お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

PICKUP

山内ケンジ・岡部たかし


キメ画像1

城山羊の会が『自己紹介読本』をオリジナルキャストで初の再演

山内ケンジ作・演出の舞台を東京・大阪で!

2016年に下北沢の小劇場B1で上演し、連日満席で話題となった『自己紹介読本』が、初演と同じ顔ぶれで、東京・シアタートラムと大阪・ABCホールに場所を変え再演されることが決定した。自身の手掛けた演劇での再演も、東京以外での上演も初めてという作・演出の山内ケンジと、この舞台で中心人物を演じる岡部たかしに話を聞いた。


インタビュー写真

――― 今回は初の再演で、しかもオリジナルキャストそのままで上演するということですね。『トロワグロ』を映画化した『At the terrace テラスにて』でも、キャストは変えられていませんが、その辺りのこだわりは……?

山内「今のところ『トロワグロ』も含め、完全にあてがきをしているので。キャストを変えてやるのも面白いかもしれないけど、なかなか腰が重いところもあって」

――― 岡部さんは、いつも“あてがきをされている”側になる訳ですが。

岡部「あてがきで感じるのは、役が合っているかということよりも、セリフがに違和感がないことですね。いつも山内さんからは『もし言いにくいところがあったら、変えていいからね』って言われるんですけど、しっくりくるセリフなので、ほとんど変えることがないですね」

――― もし他の人のセリフを言ったらどんな感じですか。

岡部「やっぱり、しっくりこないんじゃないですかね」

――― 『自己紹介読本』では岡部さんはどんな役を演じるんでしょうか。

山内「岡ちゃんが主役ですね。ずっと中心人物で、あれだけ中心なのは初めてじゃないですか。というのも、前の『水仙の花』があまりにも無理矢理出したんで」

岡部「それのお詫びみたいなところがあります(笑)。役は謎めいてますよね」

山内「今回、なんで『自己紹介読本』を再演したかっていうと、脚本としての完成度が高いのではないかと思ってるところがありまして。登場人物が謎めいているのも、情報が極力なくて、不条理劇の体裁をとってるからなんです。でもそれでいて、誰にも身近な日常の風景で、もしかして起こりうるって思えるところが、まあ、思えないか。でもその辺りがけっこうよくうまくできた脚本だと思っているのです」

岡部「僕は市役所の職員なんですけど、自己紹介していいですか?って言いながら自己紹介してるというのに、ほとんど情報が書かれていない。俳優は演技をするのによりどころをほしがりますが、そういうものを、書いている山内さん自身も一切わからないまま、稽古が進んでいくという」

山内「自己紹介はしてるんだけど、自分の話よりも、その場で起こったことで会話して、それだけで進めていく話ですからね。90分で暗転もなくて、一幕劇なんですけど、時間が飛んだりもしないんですね。最近は『トロワグロ』も『相談者たち』もそうなんですけど、そういう形のものに凝っていて。そういう形っていうのは、演劇では青年団とかもそうで、珍しくないんだけど、そこには大抵すごく大きな裏のキャラクターとか事情とか関係性があって、その氷山の一角を舞台上で描くことによって、その裏を観客が想像しながらだんだん読み解いていく形式なんですね。
 一方で、別役実さんに代表される不条理劇は裏の関係性はほとんどゼロで、その場で起きてることだけで進んでいって、なんだか想像してもわからないけど面白いみたいなことをやってるんです。僕は最近、後者を基本的にやってるんですが、でもあからさまな不条理劇ではなくて、日常の生活や家庭のリアリティもあって。裏の関係性がぜんぜんわからなくて情報がなくても、その場で進んでいって、瞬間瞬間が面白いという、そういう演劇に最近は凝っています」


インタビュー写真

岡部「特に『自己紹介読本』は、家族とか同僚とかではなく、初めて会った人がその場で同じ時間を過ごしていくのも珍しいというか、難しいことだと思うんですよ」

――― そういう人が出会って情報なしに会話を進めていって、舞台だから最後に何かに向かうということを描くのも難しそうな気がします。

山内「そうですね。情報を提示していないのに、クライマックスみたいなことを作っていきたい訳なんですよ。前提の情報のない中で、90分の演劇の中でクライマックスを作るのには基本的には無理があるはずなんですよ。でも、見てる最中は無理ではなく自然に会話で進めていいって、最後に大団円を作っていくというのも、最近の凝っていることなんです」

――― クライマックスを持ってくるということは、誰かが何かざわつかせることをするとか、そういうことになりますよね。

山内「そこでどうしても性的な要素っていうのが出てくるんですけど、赤の他人が『すみません、自己紹介していいですか』ってところからスタートして、90分でどこまでいけるんだろうかということが、挑戦です。地域社会とか、会社とかっていうのは、うまく物事が進む決まり事とか、人間関係とかを、みんなの知恵で作ってやっていく。それは体裁みたいなもんなんですけど、その体裁をほんのちょっと壊していくということに楽しみを覚えて書いているような気がします」

――― 毎回壊すものは少しずつ違っているんですよね。

山内「キャスティングが違うと、そこで壊し方の切り口は違うと思います」

岡部「山内さんは、箱書きをしないので、はじめから結末が決まっている訳じゃないんですよ。だから稽古の途中では、今のセリフがまさか最後にこう繋がっていくのか、なんてことはわからないままやっていたりするんです。稽古が始まった時点で台本が最後まであるわけではなくて、山内さんが稽古を見ながら少しずつ台本が増えていくんで」

山内「書いてから稽古したいとは思うんですけど、なかなかそうならなくて。半分くらい書いてから稽古をしてどんどん覚えてもらって。稽古場にいって、ああ、この人はこうなったらいいなとかそうやって書いていくんです」

岡部「だから、泣いたり怒ったりするシーンの稽古をやっていても、これがどうなるとわかって泣いているわけじゃないんです。でも、僕らは、後がどうなろうが、この場面を成立させようとしてて。自己紹介するシーンでも、ただただ初めて会った人としゃべっているように、稽古をしています」


インタビュー写真

山内「通常の会話だと、最後にどうなるかなんかわかっていないもので、でも瞬間瞬間がリアルで面白いってあると思うんですよ。舞台には、情報がしっかりしていて、それによって、こうなっていくのかってわかるものもあると思うんですけど、会話自体が情報を伝えるためだけの会話になっているのはあまり好きではないというかね」

岡部「さっきも言いましたけど、俳優って、最後に何があるのかわかってたら安心して演技できるものなんですよ。でも、それに向かって作りすぎると面白くなくなったりします。『自己紹介読本』は、そこをに緊張感をもちながらやっているので、それは俳優としても面白いですね」

――― 実際、私たちの会話も、なにか最後にあることを予感したり、オチを考えながら進めている訳じゃないですもんね。

山内「そうなんです。その連続です。終えようとしても、誰かがまた何か言ってきて終われなくなったりするのはよくあることで」

――― でも、そこを意識せずに向かわせるのはなかなか大変ですね。

山内「今度の再演のキャッチ・コピーには『何もないことを極めた傑作』とあるんですが、本当に見終わったら『これは何の芝居だったんだろう』ということになっているという……(笑)」

――― それでも、後味とか空気とかの記憶は残りそうですよね。

山内「それは強烈に残るでしょうね」

岡部「しかも笑えますしね。それと、本番に入ると、お客さんがどこで笑うかわかってくるので、どうしても狙ってしまうんですけど、狙いに行いったら山内さんに怒らられるんです。前回も『狙いにいくのが、気に食わないんだよね』って(笑)。でも、『自己紹介していいですか』っていう、その場面を想像しただけでなんかもう面白いじゃないですか。だから、山内さんにバレないように狙うというのが、僕らの狙いなんですけどね」

山内「こういう性質の舞台は、情報を追っていくものではなく、ドキュメントみたいなもので、その場でたまたま起こることを観客が目撃していくものなので、俳優は毎回、同じことをやるわけなので、なかなか大変ではあります」


インタビュー写真

岡部「前回は下北沢の小劇場B1でやったんですけど、今回はシアタートラムなので、声の届き方も違ってきそうですよね。声を大きくするつもりはないけど、大きな会場で前回の感じを保たないといけない」

山内「前回の小劇場B1のときは、箱の特徴を生かして舞台を作ったんですけど、今回はシアタートラムとABCホールなので、セットとして一から作らないといけないので、そこが課題ですね。今回は、初めての再演というのと同時に、東京以外での公演も初めてですから」

――― 山内さんは、こうしたお芝居も作られている一方で、CMというある意味万人に向けたものも作っている訳じゃないですか。そこの違いというのはあるんですか?

山内「CMも随分やったけれど、話題にはなっても、隅っこ、端っこでやってきたとは思ってるんですよ。それに、もともとはメジャーなものを、端の方から見て、ちょっとからかってるみたいなところがあるわけで、それは芝居に限らず映画もそうで、結局、自分自身って何なのかと考えると、そういう人なんだと思います」



(取材・文&撮影:西森路代)

キメ画像2

PROFILE

山内ケンジ(やまうち・けんじ) のプロフィール画像

● 山内ケンジ(やまうち・けんじ)
1958年11月2日生まれ。東京都出身。CMディレクター、劇作家、映画監督。広告業界が今と違って華やかな頃、多くのヒットCMを作った。04年、城山羊の会を結成。14年、『効率の優先』で第58回岸田國士戯曲賞最終候補に。15年、『トロワグロ』で第59回岸田國士戯曲賞を受賞。また、11年には『ミツコ感覚』で長編映画監督としてもデビュー。その後も『友だちのパパが好き』、『トロワグロ』の映画化『At the terrace テラスにて』などを監督。2018年には、『クソ野郎と美しき世界』(エピソード2を監督)が公開予定。

岡部たかし(おかべ・たかし)のプロフィール画像

● 岡部たかし(おかべ・たかし)
1972年6月22日生まれ。和歌山県出身。劇団東京乾電池出身。劇団退団後、山内ケンジ氏がプロデュースする「城山羊の会」やそのほかの舞台に数多く出演。自身が立ち上げた演劇ユニット「切実」では演出も担当。主な出演舞台に『作者を探す六人の登場人物』、はえぎわ『飛ぶひと』などがある。また映画『ミツコ感覚』、『BAKUMAN。』、『友だちのパパが好き』、『At the terrace テラスにて』、ドラマ『ひよっこ』、『カルテット』、『BORDER 衝動〜検視官・比嘉ミカ〜』、『奥さまは、取り扱い注意』『都庁爆破!』などにも出演。

公演情報

「自己紹介読本【東京公演】」のチラシ画像

城山羊の会
自己紹介読本【東京公演】


2018年4月17日 (火) 〜2018年4月22日 (日)
シアタートラム
HP:公演ホームページ

24名限定!4,500円 → 【当日引換券】3,900円さらに300Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で100Pゲット!(4/10 16時45分更新)

詳細はこちら

「自己紹介読本【大阪公演】」のチラシ画像

城山羊の会
自己紹介読本【大阪公演】


2018年4月27日 (金) 〜2018年4月29日 (日・祝)
ABCホール
HP:公演ホームページ

全席指定:4,800円
サンキューチケット:3,900円(28日昼公演のみ、枚数限定)
※金額はすべて税込

※サンキューチケットは当日引換券です。
 当日、開演の60分前より受付にて指定席券とお引換えください。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

詳細はこちら

「自己紹介読本【東京公演】」のチラシ画像

城山羊の会
自己紹介読本【東京公演】


2018年4月17日 (火) 〜2018年4月22日 (日)
シアタートラム
HP:公演ホームページ

全席指定:4,500円
サンキューチケット:3,900円(平日公演のみ、枚数限定)
※金額はすべて税込

※サンキューチケットは当日引換券です。
 当日、開演の45分前より受付にて指定席券とお引換えください。
 連席をご用意できない場合がございます。予めご了承ください。

詳細はこちら