お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

PICKUP

七木奏音・天音みほ・富田麻帆・堀越せな・あまりかなり


キメ画像1

注目の美少女タップアクションRPGが初の舞台化!

国家所属の戦闘組織「DOLLS」を導き、異形の存在「ピグマリオン」と戦え!

2017年6月にスクウェア・エニックスより配信開始されて以降、わずか2ヶ月で100万ダウンロードを突破し、多くのファンを魅了する人気スマホゲームアプリが初の舞台化となる。『プロジェクト東京ドールズ』は人気アイドルグループとして活躍する一方で、異形の存在、「ピグマリオン」と戦う少女たちの運命が描かれている。迫力の戦闘シーンや美麗なグラフィック、豪華声優陣で従来の“アイドルゲーム”の概念を打ち破った原作がどの様に舞台で生まれ変わるのか!?「2.5次元舞台」でも実績のあるキャスト陣に意気込みを聞いた。


インタビュー写真

原作ファンにも受け入れてもらえる舞台に

――― 人気ゲームが初の舞台化という事もあり、注目度の高い作品になりそうですね。

七木「最近増えている2.5次元舞台の中でも、女性たちが物語を引っ張っていく作品なので、出演が決まってすごく嬉しかったです。私は唯一、男性のキャラである『マスター』を演じます。ゲーム内で言うとプレーヤーですね。ゲームではドールズを育てて、物語を進めていく役割ですが、舞台では彼女たちと一緒に行動して、共に試練を乗り越えていきます。全く新しい視点で物語に関わるので、自分で作るやりがいはありますね。また、初めての座長を務めるので、かなり緊張していますが、皆さんのお力も借りながら自分なりの座長を果たせるように頑張りたいです!」

天音「人気スマホゲームからの初めての舞台化に出演させてもらうことで、率直に驚きと嬉しさがありました。今回はサクラというキュートなキャラを演じさせてもらうのですが、今まではクールやセクシーな役が多かったので、今回は挑戦ですね。主人公のマスターと共に物語の鍵を握る役なので、原作のサクラちゃんのイメージを崩さないように頑張りたいです」

富田「この作品への出演をきっかけに原作となったゲームをプレーしたのですが、最初にヒロインが死んだ!というインパクトが強すぎて、なんだこれは!?と、いきなり引き込まれたんですね。以降、はまってプレーをしているのですが、物語が面白いゲームなので、それに出られることはワクワクしています。自分が演じるキャラは自分の性格と真反対で真面目で融通が利かないタイプ。でもそれを楽しみながら演じたいと思います。キャストの中でもお姉さんの方なので、ミニスカ履くのはちょっとドキドキしています(笑)。でも負けずに頑張りたいと思います!」

インタビュー写真

堀越「女性キャストのみの舞台経験は少ないので、非常に貴重な経験であり、新鮮ですね。今人気の2.5次元舞台に出られることが素直に嬉しいです。あと原作のゲームの声優さんがとても豪華なので、演じる私達もかなりプレッシャーがありますが、ファンの人に受け入れられるように頑張りたいです」

あまり「個性的なキャラクターが揃う舞台への出演という事で、楽しみにしています。私が演じる斑目というキャラはドールハウスの所長で、すごいカッコ良い存在ですね。国家組織の中の人物でもあるという事で、皆をまとめる責任感もあり、自他共に厳しい性格のキャラですが、それだけだと緊張しちゃうので、適度の笑いも交えてメリハリを作りながら温かい現場を作りたいと思っています」


ゲームにハマリ過ぎて乗り過ごしそうに……

――― 出演が決まってから、皆さんかなりゲームに熱中されているとか?

富田「そうですね。最初ゲームをプレーしてみて、やる作業が多くて難しく感じたんですけど、慣れてくると課題を達成することが楽しくて、時間がすぐ過ぎちゃう」

あまり「分かります! 女の子ごとのサブストーリーが多くて、私はとにかくガチャを回して、ひたすら着せ替えをしまくっています(笑)。アイドル活動でステージに立つ衣装と、戦いの衣装がまた違った魅力があって見るだけでも楽しいです」

堀越「私は記憶の奪還をめちゃくちゃやっています。あの鍵をもう、開けたくて、開けたくて。可愛い女の子が鎖に繋がれているシーンなので、私達でもドキドキしてしまいます」


インタビュー写真

天音「ストーリーが気になるのですが、バトルをしないと先に進めないんですよね。だから色々と強化をしていくのも大事だし、それがまたやりがいがあって楽しいです。ガンとガードが意外に難しい!」

富田「あと必殺技の映像も綺麗で可愛いですね。それを観ているだけでも至福の時間です。この前はのめりこみ過ぎて電車を乗り過ごしそうになりました(一同爆笑)」

七木「そう言えば、麻帆さん(※富田さん)と今年10月頃に舞台でご一緒した時にゲームを始めて、次に会った時には『もう1章クリアしたよ♪』というぐらいのめり込んでいて凄いなと」

富田「私、元々ゲーマー気質なんです。七木ちゃんと同じ現場だったので、『ねえ、今レベルいくつ?』みたいに張り合ったりして(笑)。でも今回はみんなでゲームを出来るのでとても楽しみにしています! 役作りでも勉強になりますし。ゲームをやっていて知る事も多いですしね」


舞台ならではの自由な視点で楽しんでもらいたい

――― 少女たちに秘められた過去の記憶を紐解くシナリオや、迫力あるアクションシーンなど、どの様に舞台で表現されるのでしょう?

堀越「衣装合わせの時にゲームで使うガンやハンマー、ソードなどを初めて見ましたが、すごいリアルでしたね。コスチュームも1人1人採寸して、しっかり作りこんでいるので、1人では着られないほど。それだけに本格的で豪華でしたよ。これから稽古に入るのでどのように戦闘シーンが表現されるか楽しみです」


インタビュー写真

天音「白を基調にしたアイドルの衣装は、自然とアイドルの感覚になるぐらいテンションが上がりました。ステージと観客席も近いので、より迫力がでると思います。衣装の力も借りながら思い切り演じたいですね」

あまり「衣装も見所ですが、やはり個性豊かなドールズが登場するのでそこにも是非注目してもらいたいですね。原作より舞台から先行して観てもらう方もいると思いますが、そこからゲームに入る逆パターンもとても面白いと思います。原作ファンの方が多いので、その世界観など根底の部分は大事にしますが、せっかく舞台化する新たな挑戦なので、オリジナリティも出していきたいですね。各キャストがこれまで経験してきた得意な部分をドッキングさせれば、よりよいものが出来ると信じています」

七木「アニメやゲームだと切り取られている画面以外の部分で、あのキャラはどういう表情をしているんだろう?となりますが、舞台だとお客さんそれぞれの視点で好きなキャラに注目できるのがまた良いところだと思います。それぞれ役者さんが個性を出せる部分だと思うので、是非注目してもらいたいですね」

富田「アニメやゲームだと視点を決められてしまうけど、舞台だとお客さんが視点を決められる自由があります。スポットが当たって話しているキャラの後ろで、他のキャラ達の表情や動きも見られる。舞台ならではの東京ドールズがあると思います」


インタビュー写真

――― 最後に読者の方々へメッセージをお願いいたします。

七木「迫力満点の世界観を生身の演者が舞台で出す事でもっと迫力が出てくると思います。ドールズを引き立てて、お客さんがドールズに感情移入をしてもらえるようなマスターを演じたいです。敵に立ち向かう少女たちの戦いや日常、努力を一緒に見届けてもらって応援してくれたら嬉しいです。劇場で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています」

堀越「男性も女性も楽しめる様なカッコいい部分や可愛い部分が沢山あると思うので楽しみにして欲しいですね。推しポイントはヒヨちゃんの可愛い口元です!」

あまり「女性だけの舞台は底知れないパワーが凄いので、日々進化しながら頑張っていきたいですね。所長のトレードマークである長い髪の毛をカッコよく掻きあげながら、凛とした姿を皆さんにお見せ出来たらと思います」

天音「この舞台はアイドルとしての1面と戦うヒロインとしての1面両方楽しめると思うので、可愛さやカッコいい部分に注目してもらいたいですね。さくらは最初自信がなくて、みんなと関わっていく上で自身をつけていくので、その成長する姿を表現できたらと思います」

富田「最初はどうなるか不安もあったのですが、今日、顔合わせをしてみて、あ、これは大丈夫だなと思いました。みんなで切磋琢磨しながら、お客さん1人1人に幸せと感動を届けられたら幸いです。座長の七木も、周囲をしっかり見られる子で、お芝居もすごいしっかりできる。きっと引っ張っていってくれるだろうという信頼があります。リアルで観てもらわないと伝わらないので、是非会場に来てその迫力を生で感じてもらいたいです!」


© 2017-2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(取材・文:小笠原大介 撮影:安藤史紘)

キメ画像2

PROFILE

七木奏音(ななき・かのん)のプロフィール画像

● 七木奏音(ななき・かのん)
1997年2月7日生まれ、東京都出身。
「ニコ☆プチ」でモデルデビュー後、2010年に映画『告白』で女優デビュー。 主な出演作にミュージカル『美少女戦士セーラムーン』、ライブスペクタクル『NARUTO-ナルト-』、残酷歌劇『ライチ☆光クラブ』、体内活劇『はたらく細胞』、EX『越路吹雪物語』、CM「みずほ銀行」がある。

天音みほ(あまね・みほ)のプロフィール画像

● 天音みほ(あまね・みほ)
8月22日生まれ。東京都出身。
2015年〜2018年 AIKATSU☆STARS!に加入し、TVアニメ『アイカツ!』『アイカツスターズ!』において、紅林珠璃・大地のの・香澄夜空・花園きらら役の歌唱パートを担当。

富田麻帆(とみた・まほ)のプロフィール画像

● 富田麻帆(とみた・まほ)
6月1日生まれ。東京都出身。
子役として舞台やミュージカルに出演。97年『ANNIE』では主役を務め、『ライオンキング』『レ・ミゼラブル』など多数の舞台でキャリアを積む。歌手としても活動するなど多彩な才能を持つ。主な出演作に『ANNIE』、劇団四季『ライオンキング』、『ギャラクシーエンジェル』『ドラゴンクエストライブスペクタルツアー』など。現在は『少女☆歌劇レヴュースタァライト』シリーズ天堂真矢役にて出演、声優としても活躍中。2019年4/18〜4/22 ミュージカル座『プロパガンダ・コクピット』ユズ役

堀越せな(ほりこし・せな)のプロフィール画像

● 堀越せな(ほりこし・せな)
1月27日生まれ。宮崎県出身。
2016年〜2018年 AIKATSU☆STARS! に加入し、TVアニメ『アイカツスターズ!』において、虹野ゆめ役の歌唱パートを担当。

あまりかなり(あまり・かなり)のプロフィール画像

● あまりかなり(あまり・かなり)
11月11日生まれ。東京都出身。
高校、専門学校でオペラ、ミュージカルを学び現在に至る。主な舞台出演作に『ハイスクール奇面組2』、『けものフレンズ2』、『ギャグマンガ日和』、『pet』等、多種多様なキャラクターを演じ分ける事に定評がある。渋谷クロスFMで自身の冠番組『おもてなしぶるーす♪』のメインパーソナリティーも務めている。

公演情報

「舞台『プロジェクト東京ドールズ』」のチラシ画像

舞台『プロジェクト東京ドールズ』

2019年2月27日 (水) 〜2019年3月10日 (日)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

S席:8,800円 ※非売品特典付き
A席:7,000円
バルコニー席:8,000円
(全席指定・税込)

※Wキャストの出演日時については[公演スケジュール]をご確認ください。

詳細はこちら

舞台『プロジェクト東京ドールズ』

2019年2月27日(水)〜3月10日(日)
新宿村LIVE
HP:公演ホームページ

26名限定!S席8,800円 → 7,500円さらに500Pゲット!