お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

PICKUP

板尾創路・田村孝裕


キメ画像1

神保町花月の“お笑い”のイメージを覆す、本気の演劇

“絶望的な物語”が辿り着く先とは? 劇団ONEOR8の問題作を新キャストでリメイク上演

演劇界を賑わす脚本家・演出家×よしもと所属タレントのコラボレーションで、新スタイルの演劇を送り出して行くと宣言した神保町花月。その第2弾として、田村孝裕率いる劇団ONEOR8が08年に上演した『莫逆の犬』をリメイクして、板尾創路ら新キャストで上演する。


インタビュー写真

――― 神保町花月の新しい取り組みに田村さんが参加することになったのは、板尾さんの推薦だそうですね?

板尾「結構前にご一緒して、コンスタントに仕事してたわけじゃないんですけど、何度か舞台を観に行かせてもらっていたし、そんなに久しぶりって感じでもなくて、存在は常に感じていたというか、ずっと繋がってる感はありますね。田村さんは、役者との関係性とか序列、年齢、キャリア、そんなものに流されないでしっかり演出していただけるので、厳しいけど信用できた。お世辞も言わないし変に乗せるって感じのことをしないので、何と言うか、正義感を感じましたね。それはいいもんできますわな、って感じだったし、大変だったけど、やっててすごく納得のいくお芝居でした」

田村「僕はもう、板尾さんにお声かけいただいたっていうことのみで、この仕事やりたいと思ってしまいました」
 
――― 10年ぶりのリメイク再演となりますね。

板尾「主演の宮下(雄也)は初演を観て鮮明に覚えていて、今回の出演を食い気味で志願したって聞いてます」

インタビュー写真

田村「みたいですね。当時はちょうどいろんな方に注目していただいていた頃で、ちょっとそれに抗って、少し尖ったものをやりたいみたいな生意気な感じが多分あって(笑)、それでこういう絶望的な話になっちゃったんですよね。そういう意味では、今の時代にそぐわないなっていう思いもあるし、それこそ板尾さんとご一緒させていただくにあたって、書き換えたいなって思うところも色々あります。

初演の台本は、本当に救いが何もない、絶望的な話なんですよ。それは今の時代に許されるのかな、とも思うし。主人公が彼女に振られて、××で××になって、××っていうシーンで終わるんですよ」

板尾「はー、なるほどね。すごいバッドエンドだね。神保町花月にそんな演目ないやろうしなあ、刺激になって逆にええかも分かりませんよ」

田村「神保町花月はやっぱりお笑いの場所なので、お客さんが暗—い気持ちで帰って行くお芝居はどうなのかなと思ってたんですけど」

インタビュー写真

板尾「そういう話、あっていいし、何がいい何が悪いとかっていうのは別にないんで、全然いいんじゃないですか。今までの神保町花月とは違うぞ、結構マジで演劇やんねんな、っていう意味では、歓迎するテーマ、エンディングだと思います。それくらいのほうが、後の作品もやりやすくなったりするかもしれないし。別にそんな、お笑いの場所だからとか、気ぃ遣ってもらわんでもいいですよ」

田村「がっつり参考にさせていただきます。ちょっと考えちゃってたんですけど、今の板尾さんの言葉で、じゃあそういうことでいこうかなって思えました」
 
――― そんな田村さんから見た、役者・板尾創路はどのような方ですか?

田村「板尾さんは、僕が子供の頃から見させていただいたイメージのまま、もう本当にミステリアス。お芝居もそうですし、私生活もそうですし、稽古もそうでしたし、今もそう。ずっと分からないです(笑)」

板尾「分からない人でも演出できるもんなんですね(笑)」

インタビュー写真

田村「分からないから、良い意味でも悪い意味でも自由にどこまでも飛べちゃうんです。僕はよく当て書きをするんですけど、板尾さんなら、日常、普通の人はこんなことしないでしょっていうことでも、何か成立する気がしちゃう、そこが強みでもあり怖さでもあると思ってます」

――― 板尾さんはじめ、主演の宮下雄也さん、田村作品常連の矢部太郎さん(カラテカ)など、新キャストの力で、前回を上回る舞台が期待できそうです。

板尾「僕は、劇団の方と一緒にやるのがすごく楽しみです。初演を見てる人にも良かったって言ってもらえるものができたらいいなと思います」

田村「せっかく神保町花月さんが演劇に本気になるっていうことなので、出演いただく芸人さんも役者さん扱いで接するつもりですし、お笑いのライブとかやってる劇場ですけど、僕は“演劇”をここに持ち込むっていう気持ちでやらせていただこうと思います」

(取材・文:土屋美緒 撮影:岩田えり)

キメ画像2

PROFILE

板尾創路(いたお・いつじ)のプロフィール画像

● 板尾創路(いたお・いつじ)
1963年生まれ、大阪府出身。
NSC4期生を経て、ほんこんと130Rを結成し、独特な芸風と存在感が支持される。近年は俳優として、数多くの映画、テレビ、舞台等で活躍中。2010 年『板尾創路の脱獄王』で長編映画監督としてもデビューするなど、多彩な活動を行なっている。

田村孝裕(たむら・たかひろ)のプロフィール画像

● 田村孝裕(たむら・たかひろ)
1976年生まれ、東京都出身。
98年より劇団ONEOR 8主宰として全公演の脚本・演出を行う他、外部公演への脚本提供、演出、テレビやラジオ、映画の脚本なども多数手がける。10 年『絶滅のトリ』、12年『連結の子』、14年『世界は嘘で出来ている』が岸田戯曲賞候補ノミネート。同作品は鶴屋南北戯曲賞にもノミネートされている。

公演情報

莫逆の犬

2019年2月20日(水)〜3月3日(日)
神保町花月
HP:公式HP

18名限定!4,500円 → カンフェティ特別価格!(チケット購入ページにて公開!)さらに100Pゲット!