お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カブキグラス5周年

PICKUP

飯野 雅・青葉ひなり・羽原由佳


キメ画像1

名作『降臨Fight』から生まれた革命と覚醒を描く青春群像劇

制服×アクション!少女たちの熱い戦いが幕をあける!

女の子だけの舞台作品で話題のガールズ演劇カンパニー・アリスインプロジェクト。創立から7年、毎公演頑張る女の子と熱い演出で知られ、注目の作品を届け続けている。
 2018年7月公演は『降臨ハーツ』に決定、革命と覚醒をテーマにした青春群像劇だ。少女たちは管理される社会から自由を求め、歴史上の戦士を降臨させ激しい戦いに挑む。少女たちに待ち受ける運命とは!? 出演者を代表して飯野雅、青葉ひなり、羽原由佳に話を聞いた。


インタビュー写真

女の子の可愛さとカッコよさを同時に出せるところ 

――― 飯野さん、羽原さんは初めてアリスインプロジェクトに参加しますが、同世代の女性が集まる印象は?

飯野「私は女性ばかりの舞台を経験してきましたが、女性にしかできない舞台があると思っています。私達にしか出せない華やかさとか、そういう部分を魅せていけたらと思います」

青葉「私は3年ほど前にこのプロジェクトに参加しましたが、その時に初舞台を経験しました。最初は不安でしたが女の子だけの現場なので女子高みたいな感じの楽しさがあって、本番中もとても楽しくてやりやすかったことを思い出しました。女の子の可愛さとカッコよさを同時に出せるところだと思います」

羽原「今回初めて舞台に出演いたします。今までアイドルをやっていて先輩方の舞台を何度も観に行きましたが、このアリスインプロジェクトで舞台をやっている方がたくさんいらっしゃいました。舞台に興味があるというお話をしていたら、初めて経験するならこのプロジェクトと進められて実現しました。初舞台なので女の子がたくさんいる現場は嬉しいですし心強いです。演技を頑張って、さらに友達も作っていけたら」

――― アイドルと舞台は、スイッチの入れ方や挑み方は違うと思いますが、舞台に立つ上で大切にしている事、やっていることはありますか?

飯野「私は前の舞台で泣くシーンがあり本番どうしようと思いました。今は場が空いた時に楽屋に戻って悲しかった時の事を思い出したり、そのキャラクターに合った曲を選んで気持ちを入れ替えて挑んでいます」

青葉「前回の作品では人工知能を組み込まれているサイコパス系のしっかりしているキャラクターで、私自身は真逆の性格だったので演じる上で噛まないように、いつもの自分が出てしまわないようにまず自分を消すことを努力しました。舞台ではいつもと違う自分を観てもらえるように頑張っています」

羽原「舞台はまだ未知の世界ですが、先輩の話を聞いていると台本にびっしりと役の性格を書き込んでいる人もいれば、役に合った音楽を見つける方もいるので、自分も演じる役を掴めるように台本を深く読み込んで合ったやり方を見つけていきたいです」


インタビュー写真

出演者は30人以上、それぞれの個性が磨かれる

 学園治安組織ラブ・アズールの一番隊長、主演の沖田つかさ役を演じるのは飯野。普段は物静かだが、戦闘時は沖田総司を降臨させ自身も豹変し激しく戦うキャラクター。クールな役どころに期待が高まる。
――― 役どころは? どう演じていきますか?


飯野「今までは内気なキャラを多く演じてきましたが、今回は全く違い2面性を持っていて、上品な普段と戦う時のメリハリを出していきたいです。目つきとかガラっと変わる部分も伝わるように研究して頑張りたいです」

青葉が演じる岡田いこ役は、学園の一般生徒で友達想いの優しいキャラクター。岡田以蔵を降臨させる力を持つ。ある生徒を助けたことで学園の反乱組織クローサルに関わることに。本作でアクションに挑戦する。

青葉「岡田いこは、元気で活発な女の子です。普段のライブ活動でも元気キャラなので、いつもの自分を乗せていけそうです。もしかすると自分に近すぎて悩む可能性もありますが、いつも通りの素顔と元気な感じで頑張ります!」

学園治安組織ラブ・アズールの10番隊長、控え目で先輩想いの原田さよを演じる羽原。原田左之助を降臨させ闘う役どころ。武器を持つアクションに初挑戦する。

羽原「隊長なので性格は活発、台本を読むと“探せ!”“〜〜だ!”とかあり強めで真面目、カッコイイキャラクターです。自分にちょっと似ている部分もありますが、隊長なので強いオーラを出していけるように頑張ります」

――― 皆さんはふだん歌などで活動していますが、得意分野も披露されるのでしょうか?

飯野「オープニングで歌って踊るシーンがあるのでお楽しみにしていてください。激しいのを踊りたいですね」

青葉「お客さまもきっと期待しているシーンだと思います」

羽原「普段とは違う自分を魅せる事がでそうで嬉しいです」


インタビュー写真

アクションを身につけたい

――― 挑戦もたくさんありそうですね。

飯野「私は小さい頃から戦隊ものに憧れていて変身して助けるカッコよさを見てきたので、今回は自分が正義になって戦うということで楽しみにしています」

青葉「私は戦隊シリーズに出演することが目標と言い続けています。舞台に出演する時も少しでもアクションが入った作品をやりたくて、特にセーラー服の女子高生が刀を持っているような作品にとても憧れています。今作では刀を持って戦うのでとても楽しみにしていますし、ここでアクションを身につけたいと思っています」

羽原「舞台をやりたいと言い続けて色々な作品を観た時にアクションはとても魅力的で、舞台に挑戦するとしたら変身したり戦ってみたいと憧がれていました。今回セーラー服を着て武器を振り回せるのでとても嬉しくて、早く殺陣のお稽古をやりたいです」

――― アクションのほか、難しい専門用語が多くセリフの応酬もあり見どころ満載ですね。

飯野「そうなんです。数字のセリフがいっぱいあってキャラクターの名前も間違えないようにしないと。無理と思っている自分が嫌で、セリフは立ちながら動いて覚えるタイプですね」

青葉「前回よりセリフが倍以上になっていて必死に覚えます!」

羽原「日々台本を持ち歩きます!どこでも読めるようにして頭に叩き込みたいと思います」

――― では最後にメッセージをお願いします!

飯野「先日見かけによらず真面目だねと褒められたんです。その真面目さが良い方向に出る様に力を抜いてみんなと協力して、武器を使う作品は危ないことも多いのでケガをしないように千秋楽まで突っ走っていきたいと思います」

青葉「普段はグループ活動をしていて先日5年目を迎えて、さらに違う一面を魅せていきたいところです。何もできないと思われているので、舞台で演技もアクションもできるところをファンの方に見せつけたいですね。ぜひ観に来てください!」

羽原「ずっと演技をやりたいと言い続けて願いが叶いました。観に来ていただけたらアイドルのステージとは全く違うギャップをお見せできると思います。そして観に来てくださった方に興味を持ってもらえるように頑張ります」


(取材・文&撮影:谷中理音)


キメ画像2

PROFILE

飯野雅(いいの・みやび)のプロフィール画像

● 飯野雅(いいの・みやび)
1997年9月29日生まれ、東京都出身。2013年AKB48第15期生オーディションに合格しデビュー。数々のコンサートやステージで活躍し、2018年1月にAKB48を卒業。6月13日〜舞台『ゴールドフラワー』に出演する。

青葉ひなり(あおば・ひなり)のプロフィール画像

● 青葉ひなり(あおば・ひなり)
1996年1月19日生まれ、千葉県出身。お祭り系アイドルユニット「FES☆TIVE」メンバーとして音楽活動をする傍らTVやCMなどで活躍中。6月には台湾イベント「PUMP UP IDOL〜SUMMER FLAVOR〜」開催。

羽原由佳(はばら・ゆか)のプロフィール画像

● 羽原由佳(はばら・ゆか)
2000年5月16日生まれ、東京都出身。2017年に8人組アイドルユニット「palet」のメンバーとなる。コンサートや公演に出演し12月に解散。現在「なんきんペッパー」チャンネルにて動画配信中。

公演情報

「降臨ハーツ」のチラシ画像

アリスインプロジェクト
降臨ハーツ


2018年7月11日 (水) 〜2018年7月16日 (月・祝)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

S席:7,500円(前方3列) / A席:5,500円(4列目以降) (税込)

詳細はこちら

「降臨ハーツ」のチラシ画像

アリスインプロジェクト
降臨ハーツ


2018年7月11日 (水) 〜2018年7月16日 (月・祝)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

20名限定!A席5,500円 → 【指定席引換券】4,700円さらに3,500Pゲット!(7/10 15時25分更新)

詳細はこちら