お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

PICKUP

宮下雄也・須貝 英


キメ画像1

全く新しい朗読劇、アクティブリーディングが誕生!

「初日をどんな顔で迎えるのか、それを考えたら楽しみが止まらない」

俳優・宮下雄也と脚本/演出家・須貝英による新企画、アクティブリーディング『それから』が上演される。神保町花月リニューアル企画の一環として、観客が俳優の演技に集中し物語に触れられる上質な会話劇をコンセプトに新しい作品作りに挑戦する。


インタビュー写真

もっと早く知り合いたかった

――― お2人の出会いは?

宮下「共通の知り合いで女優の岡田あがささんがいらっしゃいまして、あがささんからよく『雄也さんは絶対に須貝さんとやったら合うよ』という話があって、あと僕を応援して劇場によく来てくださるお客様からもファンレターで須貝さんの名前が出てくるんです。僕はお会いしたことがないのに須貝さんが潜在的に頭にあって、そこにあがささんがリーディング舞台をやるとなり僕がその作品のゲストで出演したんです」

須貝「太宰治の『富嶽百景』と『キリギリス』の2つのお話を1つのお話としてやりました」

宮下「とても素敵で感動したんです。もっと早く知り合いたかったと。一緒に共演もしたいし演出もお願いしたいと思ったので、今回この神保町花月が本格的な演劇もやっていくというタイミングもありプロデューサーに須貝さんを紹介しました」

須貝「僕は以前より一方的に拝見していて、あがささんとの共演舞台も観ていましたし、劇作家仲間の作品によく出演されていらしたので、観に行くと宮下さんを拝見することも多くて。あと、先ほど出たお客様が、僕の上演台本を購入して宮下さんに渡すということをずっとやってくれていて(笑)」

宮下「普通なかなかいないですよね(笑)」

須貝「リーディング公演でやっと会えたのでつながりができ、今回の企画になりました」

宮下「ロフトにイベントにも出ていただき、一緒にやれたらいいですねというお話もしていて満を持しての企画です」


――― 地下活動をされていた方はガッツポーズをしているかもしれないですね。この企画は集中できる、上質な会話劇などコンセプトがハッキリと決まっていますが。

宮下「僕は須貝さんの世界観を直で浴びたいと思ったので、須貝さんがやりたいリーディングが本当に楽しみなんです。キャスティングも話合ったりしてみんなで作っている感じです。今回はアクティブリーディングなので動きもあります」


――― そのアクティブリーディングとは? 

須貝「もともとリーディングでなくちゃんとした公演としてとることを念頭に置きながら、でもやってみたい作品の質は夏目漱石の作品を戯曲化して上演する形だったので、リーディングとして上演しても耐えられる作品になるんじゃないかなと。実際にこれだけのメンバーが集まったので演じている姿も見てみたくなりました。ここはしっかり読んで聞かせて、ここは完全に演じてみましょう、という風にできれば。これはまだ僕自身やった事が無い形なのでぜひ挑戦してみたいなと思っています。」

宮下「ああ、それはいいですね」

――― よく思い浮かぶシンプルな朗読劇ではないようですね。

須貝「今回はト書きの設定を普段脚本で書いているよりもちょっと明確にかなり詳細にしてト書きを読んでもらう部分もあるので、それで想像してもらいながらでもセットできるだけシンプルに想像が掻き立てられるような形のセットして、本当に俳優だけを見てもらうイメージです。もともとしっかりした作品に宮下さんは出演していますが、もっと俳優の姿を見たい、心が動いている様をずっと見ていたいと思うので、それぞれの俳優さんにフォーカスしてもらうことを考えております」


インタビュー写真

宮下さんとご一緒できるならこの役をやって欲しかった

――― 物語は夏目漱石の名作『それから』、宮下はヒロインの夫・平岡役を演じる。漱石の『それから』を選んだのは須貝さんですか?

須貝「まず宮下さんと最初にお話した時に一番に思い浮かんだのが『それから』をやりたいという想いで、漱石が書いた作品の中でも珍しく恋愛もので、純粋に恋愛の話なんですけども、以前からもし宮下さんとご一緒できるならこの役をやって欲しいなと。
ヒロインの夫・平岡役はわかりやすくて云ってみればかたき役、悪役みたいですが、ちょっとダークな役をやったら素敵なんじゃないかと思っていて。そのイメージがすごくあったからこの『それから』を提案しました」

宮下「『それから』は友達の平野良君がやっていた作品で縁を感じます。偶然にも共通の知り合いのロ字ックの山田さんが脚本を書かれていまして、女性目線な『それから』と感じました。今回は男性の須貝さんが書くので全然違ったものになるのではないかな。
リーディングの魅力ってト書きとか情景がハッキリわかりますし、イマジネーションがめちゃくちゃ膨らむので、それがすごく上手くいけば最強の舞台になるんじゃないかな。そうなると『それから』はめちゃくちゃいいチョイスだなって思いましたね。この作品を意外に知らないと言うか、学校の教科書でなんとなく読んでいて勉強になると受け付けないですが、でも教科書に載っていた話って結構面白いものが多いんですよ。大人になってから気づくんですけれども、改めて夏目漱石の作品に触れて価値観が変わってくれたらすごく嬉しいですね」

――― 役どころをお聞きして、宮下さんが演じる姿が目に浮かぶと言いますかピッタリでは?

宮下「そうなんですよね、役柄って自分に似たものが来るんですよ(全員爆笑)きっと暗い面があるんでしょうね、こういう役が多くて引き寄せているんだなって思いました。
須貝さんのリーディング作品が素敵だなと思ったところが、見ている側が弱火でじわじわ胸に来る感じがあるんです。爆発的ではなくじわじわと、白い布にワインがじんわりと染み込んでくる感じの、そういう心の中をだんだん熱くさせる演出、演劇のプランがたまらなく好きなんです。平岡の心情をめっちゃ繊細にやりたいですね。全部受け止めてめちゃくちゃにしてもらいたい。どっぷりはまっていきたいです。どうせやるなら底まで行き切りたいですよね。そう考えるとこの神保町花月の劇場の大きさも丁度いい、広すぎず狭すぎず」

――― 宮下さんをどう演出していこうと?

須貝「僕の印象では熱意と男気がある方ですが、舞台を拝見するとどこか冷たい部分も感じて、とても近くに感じるのにたまに遠くに感じるという矛盾したところがとても素敵なんです。僕は矛盾した人が大好きで(笑)その二面性が演じていただく平岡に合うのではないかな。主人公からは悪に見えてしまう役ですが、彼の物語を追って行くと彼はひとつも悪くなくて一番人間臭い人。
『それから』を初めて読んだ時はやはり主人公の長井に感情移入して読んでいましたが、今このタイミングで読み直すと逆に平岡という人のバックグラウンドがとても気になってきて、いつ読むかで全然印象が違う作品なんだなぁと思うことがありました。今の僕たちの世代でこの作品をやった時にどうなるんだろう、今の宮下さんがこの役をやるとどうなるのかとても楽しみにしている部分です」

――― 本作ではWキャスト制で上演する。「白百合」班、「八重椿」班ではキャストが完全に変わり、同じ作品ではあるが全く違う印象を楽しめそうだ。


インタビュー写真

初の試みばかり、色々な可能性が詰まった作品

―――この演目は神保町花月リニューアルの一環。今後の展望も考慮にした企画であり、2人によるプロデュース作品で宮下さんはプロデューサー的な立場でもあるということですね。

宮下「めちゃくちゃ嬉しいですね。いつかは自分の好きな環境でやることは役者の夢だと思うので、しかも僕は神保町花月がめっちゃ好きなんですよ。とても観やすい劇場なのになんでこんなインディーズなんやろ、もっとメジャーでいいやろって。色々目標はありますが、まずこの劇場をもっと知って欲しいという想いがありますね。花月の名前がどうしてもお笑いのイメージが強いですが演劇も上演すると広がってくれたらいいな」

―――私もお笑いの専用劇場と思っていました。

宮下「色んな劇団の方にもどんどん使って欲しいと思っています。他の団体が使ってあかん空気がありますよね。所属している俺もそう思っていましたからね。この作品で色んな人に知ってもらうきっかにして行きたいですね」


インタビュー写真

―――やりたい気持ちが爆発しそうでウズウズしている宮下さんの想いが伝わってきます。

宮下「もう初日が楽しみですね。来年1発目がこの作品でめっちゃ嬉しいです。2018年から用意してまだこれからですが、めちゃくちゃソワソワ、ワクワクしますよね。初の試みばかりという事もありますが、色々な可能性が詰まった中で初日をどんな顔で迎えていて、千秋楽ではどんな顔で劇場を後にしているのか、それを考えたら楽しみが止まらないですね、稽古が楽しみです」

須貝「個人的に知っている出演者が多いですが、この組み合わせで観るのは初めてで、かつ明治の物語を現代でやるというこの企画の組み合わせも楽しみです。さらに劇場側で全面的にバックアップしてくださっていることが安心感として一番大きいですね。好きなようにやってくださいという形はなかなか無いので、本当に恵まれた環境で色々な事を試せること、どうなるのか僕も稽古が楽しみです。リーディングですが稽古から本番の中でも色々変わっていくこともあるのかなと思っているので、その変化も楽しみにしています」

―――最後にメッセージをお願いします。

須貝「すごくシンプルな形で上演されるので、俳優と脚本を存分に楽しんでいただける原点回帰の企画だと思います。演劇に触れたことがない方も入り口として入りやすい作品なので是非いらしていただけたらと思っています」

宮下「色んな演劇があり1月は特に公演が多いと思いますが、この記事を読んだ方は何かの縁だと思って、とても面白い作品にしますし絶対に心に残る作品を作り上げることを約束しますので是非観に来てください!」


(取材・文:谷中理音 写真:友澤綾乃)

キメ画像2

PROFILE

宮下雄也(みやした・ゆうや)のプロフィール画像

● 宮下雄也(みやした・ゆうや)
1985年9月3日生まれ、大阪府出身。俳優ユニットRUN&GUNメンバー。舞台を中心に声優としても活躍中。代表作にNTVドラマ「14歳の母」、TXアニメ「遊☆戯☆王 5D’s」主人公:不動遊星役、舞台「戦国BASARA3」シリーズなどがある。

須貝英(すがい・えい)のプロフィール画像

● 須貝英(すがい・えい)
1984年11月20日生まれ、山形県出身。大学入学を機に本格的に舞台活動を開始。劇団てあとろ50’、箱庭円舞曲に在籍後2010年に演劇ユニットmonophonic orchestraを旗揚げ。俳優・脚本家・演出家の他、ワークショップ講師としても活動中。 近年の作品に穂の国とよはし芸術劇場PLAT主催・高校生と創る演劇『滅びの子らに星の祈りを』がある。

公演情報

「アクティブリーディング『それから』」のチラシ画像

神保町花月
アクティブリーディング『それから』


2019年1月17日 (木) 〜2019年1月27日 (日)
神保町花月
HP:公演ホームページ

22名限定!3,500円(全席指定・税込)→ カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに1,800Pゲット!(1/24 17時10分更新)

詳細はこちら