お得な公演チケットサイト Confetti(カンフェティ)

カンフェティカードへの新規入会+チケット購入で1,500カンフェティポイントプレゼント!

PICKUP

奥野香耶・青木志貴・永野愛理・佐藤日向・遠藤瑠香


キメ画像1

声優×舞台女優のコラボで好評を博したガールズ演劇の話題作が再演!

AIが支配する世界で、女性エキスパート=メイドを目指す少女たちの物語

 昨年12月に上演されて話題を呼んだ、声優と舞台女優のコラボレーションによるガールズ演劇『Stray Sheep Paradise』が、『Stray Sheep Paradise: em』(ストレイシープパラダイス:エマ)として再演決定! 本作で描かれるのは、AIが人間に代わってほとんどの仕事を行うようになった近未来の世界。仕事に従事できる女性エキスパートはメイドと呼ばれ、社会的地位の高い存在となっている。
 本作はそんな時代に生きる、才能を見出された少女たちが、メイドを目指して奮闘する物語だ。メイド養成学院セブンス・パスクゥムに入学した主人公リゼッタは、天使のような清廉さで注目されるが、彼女の才能とは“嘘をつくこと”。他にもさまざまな才能を持つ少女たちのエピソードを織り交ぜながら物語が進んでいく。初演から続投となるメインキャストの中から5人が集まり、意気込みなどを話してくれた。


インタビュー写真

丁寧に作られた世界観が、さらなる想像を掻き立てる

――― 初演で印象的だったことは何ですか?

奥野香耶(リゼッタ役)「初めての単独主演で、台詞の量がすごく多かったのがプレッシャーでした(笑)。でも、実際にやってみると覚えられるものだなと思いましたし、稽古を繰り返すうちにリゼッタというキャラクターが少しずつ自分の中に入ってきて、どんどん楽しくなっていきました

青木志貴(ヒジリ役)「ある1つのシーンを丸ごとアドリブでやっていいという場面があって、そこを毎公演変えるのがけっこう大変でした。今回またそういうシーンがあるかどうかわかりませんが、あったらどうしようかなってヒヤヒヤしています(笑)」

永野愛理(ルクル役)「ルクルのようにすごく元気で、周りの人をかき回したりするキャラクターを演じるのが初めてだったので、最初は不安も大きかったです。でも皆さんのおかげで、セブンス・パスクゥムという学園が現実に存在するかのような雰囲気になっていって、その中でルクルと向き合って、ようやく楽しく演じられるようになったのを覚えています」

佐藤日向(アリス役)「普通の舞台とはまた違った感じの、第1話〜第5話という構成で、私が出るのは第3話からがメインだったんです。次はどんなお話で、どんな子が出てくるんだろうっていうお客さんの熱気と期待をひしひしと感じて、独特の雰囲気だったのがすごく印象的でした」

遠藤瑠香(ファム役)「1つ1つのお話の中でそれぞれのキャラクターが交わって、最後にはすべてが交わるところが私はすごく好きで。そのためは1つ1つのエピソードを大切に作っていかなければならないので、しっかりバトンを渡していくつもりで必死にやらせていただきました」

奥野「作品の世界観もすごく深くて、これを考えた(原案の)小玉さんはすごいなって思いました(笑)」


インタビュー写真

青木「学園の外の世界はどうなっているんだろうとか、私たちと同じような立場の男の子たちはいるのかなとか、個人的にはとても妄想を広げられる世界観ですね」

永野「近い将来、現実に起こりそうでまだ起こっていないというのが、皆さんに興味を持ってもらえるポイントの1つなのかな。そして、決して全部は描かないというのが、この作品のいいところだなって思います」

佐藤「舞台のセットもこだわっていて、絵本を開いたような感じで、客入れの時点から、ちょっと違う世界観なんだなっていうのをお客さんに伝える工夫もありました。実際、観終わった後のお客さんから“異次元から帰ってきたみたい”というコメントもいただいたりして、新しい世界観を作れたんだなと思いました」

遠藤「結局人間はAIに勝てないのかなって思うと、ちょっとゾッとするようなところもあります。あと、この作品を通して、いろんな“百合”があるんだなというのを知りました(笑)」

一面的ではないキャラクターと丁寧に向き合う

――― それぞれ個性的な登場人物の内面に光が当てられるのも特徴ですね。

奥野「嘘つきって、普通は嫌われる対象じゃないですか。でもリゼッタの場合は人を助ける嘘だったりして、曲がったことをしているように見えるけど、全体で見ると正しい嘘をついている子だなと私は思います」

青木「ヒジリは“万能”という才能を持っているんですけど、ボク自身は全然そういうキャラじゃないので、立ち居振る舞いでどうやって万能感を見せるか、初演ではすごく悩みました。あと、最初に台本をいただいたときはクールな印象を受けたんですけど、稽古を重ねる中で、実は人間味に溢れた熱い一面があることを知って、かなり印象が変わったキャラクターでもありました」

永野「この作品では割とおとなしいキャラクターが多い中、一人だけ急に元気な子が出てきた!というのがルクルで、観る側からするとたぶん一番浮いているキャラだと思います。でも彼女にはちゃんと信念があって、みんなで仲良くしたいんだという気持ちが溢れ出ているので、最後には皆さんに好きになっていただけるキャラじゃないかなって思います」

インタビュー写真

佐藤「アリスは一番他者との関わりを持たない女の子で、一人芝居みたいな場面が多いので、初演の稽古ではちょっと寂しさを感じていました。でもそれをアリスに置き換えてみると、寂しさに対する強さの中に、幼さみたいなものが見えて、キャラクターに対するイメージや自分自身の引き出しを広げられた役でした」

遠藤「ファムは一度セブンス・パクトゥムを卒業して、でも自分の才能に疑問を持ってまた戻ってきた、みんなの優しいお姉さん的な役柄です。初演ではそのイメージを崩さないように頑張りましたけど、お姉さんを通り越してお母さんになっちゃったかなと(笑)」

――― 最後に、再演を楽しみにしている皆さんに向けて一言ずつお願いします。

奥野「前回以上にキャラクターへの愛を高めて表に出していくのが今回の再演だと思っています。初めて観る方も入りやすい内容だと思いますので、観に来ていただけると嬉しいです!」

青木「前回も公演を重ねるごとにどんどん良いものになっていった実感があるし、再演では新メンバーも加わってさらに成長した舞台をお届けできると思います。自分自身も、ヒジリを演じるときの気持ちや行動が初演からどう変化するんだろうって、今からすごく楽しみです。たぶん、脚本も演出も細かいところが変わっていたりすると思うので、前回観てくださった方は、そういうところもたくさん見つけていただけたら嬉しいです」

永野「私は素直に本当にルクルが大好きなので、もう一度演じることができて本当に嬉しく思います。初演を観たことのある方には、この作品を応援していてよかったなと思っていただけるような舞台にしたいですし、初めて観る方には、こんな素敵な世界があったんだなと思ってもらえるような舞台にしたいと思っています」

佐藤「メインキャストの中では出番が少ないですけど、インパクトはかなり強い役なので、アリスという女の子がどういう人生を歩んできたかというバックボーンをちゃんとお伝えして、もっと深みを出していきたいです」

遠藤「再演といっても同じことをするんじゃなくてバージョンアップさせていきたいし、感情の流れは変わらなくても、より皆様にしっかりお届けできるように稽古を頑張ります。初演を観ている方もそうでない方も楽しめる作品にします!」


(取材&文:西本 勲 撮影:友澤綾乃)


PROFILE

奥野香耶(おくの・かや)のプロフィール画像

● 奥野香耶(おくの・かや)
1991年3月1日生まれ、岩手県出身。2014年、アニメ『Wake Up, Girls!』菊間夏夜役で声優デビュー。同名の声優ユニットでサブリーダーを務める(2019年解散)。舞台出演は『Wake Up, Girls! 青葉の記録(2017年)、『同 青葉の軌跡』(2018年)など。

青木志貴(あおき・しき)のプロフィール画像

● 青木志貴(あおき・しき)
1990年1月14日生まれ、富山県出身。高校在学中からゲーム実況や舞台などで活動し、2016年からアニメ&ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ』二宮飛鳥の声を担当。声優、役者、ゲーマー、ユーチューバーなど多方面で活動中。「魔王」の愛称を持つゲーマーとしても知られる。

永野愛理(えいの・あいり)のプロフィール画像

● 永野愛理(えいの・あいり)
1993年1月19日生まれ、宮城県出身。2014年、アニメ『Wake Up, Girls!』林田藍里役で声優デビュー。同名の声優ユニットに参加したほか、『Wake Up, Girls! 青葉の記録』(2017年)、同『青葉の軌跡』(2018年)など舞台作品でも活躍している。

佐藤日向(さとう・ひなた)のプロフィール画像

● 佐藤日向(さとう・ひなた)
1998年12月23日生まれ、新潟県出身。2010年〜14年までさくら学院のメンバーとして活動。2016年、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』で鹿角理亞役を担当。2017年からはメディアミックス作品『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』星見純那役を務める。

遠藤瑠香(えんどう・るか)のプロフィール画像

● 遠藤瑠香(えんどう・るか)
9月9日生まれ、東京都出身。子役として舞台デビュー。2014年、『アイカツ!』シリーズの歌唱ユニット、STAR☆ANISおよびAIKATSU☆STARS!に参加。2018年からフリーランスで活動中。6月には舞台『畏怖(if)』で主演を務めた。

公演情報

Stray Sheep Paradise:em

2019年8月15日(木)〜18日(日)
あうるすぽっと
HP:公演ホームページ

24名限定!S席8,500円 → 7,000円 さらに300Pゲット!