お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティウェブ12周年

PICKUP

ACTOR'S TRASH ASSH


キメ画像1

過去と現在、2つの時代を駆け巡る!

「白狐丸」シリーズ最新作は、新たな挑戦が詰まった作品に

「ネオフィクションエンターテインメント」としてアクション時代劇を中心に多くの作品を発表し続けている松多壱岱率いるACTOR'S TRASH “ASSH”(アクターズトラッシュ アッシュ)。昨年、劇団旗揚げ15周年を迎えさらに進化中だ。この程「Annex」を立ち上げ、その記念すべき第一弾としてASSH作品の中でも人気が高い『白狐丸』シリーズ最新作が上演される。物語は過去と現在を同時進行で描き、2つの時代を個性豊かなキャラクターたちが駆け抜ける。


インタビュー写真

劇団は結成15年、メンバーを中心にして小劇場で新作を作り続けるシリーズに

――― 「Annex」のコンセプトは?

松多「僕の新作書き下ろしを小劇場で創り上げる新シリーズです。オーディションを必ず行い、新しい出会いも求めていく企画になります。現在オリジナル作品を上演する機会が少なく実験的なことがなかなかできなくなってきました。劇団も結成から15年経ちましたので、メンバーを中心にして小劇場で新作を作り続けるシリーズにしようかなと。作品は時代物にこだわらず現代物までやりたいと思っています。コンセプトの一つとしてオーディションを必ず行うということがあります。やはり新しい人に出会いたいという気持ちはいつもありますよね。今作はアンサンブルでいつも出てもらっている方に役を付けたり、小劇場ですとそういうトライもできます。
「白狐丸」シリーズは4作目ですが、2011年以来、劇団公演としてこのシリーズをやるのはとても久しぶりになります。小栗くんに白狐丸をやってもらいたくて」

小栗「舞台『刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ』がASSHに入って初めて出演した作品でした。とても思い入れが強くて、その時から白狐丸はずっと演じたいと思っていて、壱岱さんも僕でいつかやろうと言ってくださって。今回ようやく実現します」


魅力的なキャストが集結!「繋いできたものをしっかりと表現していけたら」

松多「今回ステージが狭いのであまり大暴れができませんが、見せるところはきちんと見せていきたいと思っています。(小栗)諒君は、役者になった時がとても魅力的で着物とか歌舞いた世界が合っていて僕の世界観にとても合う役者さんだなぁと思っています。今回のチラシもとても素敵に仕上がりました。
 瀬戸君は2年ぐらいお仕事をしています。男の子から男になっていく成長を横で見れたイメージがあります。彼にも外道丸をやってほしかった。彼はとても真面目なので、それゆえにそのままボケた感じになったら面白いんじゃないかなと、とても真剣に役を作る役者さんです。
 そして今回初めて参加してもらうのが廣野君。ある作品でとても目立っていて華があって、話していても骨があり今回の役がぴったり、とても期待しています。そしてヒロヤはここ数年でASSHの作品で重要な役を演じてもらっています。この作品でさらにASSHの看板役者として一皮剥けてもらえたら。今作では陰陽師・土御門元徳を演じます。悪役をやるととても輝くところがあるので、今回は最強の悪役に挑戦します」

インタビュー写真

小栗「白狐丸はずっとシリーズが続いている役で繋がっているので、そこから外れたものは絶対できません。だからといって全部まね事にしてしまっても良くないので自分らしさを出しながら作っていけたら。座長の立場ですし、繋いできたものをしっかりと表現していきたいです」

瀬戸「やるからには前作を超えて行きたいと思っています。僕は1年前に『世界は僕のCUBEで作られる』に出演させて頂きASSH公演ということで想い入れがあるので、しっかりと成長した姿を見せたいです。そして外道丸は2刀流です! 刀とサヤの2刀流の経験はありましたが、刀2本は初めて。そこも見所になるのでお楽しみにしてください」

廣野「僕はある少年を演じます。皆さんとお話をしていると熱い方が多くて一緒に出演できると思うとワクワクしています。そんな熱い人と作っていく作品だからこそ成功させたいですし、シリーズだからこその変化や進化していかなければいけないところもあると思っています。僕は殺陣がある芝居が初めてで、最近夜眠れないくらい考え込んだりワクワクしたり(笑)剣の達人という役どころ、とても楽しみです!」

ヒロヤ「ASSHで悪役を演じるのは初めてになります。新キャラクターとして、サンモール劇場だからこそできる何かがあると思っています。このキャラクターが新しいスパイスとなって、白狐丸達をかき回していきたいです」

小栗「本当に楽しみですよね、早く稽古がしたいです」

松多「昔と台本の書き方が変わってきました。前は勢いで描いていることも多くて、去年一年間過去作品を再演して自分の青さに気が付き、ちゃんと構成をやろうと思いました(笑)。今作はそれぞれの挑戦がたくさん詰まった作品になりそうです」


インタビュー写真

劇場はサンモールスタジオ、アクション作品をどうみせていくか

松多「今回、乱戦はあまりなく、一対一で戦うシーンを多めにする予定です」

小栗「そして今回から僕が一人で殺陣をつけます。今まで振り付けをした作品は、とにかく魅せる、魅了する殺陣を作りたいなと思っていましたが、そこに泥臭さも入れて行かないと深みが出ないと思いました。『雷ヶ丘に雪が降る』で主水の付ける意味を持つ殺陣を隣でずっと見て一緒に作っていて、ただ綺麗なだけではいけないと改めて感じて、人を斬るという感情面をしっかりと作れたらと今回は思っています。限られた空間の中で僕が作る魅せる殺陣にこだわっていけたら」

松多「殺陣は深いです。最近殺陣の舞台が増えてきたよね。僕らは先駆けのつもりなので、一歩先に行きたいですね」

瀬戸「『世界は僕のCUBEで造られる・2016』から殺陣がとても好きになりました。当時は全然刀が使えなくて、殺陣ができない状況なのに大剣を振る役をやらせてもらったんです。それができる様になったことで、普通の刀でも軸がぶれなくなって、そうしたら今までできなかった回転しながら斬る技ができる様になり、それから殺陣が楽しくなりました。2刀流で白狐丸と戦うシーンがあるのでとても楽しみです。ASSHさんに出演させて頂いた時に殺陣を学んだので、主水さんと小栗さんは僕にとって殺陣の師匠、やっと戦えると思うと嬉しいです。やり切ります!」

廣野「僕はアクロバットが得意なので、武器は刀らしいですが、それを生かした殺陣があるようです。今時代劇を意識して見るようにしていて、コミックの『バガボンド』を読みはじめました(笑)」

ヒロヤ「陰陽師の殺陣はありますか?」

松多「いま考えています!」

――― 陰陽師というと、美しいイメージのキャラクターを想像しそうですよね

松多「ヒロヤは違うでしょ(全員爆笑)」

小栗「おちょぼ口に麿眉?(笑)」

ヒロヤ「俺のイメージでは野村萬斎さんの陰陽師だった!」

インタビュー写真

――― 陰陽師の闘いはやはり術的なものに?

松多「白狐丸シリーズは、もののけと思われていた人が実は人間だったというベースがあるのであまりファンタジーにはしたくなくて、陰陽師も人間らしい部分は残したいと思っています」

ヒロヤ「見所はいっぱいありそうですね、がんばります」


出演の他に小道具制作も担当するヒロヤ。現場で製作するからこそ、こだわりの刀が生まれる

ヒロヤ「小道具は稽古場で作ります。キャラクターによって形を変えたり色味を変えたり。殺陣によっても作りが違うので相談しながら製作しています」

松多「うちの劇団は殺陣師がとてもこだわるので、今回は小栗ワールドが炸裂するんじゃないかな」

ヒロヤ「今回は小栗くんが担うので、小道具のデザインはどうなるのか楽しみですね」

――― 他に注目のキャラクターは?

松多「門野翔くんが演じる刀鍛冶・吠丸は、良いスパイスになるようなキャラクターで注目です」

小栗「翔くんは、平成エンターテイメント企画ユニット『@emotion』(アットエモーション)という団体の主催もやっていて、僕がそこの作品によく出演させてもらっているので、今回は逆の立場で初めてASSHに参加できることをすごく喜んでくれています。一緒の舞台に立つ喜びを分かち合います」

松多「あと団員の花岡芽佳が演じる荼毘(だび)役が面白いと思うのでオススメです、是非チェックしてください」


インタビュー写真

――― では最後にメッセージをお願いします。

ヒロヤ「僕としては2018年一発目の作品で気合いが入っています。 ASSHが新体制になって初の作品、そして挑戦の年でもあると思っていますのでこれを足がかりに良い風を起こしていい波に乗っていけたらと思います。是非いらしてください」

廣野「小劇場でやるからこそお客さんとの距離は近いと思います。大きい会場では見られない細かい動きが映像のように見え、いつもと違う体験ができる舞台だと思っています。僕たちもその作品に伴うように頑張ります!」

瀬戸「4DXみたいに風とかいろんなものが飛んできそう(笑)」

松多「臨場感はすごいと思います」

瀬戸「一部ダブルキャストですがという事もあり、絡みが変わることによって芝居や演出も少し違って来ると思うのでそこをも楽しんで、どちらも観に来ていただきたいです」

小栗「ASSHらしさを出していけたらと思っています。その中でも新体制になったことによって、今までなかったもの、新しくなるものを前面に出して行けたら。みんなが集まってくれたからこそできるものをこの作品にぶつけます。単独の主演をやらせていただくのは初めてになります。第4弾が一番すごいと言ってもらえるように、代表作になる公演にしたいです」

松多「2016年の作品『世界は僕のCUBEで作られる』で僕らはサンモールの年間最優秀団体賞をいただいて、その経緯でサンモールスタジオで上演します。受賞した後の団体公演として勝負をかけたいと思って考えたのが新作でやること、そして白狐丸の新作を書くことだったんですね。『CUBE』を越える作品に、新作を書くという勝負もあります。あの空間をいかにして埋め尽くすか、そしてどう伝えていくかということを考えてお届けしたいです」

――― 尚、本作の上演期間中には小栗の誕生日当日が含まれている。公演中の誕生日は初めての経験とのこと、サプライズはあるのか?人気シリーズ公演のチケットは完売必至、早めに手に入れたい。


(取材・文&撮影:谷中理音)

キメ画像2

PROFILE

小栗諒(おぐり・りょう)のプロフィール画像

● 小栗諒(おぐり・りょう)
1987年3月27日生まれ、静岡県出身。ASSHメンバー。 舞台を中心に活躍中。主な出演作に、舞台「マーカライト・ブルー」、舞台「世界は僕のCUBEで造られる・2016」、舞台「刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ」、舞台「CRAZY SOUND」、舞台「碧のヴォヤージュ」などがある。

瀬戸啓太(せと・けいた)のプロフィール画像

● 瀬戸啓太(せと・けいた)
1994年12月16日生まれ、兵庫県出身。舞台を中心に活躍中。主な出演作に、舞台『弱虫ペダル』シリーズ、『*アプリ男子*DIGITAL☆LOVERS』、『夢舞台 艶が〜る』、舞台「MARKER LIGHT-BLUE」シリーズなど数々の舞台に出演。

廣野凌大(ひろの・りょうた)のプロフィール画像

● 廣野凌大(ひろの・りょうた)
1998年4月28日 生まれ、千葉県出身。舞台を中心に活躍中。代表作として、ハイパープロジェクション演劇 舞台「ハイキュー!!」、 超体感ステージ「キャプテン翼」、舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!-」など人気作品に出演。

ヒロヤのプロフィール画像

● ヒロヤ
11月9日生まれ、東京都八丈島出身。ASSHメンバー。舞台を中心に活躍中。主な出演作として、舞台「マーカライト・ブルー」、舞台『ファントム・チューニング 〜調霊探偵・四十万八十二の事件簿〜 』、『世界は僕のCUBEで造られる・2016」など。カラーコーディネーターなど多数の資格を保持している。

松多壱岱(まつだ・いちだい)のプロフィール画像

● 松多壱岱(まつだ・いちだい)
10月30日生まれ、神奈川県出身。俳優として活動を始め、2002年、ACTOR’S TRASH ASSHを旗揚げ。スタイリッシュで物語性・エンターテイメント性が強い作品を多数発表し人気を得る。 ASSH全作品の脚本・演出を手掛けるほか、「音楽劇ヨルハver1.2」など劇団以外でも活躍中。

公演情報

「君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ」のチラシ画像

君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ

2018年3月24日 (土) 〜2018年4月1日 (日)
サンモールスタジオ
HP:公演ホームページ

S席:(前方二列)6,300円 A席:4,800円(税込)
※最前列はちび椅子となります

詳細はこちら

「君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ」のチラシ画像

君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ

2018年3月24日 (土) 〜2018年4月1日 (日)
サンモールスタジオ
HP:公演ホームページ

18名限定!A席4,800円 → 【指定席引換券】3,900円さらに200Pゲット!

詳細はこちら