お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

PICKUP

劇団6番シード


キメ画像1

結成25周年を飾る集大成は「物書き達」を描くコメディ!

「一言では表せない作品です」

疾走感溢れるハイスピードコメディを軸に、優れたエンターテイメント性と繊細な心情の作品づくりに定評がある劇団6番シード。結成25周年記念公演を締めくくる第3弾は小空間で展開される「物書き達」の人間の機微のやりとりを描くシチュエーションコメディだ。 脚本・演出をてがける松本陽一が「集大成でもあるがチャレンジな演目」と語る新作はどのようなものなのか?長らく苦楽を共にしてきた劇団員と共に見所を語ってもらった。


インタビュー写真

作家として集大成の物語を作りたかった

――― 結成25周年を締めくくる作品は1ヶ月のロングラン公演になりますね。

松本「作家として20年ほどやってきて、大げさに言うと集大成ぐらいの物語を作りたいと思ってこのタイトルを思いつきました。“物書き”と呼ばれる人達にも色んなジャンルがあって、その人達が集まって1つの物語を作ったら、さぞかし大変で面白いじゃないかなというのが発想の原点で、まだ役名のない登場人物が、作家の好みによってキャラクターが変わっていく、物語を作り上げていく光景をお客さんも追体験できるようになっています。ちょっと行き詰る所とか、自らの創作活動の恥ずかしい所も舞台上でお見せできたらと考えています。25周年記念公演は、『TRUSH!』『傭兵ども!砂漠を走れ!』と派手目の作品を2つやったので、最後は小品といういか、僕らがずっとやってきたような人間ドラマを描けたらいいなと思っています」

演劇に近い場所の話は初めて

――― キャストの皆さんの役どころについて教えてください。

椎名「この作品を松本がやりたいと言い出した時、どこかの飲み会の席だったと思いますが、まだ全部頭の中にある状態で、1人だけ楽しそうに話をするのですが、他のメンバーは皆、頭に?がついていました。これまで作家が登場する作品はなくて、演劇に近い場所の話は初めてなので、どうなるんだろうとい楽しみはあります。私はテレビドラマを書いているシナリオライターの役なのですが、何もない所から作品を構想して生み出すのはすごい事ですよね。ゼロから1を生み出す人達の苦しみも一緒に経験できるかなと思っています」

土屋「かれこれ松本と一緒に過ごして15年。近くで見てきて作家は処女作に自分の原点を描くという事を聞いていましたが、20年目にして松本が原点に返ったのかなと(笑)。僕は野心溢れる若手劇作家を演じるのですが。今回の作品で松本の脳みそが明るみでます! 僕自身は作家や演出業にまるっきり興味がないです。自分の演技だけでも手一杯なのに、全員を動かすのは短気な僕には向いていません。そういう真逆の立場にいるので、面白いものができるんじゃないかと。昔は脱稿や完本祝いといって、仲間でお祝いする慣わしもありましたが、今は商業化というか、製作の時間も短縮化されていて、その手の機会も減ってきました。その辺の古き良き時代のテイストも乗せられたらなと思います」


インタビュー写真

樋口「舞台の全てを取り仕切る舞台監督、ある意味一番エライ人を演じます(笑)これまで様々な舞台監督さんにお会いしてきて、ガテン系の人が多くて怖いイメージがありましたが、最近は怒らなくなりましたよね。僕にはガテン系の要素は一切ありませんが、舞台監督は小道具のケアや役者の動線など、進行を円滑に進める意味で真面目さを求められるので、そこは十分に出せるかなと。昔に観た舞台のある場面で、音楽がなって回転台が回るシーンがあったのですが、トラブルで音がならなかった。その時にマイクを通じて舞台監督さんが『トゥルルー♪』と生声で代わりをしていました(笑)。まさに縁の下の力持ちですよね。僕はトンカチも打てないので、まずはそこから練習するつもりです」

新聞社への取材や、駅前留学をしたことも

――― 6番シードと言えば、ジャグリングやタップダンス、銃の構え方など細部のリアリティーを追求するイメージがありますよね。

松本「確かにそうですね。新聞の物語の時には実際に新聞社に取材に行ったりしていました。そういうリアリティーを積み重ねた上で物語が作れると思っていますので、ハチャメチャだけでなく根は真面目だよね」

椎名「時には参考資料がない役があって、詩人とか(笑)。あと年齢的に母親の役が増えてきていますが、自分は母親ではないので、どうやったらお母さんに見えるか、本物しか持てないものをどう表現するかは勝負どころですね」

土屋「他の作品で、アメリカを旅する役を演じたのですが、劇団員誰も英語が話せなくて、『お前駅前に英会話スクールがあるから駅前留学してこい』と(笑)。無料体験で別の役者と一緒に行くことになったのですが、当日そいつがばっくれまして。僕一人でマンツーマン授業を受けさせられたこともありましたよ」(一同爆笑)


インタビュー写真

樋口「僕は映画が好きで、良く観て役作りの参考にしています。特にサスペンスやアクション系が好きで、『スピード』の爆弾魔役のデニス・ホッパーの突然切れるキャラクターは別のお芝居で参考にさせてもらいました。うちは役者も実際に取材に行く人も多いので、そういうリアルさが生まれるんじゃないかと思っています」

今回は“ゆったりジェットコースター”です

――― 本作の見所を教えてください。

松本「難しいですよね。良く宣伝は1行で言える作品が良いと言われますが、そうじゃない傑作も最近沢山見ていますし、タイトル見ても分かりづらいものが凄く良かったりするんですよ。ですので、今回は腹をくくって、『この作品は一行では言えない!感動作でもコメディとも言えないが、面白い!』と言いたいです。まだイメージの段階ですが、至る所に爆笑や感涙というのが散らばっている訳ではないですが、作品の中に驚く仕掛けがあったりして、お客さんはなんでしょうか、“ゆったりジェットコースター”に乗っている感じですかね」

(一同)「なんですか、それ!? もはやジェットコースターではないでしょ(笑)」

松本「分かりやすい一言で言えば、『心温まる物語』です。自分を投影する以上、バッドエンドはありえない。悲劇もきらいではないですが、読後感の温まる感じを信条に作ってきました。その集大成をこの作品に込めたいです」

大阪でも旋風を巻き起こします

――― 10月18日から28日まで「劇団文化祭in大阪」でも公演をされるとか。

椎名「東京と大阪で活動している団体が持ちネタを持って集まって、劇団同士やお客さんとの交流を目的としたお祭りで、うちは『天気と戦う女』という作品を持っていきます。タイトルの通り、入試、デートと、人生の大事な節目にことごとく雨に降られてきた最強の雨女が天気と戦いながら、大好きな彼とのチャペルウエディングを目指すというストーリーで、うちの代表短編です」

インタビュー写真

土屋「椎名さんは舞台で結婚すると婚期を逃すって言われていますが、かれこれ4回……(笑)」

椎名「わずか45分間の間にウエディングドレスを着させられるとは。今回は他劇団の役者さんがうちの舞台に出てくれたりするので、異種交流の楽しみはありますね。でも東京でウケていた場面が大阪では静寂だったこともあるので、ドキドキしています。大阪でも天気と戦ってきます!」

いつまでも無茶をする大人の集団でいたい

――― 読者の方へメッセージをお願いします。

樋口「25周年はお祭り一色ですので、多種多様で皆さんがびっくりするような作品を出して意向と思っています。是非僕の豹変ぶりにも注目してほしいです」

土屋「ちょうど公演期間中に、僕はパパになる予定です。カーテンコールの時に、「きょう生まれましたー!」と自分のプライベートも生でさらけ出してやろうと思っています(笑)25周年に子供を授かったのも何かの縁。今後も自分の活動に生きるように、25周年の集大成を皆さんと一緒に楽しみたいです」

椎名「私も入団して15年になります。外の劇団に出ると私が最年長だったりして、ああ、うちも大人の集団になったんだなと実感しています。そんな我々がひーひー言いながら頑張っている姿を見てもらって、『ああ、6番シード年取ったけど、楽しそうでいいな』と思ってもらえるように、キラキラしたおっちゃん、おばちゃんの姿を見せて行きたいです。いつまでも無茶する大人の集団でいたいですね」

松本「最初に集大成といいましたが、一方でチャレンジな演目と公演だと思っています。
単一演目で1ヶ月やるのも初ですし、こけたらどうしようとう危機感もあります。
そういう物を背負いながらやるのが大事だと思います。26年目に向けた布石となるような公演にしますので、是非皆さんに遊びに来てもらいたいですね」

取材・文&撮影:小笠原大介

キメ画像2

PROFILE

松本陽一(まつもと・よういち)のプロフィール画像

● 松本陽一(まつもと・よういち)
1997年入団。
2001年『ホテルニューハンプシャー206』で脚本・演出デビュー。2007年に前代表、久間勝彦より代表を引き継ぐ。スピード感溢れるノンストップコメディを身上とし、これまで50作品以上の脚本・演出を担当。映像作品の脚本や、数多くの演劇ワークショップの開催などその活動は多岐に渡る。

椎名亜音(しいな・あのん)のプロフィール画像

● 椎名亜音(しいな・あのん)
1982年9月19日東京都出身。2003年入団。
同年『ペーパーカンパニーゴーストカンパニー』でデビュー。12歳から舞台出演を続け、作品ごとに精密機械のように演じ分けるバイプレーヤー。再演を続ける代表主演作『天気と戦う女』では全編、ハイテンションで喋り続け高い評価を得た。映画主演、MCなど活動は多岐に渡る。

土屋兼久(つちや・かねひさ)のプロフィール画像

● 土屋兼久(つちや・かねひさ)
1981年2月16日東京都出身。2002年入団。
2003年『ペーパーカンパニーゴーストカンパニー』でデビュー。これまで数多くの作品で主演を演じながら近年では、狂気溢れる刑事役、結婚詐欺師役などニヒルで独特な世界観の演技も高い評価を受ける。劇団公演以外にも精力的に出演し、ナレーターとしても活動中。

樋口靖洋(ひぐち・やすひろ)のプロフィール画像

● 樋口靖洋(ひぐち・やすひろ)
1980年12月5日三重県出身。2006年入団。
同年『かりすま』でデビュー。“樋口ワールド”と呼ばれるオンリーワンの演技で数多くのコメディ作品で異彩を放つ。安定のコメディリリーフは勿論のこと、中年男性の悲哀を醸しだす役も得意。ピザが好き。

公演情報

「劇作家と小説家とシナリオライター」のチラシ画像

劇団6番シード 第67回公演
劇作家と小説家とシナリオライター


2018年11月21日 (水) 〜2018年12月16日 (日)
シアターKASSAI
HP:公演ホームページ

20名限定!4,500円(全席自由・税込) → 【整理番号引換券】3,400円さらに200Pゲット!

詳細はこちら

「劇団文化祭 in大阪2018」のチラシ画像

劇団6番シード
劇団文化祭 in大阪2018


2018年10月18日 (木) 〜2018年10月28日 (日)
大阪市立芸術創造館
HP:公演ホームページ

平日3500円(イベントあり)/土日2500円(イベントなし)
※イベントは2団体参加のトークイベント(45分)を予定しています。
(全席自由・税込)

詳細はこちら