぷちウォリアーズ 第五回公演
『ゼッタイ、幸せになってやる!』


2018年1月24日 (水) 〜2018年1月28日 (日)
劇場MOMO
HP:公演ホームページ

前売:4,000円
(全席自由・税込)

詳細はこちら

「『ゼッタイ、幸せになってやる!』」のチラシ画像

崖っぷちウォリアーズ 第五回公演
『ゼッタイ、幸せになってやる!』


2018年1月24日 (水) 〜2018年1月28日 (日)
劇場MOMO
HP:公演ホームページ

22名限定!4,000円(全席自由・税込) → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに1,500Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で500Pゲット!(1/23 17時25分更新)

詳細はこちら