お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティ創刊14周年

PICKUP

『青春歌闘劇 WAVE』


キメ画像1

2019年の幕開けは、年齢性別問わず楽しめるバトリズムステージに注目!

歌とダンスで喧嘩する“青春歌闘劇”、男たちの熱いバトルが始まる

 某県某所に隣接する3つの高校。進学率、偏差値、生徒数で県内トップクラスを競う中、そこにはもう1つ「喧嘩」という裏の争いがあった。その争いの目的は? そしてその先に何があるのか? 2.5次元舞台の人気若手男性キャストたちがヤンキーに扮し、歌とダンスで喧嘩する『青春歌闘劇(バトリズムステージ)WAVE』は、友情やプライドを賭けて闘う高校生たちの姿を新鮮な手法で描く注目の舞台。2019年の幕開けを派手に飾ってくれそうな本作について、主人公ユラが転校してくる白鳳学院の生徒会メンバー5人に集まってもらい、公演への期待をたっぷりと語っていただいた。


インタビュー写真

それぞれ異なる“喧嘩スイッチ”を持った男たち

――― まず、皆さんが演じるキャラクターを紹介していただけますか?

上仁「僕が演じるユラは“揺らぐ”という意味を持つ名前で、過去にいろいろあったことでずっと孤独に暮らしている人間です。そんなユラがこの学校で人と関わっていく中で、仲間の大切さとかを知って成長していく物語なんじゃないかなと思ってます。転校してきたばかりの時は誰とも絡めないと思うんですけど、僕自身がコミュ障なので(笑)、そこは似通っているんではないかなと」

日向野「僕が演じるのはキョウ……“叫び”なので、いろんな感情がある中で、そういうところを前面に出したキョウを作っていきたいですね。ちなみに、ユラが転校してくる前は生徒会長だったそうです」

上仁「すいません、お邪魔して(笑)」

日向野「最初は犬猿の仲らしいよ」

上仁「やべえなあ、ボコボコにされる予感しかしない(笑)」

山木「僕は“仁義”を意味するジンという2年生を演じます。昔から僕は男らしくて筋が通った男にすごく憧れていたので、今回は僕の理想の姿と言えるキャラクターを演じられてすごく嬉しいです。でもキャラ設定の最後に“普段は軽い”とも書いてあって(笑)、そこもうまく演じ分けていけたらなって思ってます」

小栗「僕が演じるシキは“意識”とか“博識”のシキ。今の段階ではまだわからない部分が多いのはもちろんですけど、一応メガネキャラということで、ビジュアル撮影の時は……」

山木「ものすごい数のメガネがありましたよね」

小栗「そして、キョウの右腕的存在ということで」


インタビュー写真

日向野「(ハイタッチしながら)イエーイ!よろしくお願いします!」

小栗「あと、今回は殺陣振り付けもさせていただきます。初めましてのキャストも多いので、今までとは違う新しいものを作っていけたらと思っています」

須永「僕が演じるリョウは“良心”のリョウで、たぶんみんながバンバン喧嘩している中、喧嘩はダメだよっていうようなキャラクター。でも、ふとした瞬間にスイッチが入って、僕もそこに混ざるという感じなんだと思います。僕自身、見るからに喧嘩はできないタイプなので(笑)、リョウの優しいところを出しながら、他の人とはちょっと違う色でいい具合に混ざっていきたいです」


男性キャストだけで作り上げる熱い作品

――― 3つの高校が歌とダンスで喧嘩するという物語ですが、いかがですか?

上仁「今までヤンキーとか不良を演じたことがないので、どうなるのかな?って思いますし、そもそも“青春歌闘劇”ということで、戦いながら歌えるのか?って(笑)」


インタビュー写真

――― ヤンキーといってもこの5人は生徒会のメンバーで、学校では一番優秀な人たちのようです。でも裏では他校とバトルしているという。

上仁「頭いいんだ。じゃあエリートヤンキーですね(笑)」

日向野「僕もまだ実際どういうふうになるのは全く想像できないですね。ミュージカルともまた違うし……喧嘩しながら歌って踊って、芝居して、いろんな要素があるので、すごく楽しみです。あと、僕の地元にはヤンキーがけっこういたんですよ」

上仁「サラブレッドじゃん(笑)」

日向野「それを思い出しながらやりたいと思います(笑)」

山木「“青春”って熱いイメージがあるし、今回はキャスト全員が男なので、より熱いものを作りたいです。稽古場での関係性をそのまま作品に持っていけそうな感じですね。内容に関しても、脚本と演出が萩原(成哉)さんなので本当に楽しみです」

小栗「僕自身、基本的に反発心のない人間なんですよ。だからこそ作品ありき、脚本ありきの言葉を載せたものをちゃんと届けることができたらいいなってイメージしてます。歌いながらリズムに合わせてバトルするなんて、演じる側としては本当に迷惑でしかないですが(笑)、全員で意識を高め合って作っていきたいですね」

須永「今回は、3つの高校がそれぞれメインになるマルチエンディングなので、そこも見どころですね。あと、僕ら5人の役は同じ高校ですけど、僕は皆さん4人と共演するのは初めてなので、とにかく仲良くなれたらいいなと思います。よろしくお願いします(笑)」

上仁・日向野・山木・小栗「お願いしまーす!(笑)」


インタビュー写真

これまでの舞台の概念をぶっ壊すつもりで

――― ところで皆さんは、学園ヤンキーものの作品と言えば何を思い出しますか? 漫画でも映画でもドラマでも、何でもいいです。

上仁「『ROOKIES』ですね」

日向野「世代的にはそうだよね」

上仁「あとは『ごくせん』かな」

山木「僕も『ごくせん』です。あとは『ろくでなしブルース』とか、ちょっと前の世代のものが多いかも」

日向野「俺は『クローズ』かな。題材的にも他校との戦いで、今回の作品に近いし」

須永「僕は、ヤンキーものとか見ないのでよくわからないです(笑)」

小栗「『湘南純愛組!』かな。そもそも地元が静岡県の浜松で、まあまあ悪いのがいるんですよ。それで……」

(以下、上仁・日向野・小栗の青春時代のヤンチャ話がしばらく続く)


インタビュー写真

――― そろそろ締めましょうか(笑)。いろいろと異色ずくめの作品で、ファンの皆さんも楽しみにしていると思います。そんな方々に向けてメッセージをお願いします。

須永「女性の方はもちろんですけど、熱い青春時代を過ごしてきた男性の方もきっと楽しんでいただける作品になると思います。あと、たぶん平成最後の高校生活になるのかなと思うので、そこも楽しんでいけたらなと思います」

山木「先ほど諒さんも言ったように、男だけのメンバーで高め合っていきたいです。絶対いい作品になると思うので楽しみにしていてください!」

日向野「歌・アクション・お芝居と本当に盛り沢山なので、年齢性別問わず楽しんでいただけると思います。そしてたぶんほとんどの方が新年一発目に近い作品なので、それにふさわしい作品になればいいなと思います」

小栗「歌ではきれいなところを表現しつつ、男だけのキャストだからこそできる泥臭さに特化してやれたらいいかなって思ってます。そして、大人が演じる高校生だからこそのものを出せたらいいなと。実際の高校生には出せない、大人の泥臭さを見て楽しんでもらいたいですね」

上仁「この『WAVE』に呼ばれたキャスト全員が、この舞台をするべくして呼ばれたチームだと思ってます。これまでの舞台の概念をぶっ壊す新しいコンテンツを作るつもりで、皆さんが衝撃を受けるような舞台にしたいですね」

――― そういうところも“バトル”ですね。

上仁「はい、負けたくないので。ツッパっていきたいですからね(笑)」


(取材・文:西本 勲 撮影:間野真由美)


キメ画像2

PROFILE

上仁 樹(じょうにん・たつき)のプロフィール画像

● 上仁 樹(じょうにん・たつき)
1991年10月31日生まれ。主な出演作は、2.5次元ダンスライブ『ツキステ。』第1幕〜7幕、オッドエンタテイメント作品では『鬼切丸伝』『マーカライト・ブルー(Deeper/Crimson/Blessed)』など。

日向野祥(ひがの・しょう)のプロフィール画像

● 日向野祥(ひがの・しょう)
1991年1月19日生まれ。主な出演作は、2.5次元ダンスライブ『S.Q.S(スケアステージ)』シリーズ、『忍ノSAGA〜風魔の章〜』など。

山木 透(やまき・とおる)のプロフィール画像

● 山木 透(やまき・とおる)
1995年1月25日生まれ。主な出演作は、『ツキステ。』、ミュージカル『忍たま乱太郎』、劇団た組。『壁蝨』『貴方なら生き残れるわ』など。

小栗 諒(おぐり・りょう)のプロフィール画像

● 小栗 諒(おぐり・りょう)
1987年3月27日生まれ。アクターズトラッシュASSH所属。主な出演作は、『ツキステ。』『鬼切丸伝』『マーカライト・ブルー』シリーズ、『少年ヨルハ』『君死ニタマフ事ナカレ零_改』など。

須永風汰(すなが・ふうた)のプロフィール画像

● 須永風汰(すなが・ふうた)
1992年11月6日生まれ。主な出演作は、『アイ★チュウザ・ステージ〜Stairway to Étoile〜』『麗しのダンスマスター』『勇者セイヤンの物語〜ノストラダム男の大予言〜』『初等教育ロイヤル』など。

公演情報

「青春歌闘劇バトリズムステージWAVE」のチラシ画像

青春歌闘劇バトリズムステージWAVE

2019年1月25日 (金) 〜2019年2月3日 (日)
シアターサンモール
HP:公演ホームページ

30名限定!A席6,800円 → 【指定席引換券】5,800円さらに300Pゲット!

詳細はこちら

「青春歌闘劇バトリズムステージWAVE」のチラシ画像

青春歌闘劇バトリズムステージWAVE

2019年1月25日 (金) 〜2019年2月3日 (日)
シアターサンモール
HP:公演ホームページ

S席:8,000円
A席:6,800円
(全席指定・税込)

<特典付き>
S席:10,000円
A席:8,800円
(全席指定・税込)

※特典付きチケットをご希望の方は購入画面にて「特典付」をご選択ください。
※特典のお渡しは当日劇場に設置される引き換えコーナーにて行います。

詳細はこちら