お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

チケッツトゥデイ3周年

PICKUP

Super Eccentric Girls


キメ画像1

SET史上初! 女性のみの公演を上演!

豪華キャスト陣が史実を元に女達の闘いを描く

来年創立40周年を迎える劇団SETが初の女性だけの「ミュージカル・アクション・コメディー」作品を上演する。主演にミュージカルなどで活躍する河西智美を迎え、多彩な出演者達が舞台を華やかに彩る。男達が関ヶ原の戦いに向かっていた時代、男をも凌駕する女達がいた。


インタビュー写真

劇団員の女性達が歌も踊りもお芝居もすごく頑張っていて“華”があり、この子達でミュージカル・アクション・コメディーを作ってみたいと思った

――― 劇団公演のほか、近年は歴史舞台や2.5次元作品、コンサートなど幅広く演出家として活躍中の大関真が新たな作品に挑む。

大関「ずっとやりたいと思っていました。 今やっている舞台は男性中心の作品が多かったんですね。男性が喜ぶ作品は僕はとてもいいと思っていますが、この作品は女性に観て欲しいと思っていまして、同性が観た時に、“かっこいい女性”と思われる作品を作れたらと。今までたくさん舞台を観てきましたが、意外と女性だけでこういう作品を作っている舞台はなくて、やはり前例のないものを作りたくて」

――― 多彩なキャストがそろいました。

大関「エンターテイメントって、オールジャンルをこなせる人たちとかスペシャリストという人たちが集まってできると思っていて、僕が作りたいのは総合エンターテイメントなので、歌や踊りや殺陣など全員で見せていける作品を目指したくて皆さんにご参加いただいています」

――― 主演の河西智美はSET初出演となる。本作ではドラマなどでもお馴染みの実在の人物・北政所(豊臣秀吉の正室ねね)を演じる。秀吉を天下人に押し上げた人物、人間味のある北政所に期待が膨らむ。

河西「私は北政所を演じます。大河ドラマになったこともあり、色々な女優さんが演じたことのある役ですが、自分がどういう北政所を演じられるか本番まで突き詰めていきたいです」

大関「可愛らしさの中に芯の強さが欲しいんですよ。女性って男よりも強いと思っていて、男って実はふわふわしてて(笑)表向き強く見せたがるのが男、でも女性は可憐であるイメージがありながらも芯の強さの部分は女性の方があると思っていて、そういう北政所になったらいいかな」

――― 元宝塚歌劇団の花奈澪、歌やダンスといった得意分野が披露される中、初に近いアクションにも挑戦、見所満載になりそうだ。

花奈「今回初めてSETさんに出演します。自分が出演するアクション作品は、いつも魔法使いとか弓師やプログラマーなど特殊攻撃班の役につくことが多く、一度は刀を持って戦いたいと思っていたので、今回は楽しみです。SETさんらしさの掛け合いでどんな作品になるのか、独特な女だけの世界が出来上がると思うのでとてもワクワクしています」


インタビュー写真

――― 大関氏主宰のダンスユニットRedprintでも活躍中のMIHO BROWN。今作では出演に加え、振付も担当する。こだわりのダンスがたっぷり堪能できそうだ。

大関「彼女はとあるおばさんの役です!そこだけはブレません」

MIHO「(爆笑)今回振付も担当しますが、この姫君たちをどのように美しく、実は芯が強く華麗な部分も全部含めて女性からも男性からも愛さる魅力満載になるように全身全霊で挑みます。私はストリートダンスでキャリアを積んできましたが、実はジャズダンスや民俗芸能なども得意なので、そういう部分も生かしながらミックスさせてできたら」

――― 姫君たちの振付の方向性は?

MIHO「今回は和ものですので、日本人の女性らしい品の良さや華麗な部分はもちろん、芯が強くたくましさを出せたらいいなと思っています」

――― 劇団員・安川里奈は、自身の得意分野を生かした役どころをオーディションで取りにいくことになる。

安川「歌とダンスは今まで通りがんばります! SETは本公演で必ずアクションがありますが、今までは男性の劇団員の方に頼ってきた部分があり今回女性だけで作るので、自分的には特にアクションをがんばりたいと思っています」

大関「実は劇団員を見たからこの企画が生まれました。僕がSETの舞台に出なくなって外側から見た時に、女性陣の頑張りがすごく見えてきて、この子たちが歌も踊りもお芝居もすごく頑張っていて、そして“華”があった。 
 この子達でミュージカル・アクション・コメディーを作ったら“華”のある作品になるなと。より一層華やかに輝かせたいという想いからタイトルも『華』になりました。
ビジョン的な美しさもありますし、プラスメンタルの部分でどう美しく生き、場合によっては死ぬ人も出てくると思いますが、女性なりの美しさを表現できれば。そしてゲストの方に出ていただくということは、うちの劇団員にとってすごく刺激になるんです。
 ずっと走ってきて色々な所で活躍されていてとても華のある方々なので、そういう人たちと劇団員たちが勝負をしていく、舞台上で役者たちは常に戦っている部分を刺激にして欲しかった」


インタビュー写真

美しさを忘れない女性の魅力が満載の作品になると思います

――― これから様々な稽古が始まりますが見所ポイントは?

安川「ゲストの方々にお芝居やパフォーマンスそして女性らしさを学びたいです。ちょっと雑草みたいなところがあるので華になれるように(笑)。いつもみていたSET舞台が全く別のものになると思うので、それがとても楽しみです」

――― ちなみに女性だけの舞台ということは、男役も女性が演じるということでしょうか? それとも男性たちが闘いに行き不在で女性が残っている、という事でしょうか?

大関「そうですね!出演者は全員女性で男は出しません。男達が関ヶ原の合戦に行っているから女性だけが城を守る、女の戦いです」

MIHO「実は少しずつレッスンが始まっていまして、皆さんはお美しいのにアクション稽古が始まったらそのギャップがすごいんです。もう日々のレッスンから燃えていますので、これから更にどうなるのか、これから人数も増えてくるので楽しみですね。華やかな部分とのギャップも見どころになると思います」

――― 大胆なアクションも観られそうですね。

大関「あります!役どころとして、くのいちが出てきます」

MIHO「日本を代表するSETさんなのでかなり本格的です!男性はびっくりせずに楽しんでください。女性はたくましくても美しくあればいいんだって思えるような、美しさを忘れない女性の魅力が満載の作品になると思います」

花奈「女性の出演者だけで戦う舞台、しかもそこにプロフェッショナルな方々がいらっしゃるという事は本当に楽しみです。今まで出会ったことがない皆さんと共演できることがとても嬉しいです」

河西「皆さんとは初共演なので、自分のまだ知らない世界を見られることを楽しみにしています。コメディ、着物、時代劇、全て初めての挑戦になります! AKBを卒業してから女性だけという作品がなかったのでドキドキします。皆さんともっと仲良くやりたいですね」


インタビュー写真

相乗効果で進化していく作品に

――― そして更に挑戦があるそうで。

大関「コメディですね。女優が笑いを取るということは芸人さんではないので難しいんですね。
皆さんが役柄を背負ったまま自然な流れの中で笑いを作っていけるかというのがひとつの課題と思っています。そして大事なのは“勢い”。Red PrintでMIHOさんとご一緒していますが、勢いがすごいんですよ。勢いって何者にも勝るもので、人に何かを伝えるという力、それが一番大事なんじゃないかなと。必死さってとても伝わってきますよね」

――― お話を聞いていますと大関さんの演出ではいろいろ厳しさ盛り沢山の予感がしました。

大関「そんなことはありませんよ(笑)」

――― 普段の大関さんはどんな感じですか?

安川「恐いです!(大関氏爆笑)最近優しくなりましたが、今作への気合いが伝わってくるので、稽古中ドカンと雷が来るんじゃないかと予想しています」(全員笑)

――― では一度女子だけで集まって大関さんの秘密を共有して…

河西「皆さんとごはんに行きたいですね!」

安川「色々お話をしたいです!」

MIHO「そうですね、私は外部としてRed Printでお世話になっていますが、大関さんが恐いという印象はあまりなくて、きっと自分の勢いがありすぎて、大関さんを押し倒しているのかもしれない(笑)いつもとても柔軟な方で私たちが起こしたことを絶対に拾って、面白かったことを自然に演出の方にも取り入れてくださいます。私たちもナチュラルな状態で心から楽しかった瞬間がお芝居の中に盛り込まれていくので、もちろん劇団員さんにはまた違う愛があるので恐ろしい所もあるかもしれませんが、今回の稽古では大関さんのいろんな顔が見られるかもしれないですね。そして私たちを色々な世界に誘ってくださると信じています」

大関「基本的にみんなは役者の仕事をしてくれればいいと思っています。キャリア的には僕の方が長いかもしれないけれども、僕が思いつきもしないような演技プランとか色々なアイデアを持っている。僕は演出家として20個の役があった20個走らせなければいけないんです。僕一人の力で良い作品を作ろうとするのではなくて、役者スタッフの力を結集して作品を作った方が僕は面白くなると思っています。みんながそれぞれプランを持ちあってそれを発表していくのが稽古場だから、そこで皆さんには色々なアイデアを持って来て欲しいなあと。僕が何もしないというのが最初のプランです。よく顔合わせの時に何もしないと言います。それは役者さんがそれぞれ持ってきてくれればいいと思っているので」

MIHO「ひとつ出すと『じゃあMIHOさんこれはどうですか?やってみてください』『そんな気持ちになったことはない!でも面白いからやってみます!』という感じでどんどんでコミュニケーションされレベルアップしていく。ストリートダンスの世界ってそうなんです。一人が何でもいいのでさりげないものを出すと、そうきたかと受けてさらに進化する、みんなで協力しあうとものすごくいいものができますが、それと似ているなぁと」

――― 相乗効果で進化していく稽古場になりそうですね。

MIHO「私たちもまだ見ぬ自分に出会え、そして普段お会いできないような方々と時間を共有していくので、これからとても素敵な時間が流れていくことは間違いないです」

大関「無茶はさせるかもしれません」

全員「(驚きと笑い)」


インタビュー写真

女性の総合的な美しさというものを観て共感して

安川「劇団ではできないような役どころや表現をお稽古で出して、 皆さんから学んで新しい自分を出していけたらと、がんばります」

花奈「“必死”という単語がとても気に入ったので、パワフルな皆さんからたくさんのものを吸収して、より一層自分もパワフルに全力で必死に稽古と本番に挑みたいです。お客様には新たな魅力を見つけてもらえるようがんばります」

MIHO「必死に生きていればこんな出会いがあるんだなぁと。この出会いを無駄にしないように色々なチャクラを全開にして、出来る限りの世界観を築いていけたらと思いますので皆さん是非楽しみにしていてください」

大関「熱量を体験してください!女性がいるからこの世の中が成り立っていると思っているので、女性の強さ、その強さも華やかに見えてくるような女性の総合的な美しさを是非観ていただければいいなと。女性には共感していただきたいですし、男性ももちろん必死に生きる美しさを感じて欲しいですね」

河西「まだまだ舞台は初心者なので、皆さんの足を引っ張らないように頑張りたいです。大関さんにはたくさん怒ってもらえることを期待しています。しっかり成長してお客様が今まで見たことのないステージを届けたいです!」


(取材・文&撮影:谷中理音)

キメ画像2

PROFILE

河西智美(かさい・ともみ)のプロフィール画像

● 河西智美(かさい・ともみ)
11月16日生まれ、東京出身。数々の映画、TV、舞台などで活躍中。近年の舞台作品にミュージカル『サイト』主演、舞台『東京のぺいん』、ミュージカル『ひめゆり』などがある。

花奈 澪(はなな・みお)のプロフィール画像

● 花奈 澪(はなな・みお)
10月7日生まれ、東京都出身。元宝塚歌劇団花組、娘役。退団後は舞台を中心にMC、ライターなどマルチに活躍中。近年の舞台作品に音楽劇『ヨルハVer1.2』、舞台『鬼斬ZERO』など。かわさきエフエム『花奈澪のコンフェティ☆シャワー』レギュラー放送中。

MIHO BROWN(みほ・ぶらうん)のプロフィール画像

● MIHO BROWN(みほ・ぶらうん)
5月26日生まれ、東京都出身。90年代“Girls Hip Hop”というジャンルを築いたダンスチーム『BrownSugar』のリーダー。Yuko Sumida Jackcson主催。平井堅、久保田利伸、黒沢薫、ZEEBRAなどにダンサーとして参加。ディレクター、コレオグラファー、CM、映画、ミュージカルなどで幅広く活躍中。

安川里奈(やすかわ・りな)のプロフィール画像

● 安川里奈(やすかわ・りな)
12月6日生、東京都出身。2015年3月より、劇団スーパー・エキセントリック・シアター所属。舞台を中心にTVなどでも活動中。近年の舞台作品に、『フランドン農学校の豚〜注文の多いオマケ付き〜』、熱海五郎一座『消えた目撃者と悩ましい遺産』などがある。

大関真(おおぜき・まこと)のプロフィール画像

● 大関真(おおぜき・まこと)
8月30日生まれ。埼玉県出身。00年、三宅裕司率いる劇団スーパー・エキセントリック・シアター入団。俳優としてTVや映画、舞台で活躍後、演出家に転向。劇団を初め、2.5次元作品、舞台やコンサートなど幅広く演出し注目を集める。主な演出作品に『逆転裁判』シリーズ、ロックミュージカルプロジェクト『ONE LOVE』などがある。

公演情報

「「華 〜女達よ、散り際までも美しく〜」」のチラシ画像

Super Eccentric Girls
「華 〜女達よ、散り際までも美しく〜」


2018年4月23日 (月) 〜2018年4月29日 (日・祝)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
HP:公演ホームページ

14名限定!6,000円(全席指定・税込) → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに1,800Pゲット!さらに購入24時間以内にREC投稿で700Pゲット!(4/24 18時10分更新)

詳細はこちら

「「華 〜女達よ、散り際までも美しく〜」」のチラシ画像

Super Eccentric Girls
「華 〜女達よ、散り際までも美しく〜」


2018年4月23日 (月) 〜2018年4月29日 (日・祝)
紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYA
HP:公演ホームページ

前売:6,000円
(全席指定・税込)

詳細はこちら