お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードに入会して、プリシラの世界を旅しよう!キャンペーン

PICKUP

和地つかさ・えびはら武司


キメ画像1

マチコ先生が歌い弾ける!ちょっとエッチな学園コメディ

人気漫画「まいっちんぐマチコ先生」が初ミュージカル化!

1980年に誕生したえびはら武司原作の漫画「まいっちんぐマチコ先生」が初ミュージカル化される。TVアニメ化では社会現象を巻き起こし、現在ではグラビアアイドルの登竜門として何度も実写化される人気作品だ。3度の舞台化を経て、ついにえびはら氏自らプロデュース・総合演出を務めることで注目が集まっている本作。えびはら氏とマチコ役/和地つかさに話を聞いた。


インタビュー写真

わっちは年齢やサイズがよりイメージに近いんです

――― 画業45年おめでとうございます。新たなマチコ先生を体験できることは本当に素敵なことですが、ミュージカル化のきっかけを教えてください。

えびはら「今まで上演した舞台はお任せしていましたが、今回は45周年を記念して自分のプロデュースで上演する舞台なので流れを変えたいと思って。同じ事をすると舞台を作ってくれたみなさんに申し訳ないので、ガラっと色を変えて今までやっていないということでミュージカルにしました」

――― 先生のこだわりが見られるのではと色々期待してしまいます。

えびはら「舞台については素人ですからどうなるんだろう。漫画家が作る舞台作品に自分も期待していますね」

――― マチコ先生役はたくさんの有名アイドルが演じている伝説のキャラクター、決まった時のお気持ちや周りの反応はいかがでしたか?

和地「マチコ先生のお話をいただいた当初は本当に決まるとは思っていなくて」

えびはら「そうそう、社交辞令で冗談かと思ったみたいで(笑)」

和地「直接先生からお話をいただいた上に、マチコ先生に似ていると仰ってくださって本当に嬉しいです。原作ファンの方にも納得してもらえるように頑張りたいと思います。
舞台が解禁になった時はみなさんにとてもびっくりされました。私はグラビアの他に舞台のお仕事もしていますが、舞台の先輩方からは歌は大丈夫なの?と連絡が(笑)」

インタビュー写真

えびはら「(笑)。今までもとても素敵な女優さんに演じていただきましたが、わっちは年齢やサイズがよりイメージに近いんです。そしてコミカルな部分をたくさん持っていて一緒にいると楽しそうで、そういう雰囲気がマチコにぴったりでいいよね。持っている楽しさは舞台上でも出てくると思うんです」

――― マチコ先生といえば名セリフ「いや〜ん、まいっちんぐ!」とポーズがありますが先生からのレクチャーなどはありましたか?

和地「はい! 何度かポージングをレクチャーしていただきました!」

えびはら「これは見どころになると思いますよ。このポーズはけっこう足の筋肉を使うらしくて、“まいちん筋が付く”って言うらしい」

和地「上げて止める片足だけ筋肉がつきそうです!」

何度観ても飽きないバラエティー色豊かな舞台になりそう

――― 今では考えられないゆる〜い80年代の世界観がこの作品の持ち味。現実世界とマチコ先生の世界、両方の視点で描かれる完全新作ストーリーに期待が膨らむ。

えびはら「僕が画業45周年なので自分と藤子先生との出会いや、僕の役“えびはら君”が漫画を描いている過程を見せながらマチコが誕生するきっかけのお話が入ってくると思います。今僕が描いている『まいっちんぐまんが道』という作品がありますが、その作品とコラボする内容になる予定です」

インタビュー写真

――― 分身えびはら君役の方には何か注文をされていますか?

えびはら「いやいや(笑)! 僕よりいい男が演じるので楽しみです。最初にわっちを決めてからまわりのキャスト全員オーディションをして決めたんです。ひとりでも多くの若手俳優の方に育って欲しいという想いもありまして、今みんな燃えていると思いますよ」

――― 様々なマチコ先生が見られそうですが、見どころを教えてください。

えびはら「水着があったらいいな! これは当日までのお楽しみです。そして今回8公演ありますが、毎公演スペシャルゲストに来ていただきます。おそらく何度観ても飽きないバラエティー色豊かな舞台になりそうです、是非全公演観て欲しいですね」

和地「普段テレビやステージで観るような素敵なゲストの方が特別授業をしてくださいます! ここは日替わりで見どころになると思うので楽しみです。普段はマチコ先生が授業をしますが、特別授業ではマチコ先生も生徒になるんです。何が起こるかご期待ください」

みんなが楽しむことができる作品に

インタビュー写真

――― 先生にとってマチコ先生はどんな存在ですか?

えびはら「僕にとっては分身ですね。今回彼女が演じる事で是非観たいと多くの反応があって嬉しいです。お客様には私立あらま学園の生徒になって自分に置き換えて楽しんで欲しいね」

和地「先生から『自由に演じて欲しい、そのままのあなたでいいですよ』とお言葉を頂いて、今まで2.5次元作品などに出演してきましたが、この役作りは初めてなのでそれ自体が挑戦です。グラビアファンの方も舞台ファンの方も皆さんから観に行きたいと言ってもらえて嬉しいですが、満足して帰っていただけるように私自身が頑張らないと!気合いが入ります!」

えびはら「今作は自分でやりたい事をするのがコンセプト。楽しくマチコを演じてもらい、みんなも楽しくなって終わればいいな。あとはえびはら君が出てくるので“なぜ漫画を描くのか”みんなへのメッセージも伝えられたらいいですね。藤子先生も観にいらっしゃるそうなので、先生が観ても納得してくれるような物語になれば」

――― ミュージカルの楽曲について考えていることはありますか?

えびはら「いま思っているのはお客様も手拍子ができて、みんなで歌えるコーラスのような楽曲にできたら楽しいよね」

和地「ワクワクします! コメディミュージカルですね」

えびはら「そしてちょっぴりエッチな、ね! 8公演全部観ないと損をしますよ! 全公演観た方には僕がマル秘特典を用意しましょう!」

和地「それは素敵! みんなが楽しむことができる作品になると思います。ぜひ劇場で体感してもらいたいです。お待ちしております!」

(取材・文&撮影:谷中理音)

キメ画像2

PROFILE

和地つかさ(わち・つかさ)のプロフィール画像

● 和地つかさ(わち・つかさ)
1993年5月13日生まれ、栃木県出身。
グラビアやバラエティ、映画、舞台など幅広く活躍中。近年の出演作品に映画『ハズレときどき恋』、プジテレビ『嫌われる勇気』、舞台『クジラの歌』、『ハンドシェイカー』、進戯団 夢命クラシックス『ROSE GUNS DAYS-season1.3』など。DVD『ふわふわハニー』発売中。

えびはら武司(えびはら・たけし)のプロフィール画像

● えびはら武司(えびはら・たけし)
1954年6月5日生まれ、京都府出身。
1973年「藤子スタジオ」に入社後、藤子不二雄のアシスタントとして多くの人気作品に携わる。1980年漫画家デビュー。『マチコ先生のパンティー』発表後『まいっちんぐマチコ先生』連載開始。以後大人のひみつシリーズ『からだのひみつ』や多くのマチコ先生シリーズを発表している。

公演情報

「ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生」のチラシ画像

えびはら作画スタジオ
ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生


2018年11月10日 (土) 〜2018年11月13日 (火)
R’s アートコート
HP:公演ホームページ

16名限定!A席 5,500円 → 4,500円 さらに300Pゲット!

詳細はこちら

「ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生」のチラシ画像

えびはら作画スタジオ
ミュージカル・まいっちんぐマチコ先生


2018年11月10日 (土) 〜2018年11月13日 (火)
R’s アートコート
HP:公演ホームページ

スペシャルシート(前売):10,000円
S席(前売):7,000円
A席(前売):5,500円
(税込)

詳細はこちら